メーカー必見!SNS インフルエンサー マーケティング 効果を出す方法は?

インスタグラム Twitter facebook といった SNS。もはや 企業 プロモーション では切っても切り離せない存在です。しかも BtoCビジネス だけではなく BtoBビジネス においても SNS は 重要 な 誘導 導線 になってきています。採用活動 などでも、成果の出てきているのが SNS です。

そこで、注目されているのが インフルエンサー。インフルエンサー は SNS 上で、影響力をもつアカウント、人のことをさします。

今回は、その インフルエンサー と一緒に行う インフルエンサーマーケティング プロモーションについて解説します。インフルエンサー プロモーション、大好き!という企業担当者もいる中で、実は、ぜんぜん売上につながらなかった、というケースも、ちらほら耳にします。

改めて、インフルエンサーマーケティング プロモーション について、結果を出す方法をまとめました。

インフルエンサーマーケティングとは

あらためて、インフルエンサーマーケティングとは、何か、解説していきます。

インフルエンサーマーケティングとは、SNS上で、影響力のあるインフルエンサーを活用したマーケティング施策です。

インフルエンサーには、

  • 芸能人
  • 著名人
  • 経営者
  • 有名ブロガー
  • インスタグラマー
  • YouTuber
  • 業界で有名な人
  • 特定分野で有名な人

がいます。

このような影響力のある人、あるいは、アカウントに、商品やサービスを紹介してもらい、消費者の行動を促す施策です。

具体例として。

  • 有名ユーチューバー hikakinに、スマホゲームをやってもらう。
  • これをyoutubeで、配信してもらう

これは、インフルエンサーマーケティングの具体例ですね。

インフルエンサーマーケティング 身近な体験 クチコミ

インフルエンサーは、基本的には、芸能人とかではなく、SNS上で、有名な人をイメージしたほうがわかりやすいです。

インフルエンサーは、原則、身近な対象であることが多く、それゆえに、身近なクチコミ、体験レビューとして、商品やサービスを紹介してくれるわけです。

それゆえ、ああ、いいかも!と消費者は気づきます。

そして、購買活動にうつる、イメージですね。

インフルエンサーマーケティングは、このように、客観的に見えるマーケティングなのです。

それゆえ、うそっぽい、ということが、消費者から嫌われます。

やらせ は、インフルエンサーマーケティングにおいて、もっとも嫌われますので、絶対に避けるべきことです。

インフルエンサーの方に、しっかりと体験、試してもらう。そのうえで、いいレビューも悪いレビューも含めて、拡散してもらう、のがいいですね。

もちろん、事実無根のことは、編集してもいいですが、そうではない感想などは、しっかりと、ありのままを伝えていくことが大事ですね。

インフルエンサー ランク

インフルエンサーに、ランクがあるのでしょうか?

クオリティとかではなく、フォロワー数に応じて、広告予算などは変わってくるため、そういう観点でのランクは存在します。

  1. メガインフルエンサー フォロワー数 100万人以上
  2. ミドルインフルエンサー フォロワー数 10万~100万
  3. マイクロインフルエンサー フォロワー数 1万~10万未満
  4. ナノインフルエンサー フォロワー数 1,000人~1万未満
  5. ライトインフルエンサー 1,000単位

というかんじで、分けられています。

ただ、フォロワーが多いから、いいわけではないので、そこは、勘違いしないほうがいいですね!

SNSから、物を買う人は40%以上!

こんな情報があります。

SNS経由で、どのくらい物を買ったことがあるか、という統計データです。

4割以上が実際に購入経験あり、さらに3割が今後の購入に前向きと回答

SNS公式アカウントから情報を取得後、実際に商品/サービスの購入に至ったかどうかについては、全体の43%が「実際に購入した」と回答。さらに33%が「機会があれば購入したい」と回答しており、今後の購入に前向きであることが分かります。このことから、SNS上における企業/ブランドの情報発信が、消費者の購買行動へ大きな影響を及ぼしていると考えることができます。

引用)「企業/ブランドのSNS公式アカウントからの情報取得に関する意識調査」を実施
2015.06.01 アライドアーキテクツ株式会社 プレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/62703

このように、買うんですよね、ユーザーは。

失敗しやすい インフルエンサーマーケティング 方法

失敗しやすい インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、上述のように、フォロワーが多ければ、成功するというイメージを持ちやすいです。

というのも、フォロワー数は、とてもわかりやすい指標だからです。

また、エンゲージメント数などの数値を基にするケースもありますね。

上記の数字をもとに、商品、サービスに最適なインフルエンサーを探して、ただ、投稿をしてもらう。

こういったインフルエンサーマーケティングが多いです。

これは、もう、失敗しやすいインフルエンサーマーケティングになっています。

なぜなら、ちゃんと、消費者を見ていないからです。

ジャンルがあっていて、フォロワーの多いインフルエンサーの投稿なら、商品を買ってくれるわけではないのです。

ちゃんと、STORYも必要です。

基本的に、上記のようなインフルエンサーマーケティングで失敗する理由は、

  • リーチにこだわる
  • 分析をしない
  • 1回だけの投稿
  • 大多数のターゲット消費者に伝えた

というだけで終わるケースが多いです。

伝えた、と、伝わったは、違います。

購買行動に影響を与えるには、魅力を理解してもらう必要があります。

成功しやすい インフルエンサーマーケティング 方法

考えてみてください。

インフルエンサーマーケティングは、クチコミなんです。

それゆえ、STORYが重要です。

1回だけの投稿で、物やサービスが売れるのは、難しいです。

そして、なぜ、2回も、3回も、インフルエンサーが投稿をするのか、といった理由付けも重要なんです。

好きだから・・・は、やらせ感、満載ですからね。

継続的に実施を重ねるストーリーを作って、SNSの中で、商品やサービスのPRを定着させることが、インフルエンサーマーケティングを成功させる要素の1つです。

また、インフルエンサーによって、リーチできた後の分析も重要ですね。

Googleアナリティクスなどで、ホームページ誘導からの消費者の遷移をしっかりとつかむべきですね。

ここは、web マーケティング で 重要な 運用の技術です。

売上や、会員登録など、webビジネスに直結する数値の指標を盛り上げられるように、導線を調整したり、クリエイティブ表現を変えたりすることで、インフルエンサーマーケティングを最適化していくべきですね。

ただし、最初に書いたように、インフルエンサーに、無理強いして、やらせにならないようにしましょう。

あくまで、変更するのは、自社ホームページ内での導線や、クリエイティブです。

あるいは、インフルエンサーに紹介してもらう商品の変更です。

そこは、忘れずに進めましょう。

インフルエンサーマーケティング おすすめ商材

インフルエンサーマーケティング を活用しやすい、おすすめの商材は、どこになるか、考えてみました。

  • アパレル
  • 美容
  • 食品
  • キッチン
  • 家電
  • アクセサリー
  • チップ
  • カラー剤
  • ヘアケア
  • 飲料
  • ガーデン/DIY
  • キッズ用品
  • 赤ちゃん用品
  • インテリア
  • オーディオ

この辺は、インフルエンサーマーケティングが活躍しやすいサービスですね。

まとめ インフルエンサーマーケティング 成功の法則は?

いかがでしたでしょうか?

インフルエンサーマーケティングについて解説しました。

インフルエンサーマーケティングは、SNSで影響力をもつインフルエンサーによる、クチコミ、体験、レビューによるPR施策。

ただ、PRを1回、ぽんと投稿してもらうのでは、うまくいきません。

SNSの中で、商品、サービスが定着できるよう、インフルエンサーに、何回か投稿してもらうことが重要です。

そのためのSTROY作りは、大切ですね。

ただし、やらせにならないようにしましょう。

SNSのクチコミなどから、商品を買う消費者は、40%を超えています。

インフルエンサーマーケティングによって、変わってきている時代です。

自社のバリューアップのためにも、正しいインフルエンサーマーケティングをしてみませんか?

無料 インスタグラム 分析 ツール InsightSuite インサイトスイート 超 お得