TimeTree Ads(タイムツーリーアド) 予定&属性で絞れる運用型広告が面白い

インターネット広告のいいところは、広告配信先、ターゲットを絞れることです。これによって、広告コストが絞れることです。また、届けるべきメッセージを変えられることです。

通常のweb広告は、ユーザーの属性、あるいは、行動履歴で、絞込みができます。しかし、すべては、過去の情報です。

今回ご紹介するTimeTree Ads(タイムツーリーアド)は、未来のユーザーの予定と属性情報から、広告配信ユーザーを絞り込んで、広告を配信できるという面白いインターネット広告です。厳密には、スマホ広告でしょうけどね。

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)とは

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)公式サイト
https://guides.timetreeapp.com/ja/tta/

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)は、株式会社TimeTreeが提供する広告プラットフォームです。株式会社TimeTreeが提供するカレンダーアプリ「TimeTree」を活用した広告プラットフォームです。

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)は、登録されている「予定情報」カテゴリを軸にターゲットユーザーにアプローチできることが特長です。

また、TimeTree Ads(タイムツーリーアド)は広告もコンテンツの1つとして捉え、広告を適切なユーザーに適切なタイミングで配信することを意識しているそうです。なので、だらだらと同じ広告を配信する・・・なんてことは、考えていないそうです。

たとえば、予定にあわせて、広告を配信するというのは、どういうことでしょうか?

わかりやすいのは、この例です。

海外旅行の予定があるユーザーに向けてなら、

  • スーツケースの広告
  • 海外で使えるwifiの広告
  • クレジットカードの広告

と、海外旅行で活躍する商品、サービスの広告を配信する

というようなイメージです。

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)の効果については、以下のような情報がよせられている。

テスト運用では、CTRが平均1.5倍に伸びているという。現在1,700万DLに上る同アプリが広告主の支持を集める

引用 Markezine
予定データ×属性でモーメントを捉える。“広告の無駄撃ち”をなくす「TimeTree Ads」の可能性
https://markezine.jp/article/detail/32212

TimeTree Ads(タイムツーリーアド)の広告掲載位置は、フィードやアプリを開くとまず確認するページに広告掲載されるそうです。それゆえ、ユーザーの目につきやすい場所に広告が掲載されるので、クリックもされやすそうですね。

カレンダーシェアアプリTimeTree とは

カレンダーシェアアプリTimeTree 公式サイト
https://timetreeapp.com/intl/ja/

そもそも、TimeTree Ads(タイムツーリーアド)の元となる、カレンダーシェアアプリTimeTreeとは、どんなカレンダーアプリなんでしょうか。

基本的には、1人用のカレンダーアプリではありません。

カレンダーシェアアプリTimeTreeは、誰かとカレンダーを共有するために作られたアプリです。それゆえ、共有することが重要になるのですが、共有する方法は、なんと、LINEを使って共有できるサービスなんです。

ここがウケているんでしょうね。

誰かと一緒に予定するカレンダー。

  1. 家族
  2. カップル
  3. 仕事
  4. 友達

ビジネス利用なら、案件の重なり、誰がどこにいるかがわかりやすくなります。シンプルさを売りにしているので、誰でも使いやすい!というのが、カレンダーシェアアプリTimeTreeの長所ですね。

この長所がうけて、Apple「BEST OF 2015」受賞しています。

そして2019年には、1,700万ユーザーもいるサービスになっているそうです!

日本の人口の10%以上も使っているってすごいですよね。

TimeTree Adsでできる予定カテゴリー

TimeTree Adsで、絞込みのできる予定カテゴリーは、以下の14カテゴリーです。

  1. 育児関連予定
  2. 健康、ヘルスケア関連の予定
  3. エンタメ関連予定(ライブとか映画)
  4. 旅行関連予定
  5. 飲み会、宴会関連予定
  6. 記念日関連予定
  7. 仕事関連予定
  8. レジャー関連予定(キャンプ、BBQなど)
  9. 教育関連予定
  10. ビューティ関連予定(エステ、美容サロンなど)
  11. スポーツ関連予定(ゴルフ、テニスなど)
  12. ショッピング関連予定(アウトレット、ECなど)
  13. 引越し関連予定
  14. 予定ナシ

14このカテゴリーで、ユーザーが登録する大量の予定をAIによってカテゴライズしていっているそうです。これがすごいですよね。

最初からカテゴライズしていない、というのが、今風ですね。

まとめ:予定(時間)以外に広告データとして何が使えるか

このTimeTree Ads(タイムツーリーアド)をみて、未来の予定という情報で、広告の配信先をセグメントするというのが、どれだけ、面白いかを感じます。

予定にFITした商品は売れるはずですから。

同じように、予定以外にデータとしては、何が使えるのでしょうか。

やはり、健康ですかね。

こういう健康不安があるとか、こういう病気であるとか、こういうところが痛むとか。ネガティブな情報かもしれないですが、ここはわかりやすいですよね。

【日本初】WiFiを来店検知の集客ツール「WiFiチラシ」

【日本初】WiFiを来店検知として活用した成果報酬型集客ツール「WiFiチラシ」START