Twitter広告 種類 と ツイッター広告 の おすすめ 業界 解説

SNS Twitter を 会社 や 個人 でやっていますか? ネット でも 話題 になりますが、意外と、ツイッター の ユーザー は多いんですよね。しかし、意外と、web広告 の 配信先 の対象として、名前のあがらない ツイッター。

今回は、そんな ツイッター広告 について、どんな広告の種類があるかをご紹介しながら、具体的に、どんな 業界 の方に、twitter広告 が おすすめ なのか、をご紹介していきます。

twitterは、自分でも 毎日 見ていくようにしないと、さまざまな 企画 が走っているので、その 企画 がどのように 運用 されていって 効果 がでていくのかがつかみにくいですからね。

ということでまずは twitter広告 の 種類 についてご紹介します。

Twitter広告とは

Twitter広告 日本版公式ホームページ
https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/advertiser-card-specifications.html

Twitter広告を学べる オンラインスクール
https://www.twitterflightschool.com/student/catalog?locale=ja

Twitter広告は、その名のとおり、Twitterで表示のできる広告です。

実は、種類も豊富です。

ターゲットの絞込み、セグメントもできます。

ただ、Twitter広告の種類によって、お金の支払い方や、何で課金になるかは、違うので、それぞれの利点があります。

Twitter広告で、よく見かけるのは、なんといっても、Twitterのタイムラインでの広告ですよね。タイムラインの中で、プロモーションとして、つぶやきが表示されていると思います。

Twitter広告 メリット

Twitter広告のメリットは、主に、以下の4点です。

  1. 若年層へのリーチ
  2. トレンド、流行にのった訴求
  3. 拡散によって、広告以上の成果が期待できる
  4. ユーザーの興味関心によるターゲティング精度が高い
    →絞込みがしやすい

という点です。

より、具体的に書くと、最近よく見る・聞くのは、

  1. プレゼントキャンペーンの応募数が増える
  2. 人材獲得、採用応募がとりやすい
  3. 認知力(リーチ)が高い

ということですね。

採用とツイッターはあまり、イメージとして、相性がよくない印象が高いですが、実は、ツイッターからの応募が最近多いのです。

特にIT系の企業であれば、ツイッターを活用した採用事例も多いようです。

ちなみに、拡散によって、広告以上の成果が期待できると書いたのは、Twitter広告の場合、リツイートによって、クリック数や、表示回数が増えても、課金対象にならないことです。

リツイートによる2次拡散によって、当初10万円で、100万リーチできるものが、一気に、200万リーチに増える可能性もあります。

つまり、バズれば、より低コストで、告知ができて、広告効果はあがりやすくなります。ツイッター広告といえど、いかにシェアしてもらえるような、ユーザーにメリットのある情報提供になるかが重要なのです。

Twitter広告 種類

Twitter広告の種類をご紹介します。

  1. プロモツイート
  2. プロモトレンド
  3. プロモアカウント

というのがメインのツイッター広告の3種類のものになります。

1つずつ解説していきます。

プロモツイート

プロモツイートは、その名のとおり、ツイート(つぶやき)自体を広告として、配信できるものです。

ツイッターでつぶやくのと同じかんじで、タイムラインや検索画面、プロフィール画面などに表示されます。

そして、通常のつぶやき同様

  • いいね
  • リツイート
  • 返信

も可能です。

それゆえ、

  • バズの期待ができる
  • クリック率が高い
  • クリエイティブが重要

となります。

プロモツイートは、基本、クリック課金で、広告を出せます。場合によっては、アプリのダウンロードに対しての課金も可能です。

お得ですよね。

DSP広告に近い感じです。

プロモアカウント

プロモアカウントは、その名のとおり、アカウント自体で広告として、PRできる広告手法です。

タイムラインの横のおすすめユーザー欄に表示されます。

つまり、プロモアカウントの場合、アカウントのフォロワー数を増やせる広告になっています。

基本、ツイッターの場合、公式アカウントで、1つのつぶやきからのクリック数を伸ばすか、そもそも、公式アカウント自体のフォロワー数を増やすか、が、広告の元になるわけです。

プロモアカウントは、そういう意味では、元となるアカウントのフォロワー数を増やせる広告手法です。

プロモアカウントはフォロワー数に比例して変わってきます。

そのため、意外と人気のないプロモーションだな~と思いますが、実は、個人の方が、この広告を活用するケースが多いです。

プロモトレンド

プロモトレンドは、キーワードを、トレンド欄に表示できる広告です。

検索エンジン広告に似ています。

TVなどの広告や、番組告知が入るときに、一緒に使うと、効果を発揮できます。

参考)プロモトレンドとは何ですか?
https://business.twitter.com/ja/help/overview/what-are-promoted-trends.html

プロモトレンドは、個人では購入できません。

また、基本的には、企業担当者が直接、ということではなく、Twitterの営業担当に問い合わせをするかんじになります。

ツイッター 媒体力

ツイッターは、利用者の多いSNSです。

日本の月間アクティブユーザー数は約4,500万人。

参考)TechCrunch Japan
Twitterの月間アクティブユーザー数は日本で4500万超
https://jp.techcrunch.com/2018/12/26/twitter-2/

日本では、LINEについで、アクティブユーザーの多いSNSです。

もちろん、Twitterのコアユーザーは、10代や20代の若年層です。

しかし、意外と、ビジネスマン層も多いです。

そして、もう1つ。

ツイッターのメディアとしての大きいところは、とにかく、何かあると、つぶやきが増えることです。

  • 短い
  • 簡単

このシンプルさがうけます。

いいね も もらいやすい!というのも、武器でしょうね。

Twitter広告 活用 おすすめ 業界

Twitter広告を活用していくべき、おすすめな業界について解説してきます。

基本、ツイッターくらい大きいと、ある程度決まってきますが、その強みを生かしやすいのは、以下の商材、傾向のある業界です。

  • 多くのユーザーがターゲットとなる消耗品
  • 若年層向けのネイティブアプリ、ゲーム
  • スマホ本体、アクセサリー
  • IT系人材

これらは、非常にフィットします。

ツイッターで、リーチしやすいです。

というのも、これらの商材は、ツイッターのリーチ力を活用できるからです。

IT系人材といっているのは、採用ですね。

こんなツイートも実際あります。

また、露出によってイメージも見えやすくなっています。

読んでメリットのあるクリエイティブをしっかりとつきつめられるなら、おすすめの業界、商材になっています。

ツイッターは、SNSなので、クリエイティブが大事です。

見せ方を考えましょう。

まとめ twitter広告 学んで、試していくがよい?

いかがでしたでしょうか?

ツイッター広告について、ご理解いただけましたでしょうか。

多くのユーザーが集まるTwitter。

広告メディアとしては、価値は高いです。

そして、料金がお得な広告プラットフォームです。

プロモツイートなどは、個人でも実施している人が多いですね。

また、広告は、バズれば、費用対効果もよくなる可能性があります。

まだTwitter広告を試したことがない場合は、

ぜひ1度検討してみてくださいね。

Twitter 広告 カンバセーショナルカードとは?選択肢提案でツイート促進