Clubhouse より 写真 SNS 【Dispo】 ディスポ とは 日本 で 流行 する?

2021年も、おうち活動がメインになっていますが、そのトレンドのせいか、ネット業界は、新進気鋭のSNSがどんどん日本に流れてきています。

Clubhouse の トレンド が すごい勢いで進んでいますが、2021年は、さらに、Dispo ディスポ が、日本に上陸を始めました。

Dispo ディスポは、写真SNSなので、インスタグラムのノリかと思いきや、ちょっと異なるので、そこが面白いんですよね。

Dispo ディスポ も 招待制のSNSなので、そこも熱狂度が高くなってきている要因かもしれません。

ということで、この記事では、新しい写真SNS、Dispo ディスポ について、Dispo ディスポとは?とか、Dispo ディスポの機能について、解説してみます。

Dispo ディスポ とは

Dispo ディスポ 公式 apple store
https://apps.apple.com/us/app/davids-disposable/id1491684197?l=ja

Dispo ディスポ 企業サイト
https://dispo.fun/

Dispoとは、招待制の写真SNSのサービスです。

招待制なので、Dispo ディスポを利用するには、既存のDispoを使っているユーザーから招待してもらう必要があります。

また、ほかのSNSと異なり、アプリの中の写真などの画面の共有が禁止されています。

なんか、ほかのSNSとは異なる切り口ですよね。

Clubhouseと同様に、急激に盛り上がり始めています。

Dispoは、David Dobrik(デイヴィッド・ドブリック)という人が作った写真SNSのネイティブアプリで、彼自身も、アメリカのインフルエンサーでもあります。

Dispoは、もともと、使い捨て という言葉が語源で、そこから生まれているので、機能がほかの写真SNSと異なります。

ほかの写真SNSは、保管、アーカイブ的な意味合いを持ちますが、Dispoはちょっと違います。

ベータ版なので、そのせいもあるかもしれませんが。

ちなみに2021年2月16日時点で、Android版は公開されていません。これから?なのかもですね。

Dispo 機能

Dispo の 機能 は、写真を撮る機能です。

しかし、この撮影機能。

いつ撮影しても、すぐには、撮影した写真は見れません。

翌朝の朝9時にならないと写真が見られないというアプリなのです。

しかも、ディスポは、

  • 狭い視野
  • ズーム
  • フラッシュ
  • 縦撮影

という撮影機能で、なんか、ちょっと違和感のある感じになりがちです。

しかし、そんなところがいいんです。

自然なかんじで、ちょっと明るい、そんな写真になります。

また、ディスポは、他のディスポユーザーと写真集が作れるSNS機能を持っていて、これが共有、共感のキーとなっていくかんじです。

まるで、フザけて撮影したプリクラの共有みたいなかんじでしょうか。

ただし、撮影してもすぐに見れない。次の日に語り合える!またコミュニケーションしよう!!というのができる、アプリなんですよね。

Dispo 流行ってきていると感じたポイント

Dispoが流行ってきているとかんじたポイントの1つは、メディアの掲載がはじまっていることです。

たとえば、

INTERNET Watch やじうまWatch

Clubhouseの次はコレ? 招待制の次世代写真SNSが海外でじわじわ人気、ベータ版は日本上陸
https://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1306519.html

TECH CAMP
Dispoとは?Instagramの再発明といわれる招待制の写真SNSを紹介
https://tech-camp.in/note/technology/99119/

このように、メディアで取り上げられる回数が増えていることですね。

もう1つは、アカウントが、メルカリなどで、販売され始めていることです。実は、これはクラブハウスでも同じ現象が起きています。

いわゆる、ニーズが高まって、招待の価値が高くなっている証拠です。

写真SNS Dispo 日本では流行る?

tiktokやインスタグラムなどの写真や動画のSNSは、日本では、非常に活況になりましたね。徐々に、トレンドになった感はあります。

しかし、今では、インスタ、ティックトック、といったキーワードは、多くのユーザーの関心を持たれているアプリになっています。

そして、同じ写真SNSであるDispo。

これも、日本では、今後普及していきそうです。

若年層は、友達と写真を共有できて、コミュニケーションできるのは、とってもいい作りだと思います。

しかも、翌朝9時に、それぞれのシチュエーションで、別々の場所で、ネットを通じて、コミュニケーションする仕様が新しいです。

こういうのはいいですよね。コミュニケーションの増加につながります。

企業ユースでも、期待感を膨らませるプロモーションが可能だと思います。

ただ、ベータ版が終わらないと、インストールが面倒なので、難しいかな~とは反面思ってはいます。

 

SNS統合サービス lit.link(リットリンク) で 簡単 プロフィール サイト制作