未来を変える人と出会えるSNS bajji(バッジ) Webアプリとして公式にスタート

人との出会いは重要ですよね。

この人に出会ったから、

  • 仕事がうまくいく。
  • 結婚してしあわせ。
  • 勉強好きになった。
  • 人として成長した。

いっぱいありますね。こういう人とのめぐり合い。出会いによって、人の人生はかわっていきます。

人との出会いは奇跡。出会った人を大事にしていると縁がつながっていく

引用:DRESS [ドレス] 
https://p-dress.jp/articles/2691

上記の反対に、悪いことに巻き込まれることもあります。

怖いですね。

そんな中で、SNS(ソーシャルネットワーク)は、facebookをはじめとして大いに流行しました。そして、いろいろなSNSが登場しました。

今回ご紹介するbajji(バッジ)は、ビジネスにおける成長、仕事の展開をもたらす出会いを促進させるSNS。

特に、スタートアップ、副業、オープンイノベーションといった、2020年以降のこれからのビジネスを加速させていくサービスになるのではないかと思っています。

bajji(バッジ)とは

bajji(バッジ)は、2020年1月15日にwebサービスとして、公開されたSNSサービスです。

bajji(バッジ)は、株式会社bajjiが開発、運営しているSNSサービスです。

総額1億750万円の資金調達をへて、公式にリリースされたサービスです。

bajji(バッジ)公式サイト
https://bajji.life/

*スマホでしか2020年1月15日時点ではサービス利用できません。

bajji(バッジ)の背景と目的

bajji(バッジ)の目的は、未来を変える人との出会いを増やせるSNSサービスになることだそうです。

これって、すごいことですよね。

そもそも、bajji(バッジ)の開発背景には、

  1. 匿名発信でのフェイクニュースが多いこと
  2. ネットでの誹謗中傷が多いこと

これらから、ネットだから発生する、本質的でない情報、出会いが多くなってきている現状を打破するために、bajji(バッジ)を作ろう!と思ったそうです。

それゆえ、bajji(バッジ)は、氏名を公開しての匿名ではないSNSサービスになっているようですね。

bajji(バッジ)の特徴。他のSNSサービスとの違い

bajji(バッジ)は、ブロックチェーンで人間関係を見える化しているサービスなんです。

なんか、この1文だけでも、他のSNSとの違いがありますし、ブロックチェーンという新しいテクニカルな技術を活用しているんだな~という感じがしますね。

bajji(バッジ)は、基本的には、リファラル情報のみを見える化していくことで、人を浮き彫りにしていくようになっているそうです。

ここでさすリファラル情報は、

  • 利用者の信頼関係
  • 利用者の人生経験
  • 生きてきた軌跡

となるそうです。

bajji(バッジ)を説明する上で、具体的な機能としては、エンカウントという機能。

エンカウントという機能は、実際に人と出会ったときにアプリ上で繋がることができるようになる機能です。

これは位置情報を活用した機能だそうで、特許も出願されているようです。

そして、実際にリアルで会ったことがある人に対して、

bajji(バッジ)のユーザーは、

気持ちを表したアイコンを贈り合えるようになるんです。

このアイコンがバッジなんですよね。

そして、このバッジが、ブロックチェーンとして、記録されて、ポイント化されていく、スコアリングされていくというかんじなんだそうです。

結果的に

  • エンカウント数
  • 贈ったバッジの量や種類
  • もらったバッジの量や種類

これによって、人生の軌跡を見える化する というSNSになっているのです。

位置情報を利用しているため、誰と誰が具体的にあったかが明確にわかるのも特徴ですね。この会った!という情報は、すべて公開されるようになっているので、bajji(バッジ)の利用者は、知人の人とのつながりを確認、判断しやすくなります。

実際の位置情報を活用するからできるわけですね。

これによって、ビジネスでの活用や、プロジェクトの推進、プロジェクトスタッフの獲得などにつながっていけるわけです。

bajji(バッジ)、いいですね!!

bajji(バッジ)の参加者データ

bajji(バッジ)の参加者って、どのくらいいるんだろう?と思った方。

公式ローンチ記念に、bajji(バッジ)さんが、インフォグラフィックで紹介してくれています。

bajji(バッジ)のインフォグラフィック
https://www.corp.bajji.life/post/events-20200115-2

ユーザー数は速くも1,000人を突破しているみたいですね!

PR、プレスリリース用に、このようなインフォグラフィックを活用するのも宣伝手段としては賢いですよね。

まとめ:ビジネスSNS系サービスは今後も増える!

bajji(バッジ)は、ビジネスにおいては、以下の方々にうれしいサービスですね。

  • スタートアップ
  • 副業
  • オープンイノベーション

bajji(バッジ)は、エンカウント機能で、リアルな出会いをもとにして、ユーザー同士を紐付けていくサービス。

バッジの贈り合いを通して、ユーザーの人生を表現していく仕組みになっています。

そして、こういうSNSをみていると、今後も、こういうビジネス系SNSは増えそうな気はしています。

bajji(バッジ)さんほど、システマチックではなくても、DSPの仕組みを活用しての位置情報連動などを活用したSNSサービスは増えるでしょうね。

というのも、フェイクニュース。ネットの不安感によるところが大きいと思います。

インターネットは便利ですが、情報をねじまげることもあります。

しかし、リアルをネット化することで、行動した!という事実だけを正確に伝えていくことで、情報精度もあがってくると思います。

出典:PRTIMES
人と出会うためのSNS『bajji(バッジ)』、総額1億750万円の資金調達完了をもってWebアプリとして公式ローンチ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000044789.html

クラウドで採用業務を効率化できるWeb面接ツール

【クラウド】採用業務の効率化。Web面接ツール playse web面接 リリース