Slack Chatwork 連携 コミュニケーションツール 一元管理 『チャットネクト』

多くの企業で活用されるチャットなどのコミュニケーションツール。その代表ともいえるのが、Slack Chatwork ではないでしょうか?企業によっては、やりとりは、Slack か Chatwork でないと、レスポンスが遅い、という企業もいます。

そんなSlack Chatwork ですが、とにかく、こういったコミュニケーションツールは、どんどん増えていっています。利用するにも、ブラウザやアプリケーションなどを複数起動させていないといけないので、混乱してしまって、誤爆したり、そもそも、通知に気づかなかったり。あるいは、通知なしで送ってくる人がいるので、それに気づかなかったりと、結構、混乱するケースがあります。

そんな課題を解決するツールを見つけました!Slack Chatwork 一元管理可能なチャットネクトというツールです。チャットネクトというツールは、利用も無料!しかも、導入が簡単というすばらしいSaasツールです。

この記事では、Slack Chatwork 等 コミュニケーションツール の 一元管理をしたいという方向けに、Chatnect チャットネクト について、解説していきます。

チャットネクトとは

Chatnect チャットネクト 公式ホームページ
https://saastainer.com/apps/chatnect

チャットネクトとは、株式会社ストラテジット(本社:東京都千代田区)が、提供していたアプリ『Chat.jp』をリニューアルさせて、リリースしたSaasのツールです。

チャットネクトは、前述のとおり、ビジネスチャットツールである「Slack」と「Chatwork」の一元管理が可能になっています!

用途に合わせて

  • 一方通行の連携
  • 双方向連携

の選択も可能です。

もちろんですが、SlackアカウントとChatworkアカウントが必要です。

また、チャットネクトは、chat.jpのころからバージョンアップして、1段階ログインで利用可能になりました。便利になった感じですね!!

チャットネクト できること

Chatnect、チャットネクトは、こんなことができます!

  1. Slack と Chatwork の チャンネル/ルームを指定してほぼリアルタイム連携
  2. チャンネル/ルームを複数連携が可能
  3. 過去のやり取り 登録

過去のやり取りの登録機能が、便利なんですよね。なぜなら、例えば、過去にSlack側でやり取りした内容を、連携対象のChatwrokに表示させる、などもできて、情報共有が、圧倒的短時間で実施できます。最大100件までですけど、十分便利です。

リアルタイム連携は、その名の通り、チャットワークでメッセージを書いたら、相手のslackに反映させる、なども可能です。

チャンネル、ルームの複数連携は、複数人が参加している場合でも、1名の設定で、そのSlackのチャンネル、Chatworkルームの情報連携が可能になります。

お手軽なんですよね!

チャットネクト 利用方法

チャットネクト 利用には、株式会社ストラテジットが運用するアプリストア「SaaStainer」でのアカウント登録が必要です。

SaaStainer アカウント 登録はこちら!
https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900003540006

ちなみにアカウント登録は無料です!

アカウント登録に必要な情報も

  • 企業名
  • 氏名
  • メールアドレス
  • パスワード

と簡単です。

これが完了したら、チャットネクト の アプリ設定後、無料で利用可能。

チャットネクト 導入方法 詳細
https://saastainer.zendesk.com/hc/ja/articles/900003523886

チャットネクト 開発会社 株式会社ストラテジット

株式会社ストラテジット 企業公式サイト
https://strategit.jp/

株式会社ストラテジットは、SaaS連携サービスなどを提供している会社です。

また、SaaS導入のコンサルなどもされているようですね!

株式会社ストラテジットはほかにも、こんなサービスを展開しています。

SaaS連携サービス Master Hub
https://www.strategit.jp/vendor-saas/

プラットフォームとしてのサービスを提供しつつ、というかんじで、チャットネクトは無料ですが、そのほかのツールは、クレジット決済などで販売もしていたりしていますね。

出典 PRTIMES
SlackとChatworkを統合する『Chat.jp』が『Chatnect』(チャットネクト)にリニューアル
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000054025.html

考察 Slack Chatwork 業務効率化 なら 連携しておきたい。

SlackとChatwork。どちらのビジネスチャットも便利です。

しかし、チャンネルや、部屋が増えると、本当に面倒です。

それゆえ、みなさん、業務効率化 のため、こんなかんじで、連携したりしています。

Google Apps Script を使っての連携
https://www.whizz-tech.co.jp/5990/

【Slack】ChatWorkのメッセージをSlackへ転送する方法
https://www.cg-method.com/slack-messages-to-chatwork/

これは、slackの機能を活用するタイプの方法ですね。

NotePM 
https://notepm.jp/help/chat

こういうグループウェアでも、SlackとChatworkしていたりしますね。

Slackは、エンジニアとのやりとりなどでも、便利なツールです。海外のツールだから、使いにくさはあるかもしれませんが。

個人的には、機能も豊富で、いいと思うんですけどね。

MVP開発とは ノーコード オフショア開発 などで 先行者利益 獲得型 開発