食にまつわる個人の経験や感動を共有するSNSアプリ「ペロリッヂ」提供開始

2018年11月30日

企業アプリを見ていて、CSR的な側面を持ったサービスは少ないなと感じていました。特に、SNSの面では、CSR的な活動はしにくいと感じていました。そこに目をつけたのが、このペロリッヂというサービスなのかもしれません。

食にまつわる個人の経験や感動を共有するSNSアプリ「ペロリッヂ」とは

日立コンシューマ・マーケティング株式会社および日立アプライアンス株式会社は、「食」をテーマにしたSNS「ペロリッヂ」を2018年11月28日(水)より提供開始。

ペロリッヂは、「まだ知らない“おいしい”と出会える」をコンセプトに、食にまつわる個人の経験や感動をその人のストーリーとともに共有するスマートフォンアプリ。

ペロリッヂで、できること

箇条書きでまとめるとこんなかんじです。

  • まだ知らない食材・食品の発見
  • こだわりの理由を知り、語り合い、気に入ったものを記録
  • ユーザ同士の交流
  • ライフスタイルの合う仲間たちとの新たな出会い
  • 食材の調理方法なども学べる

SNSなので、こういったサービス展開になりますが、一般ユーザーが、背景やSTORYを知れる、語れるというのは、CSR的には大きな要素ですよね。

たとえば、マルコメさんがやっている発酵美食というオウンドメディア
https://www.marukome.co.jp/marukome_omiso/hakkoubishoku/

もちろん、お味噌について語ってくれています。ただ、自社の商品、サービスですからね、お味噌というのは。

今回のペロリッヂさんの提供元は、日立コンシューマ・マーケティング株式会社および日立アプライアンス株式会社という、いわゆる家電屋さんです。つまり、扱う、紹介する食材はすべて、他社のもの、というところが、社会貢献になるわけで、そこが珍しいんですよね。

ペロリッヂに新機能追加:ハッシュタグ&フォロー機能

記事ごとにハッシュタグがつくようになりました。

これによって、気になる、興味関心のあるハッシュタグを登録しておくことで、自分好みの記事を見つけることができます!ハッシュタグなので、登録というよりかは、フォローですね。

フォロー機能は、インスタグラムなどと同じような感じで使えるので、とても便利な機能ですね!

ペロリッヂという名前の由来は

「ペロリッヂ」は、食べる擬態語の「ぺろり」、冷蔵庫を表す「Fridge」、生活者との接点を意味する「エッジポイント」を組み合わせた造語。食をテーマにしたサービスを生活者との接点を生かして創造していくコンセプトだそうです。凝っていますね。

日立アプライアンス株式会社
http://www.hitachi-ap.co.jp/

ペロリッヂ 公式サイト
https://peloridge.hitachi-ap.co.jp/

ダウンロードリンク
iOS
https://itunes.apple.com/jp/app/%E3%83%9A%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%82/id1440001644?mt=8

android
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.hitachiap_.peloridge

参照URL PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000038.000027680.html

引越しに伴うネット回線の引越し作業は何をすればいい?

時短!Wi-Fi、ネット回線の引越し手続き、料金、解約方法まとめ

ハッシュタグで、街情報を簡単サーチ!マチタグ

ハッシュタグで現在地から近いスポットを検索!MachiTag(マチタグ)