プロジェクトチームのタスク管理ツール Repsona(レプソナ)

2019年6月25日

以前にもプロジェクト管理、タスク管理ツールについて、ご紹介していました。

Slackやchatworkより無料ツールStockは情報共有&タスク管理に手軽

このときは、STOCK(ストック)について説明していましたね!有料版のbacklog(バックログ)についてもご紹介したと思います。

今回、そんなプロジェクト管理、タスク管理ツール市場に新しい風が吹き始めました。タスクではなく、人を中心に考えたタスク管理ツールが登場したのです。

その名も、Repsona(レプソナ)。今は、ベータ版ということで、機能制限なく、無料で使えるそうです。まずは触ってみてはいかがでしょうか?

タスク管理ツール Repsona(レプソナ)とは

Repsona LLCが提供するタスク管理ツールが、Repsona(レプソナ)です。

このRepsona(レプソナ)は、人を中心とした、チームのためのタスク管理ツールと銘打って提供を開始したそうです。

Repsona(レプソナ)公式URL
https://repsona.com/ja

2019年6月11日にリリースがされ、2019年6月11日現在では、ベータ版とのことです。

Repsona(レプソナ)は、太っ腹なことに、ベータ期間中、機能の制限なく、しかも、無料で利用できるそうです!

さらに。2019年6月11日より、ベータ版をご利用いただいた先着100チームに、永年無料クーポンプレゼントするキャンペーンもやっています!!

Repsona(レプソナ)の開発背景

基本、多くの企業やプロジェクトで、業務効率化ツールは導入されています。前述のbacklog(バックログ)もそうですし、STOCK(ストック)もそうです。

その中でも多いのが、chatツール。chatwork(チャットワーク)や、slack(スラック)、LINE WORKS(ラインワークス)などもそうですね。また、トレロなどのような、カンバン or カード形式でタスクを管理するツールもあります。

ただ、STOCK(ストック)のご紹介のときにも記載したとおり、これらのツールには課題があります。

  • チャットは話題が流れやすい
  • チャットは話の文脈は追いやすいが、データを探すのは大変
  • カードでは工数や分量が見えない
  • カードでは、中身の把握がしにくい

こういったタスク、プロジェクト管理、業務効率化ツールの中心は、タスクです。それゆえ、人が使う際には、わかりにくくなってきた、という背景があるので、この思想を打破するために設計されたツールが、Repsona(レプソナ)なんです。人のコミュニケーションや組織の成長に重きを置いて作られているビジネスツールなんです。

Repsona(レプソナ)の機能

主に、Repsona(レプソナ)には、こんなユニークな機能があるんです!

プロジェクトメンバーの評価がわかる

Repsona(レプソナ)の機能には、仕事上のフィードバックを、各メンバーのプロフィール画面で見られるという機能があります。

backlogにも、スター機能などありますが、わかりやすく、Repsona(レプソナ)は作られていて、ありがとうの感謝や、おつかれさまの慰労など、明確になっています。これらが、スコアのようになっています。

これによって、チームメンバー同士による相互承認につながり、相互の継続的な関係性を気づいていくと考えています。

チームメイトのプロフィール機能

プロジェクトに参加するチームメイトが相互に紹介しあうことで、コミュニケーションが生まれやすくなります。要するに、そういった会話のネタの場が生まれてくるんですよね。

タスク管理ツールはサクサクで軽快

シンプルでわかりやすく、ドラッグ&ドロップで軽快に操作できます。

  • スケジュール管理(ガントチャート)
  • カンバンとカード
  • ボールの受け渡し
  • 高速検索
  • マイルストーン設定
  • ステータスボード

さくっとプロジェクト備考のようなメモ書きもできます!

情報共有ツールも秀逸です!

情報共有の機能ももちろんあります!

  • ブラウザ上でのメモ共有
  • 複数人での同時編集:議事録など作るときに便利
  • 高速検索
  • チーム体制図がサクッと作れる
  • メンバーの生産性の可視化
  • ふりかえりボード
  • バーンダウンチャート
  • 通知、メンション機能

その他、プロジェクト管理のための各種機能が揃っています。

全ての機能をフリープランでも利用可能ってすごいですよね。

ちなみに、現在のベータ版では、

  • プロジェクト数 1つまで
  • 1画面内添付ファイル数3つまで
  • ストレージは、1GBまで
  • アクティビティ保持期間は1ヶ月だそうです。

有料になっても、月額650円っぽいかんじのことが料金表には記載されていました。

詳しくは、Repsona(レプソナ)の料金表ページにて!
https://repsona.com/ja/pricing

Repsona(レプソナ) 3分でわかる機能解説 動画

チーム活動がもっと楽しくなるRepsona(レプソナ)。使い方をより知りたい方向けに機能紹介の動画も登場!

ちなみに、公式Twitterアカウントも用意されています!!

Repsona(レプソナ) ツイッター公式アカウント
https://twitter.com/RepsonaHQ

Repsona(レプソナ)のサーバ、セキュリティは?

Repsona(レプソナ)は、AWSで運用されています。しかも、サーバの監視は24時間365日ずっとしているそうです!

また、厳格なデータ管理ルールにて、ファイアーウォールでRepsona(レプソナ)運営会社の環境からのみアクセスできるよう制限されているそうです。

Repsonaの通信は、全てSSLにより暗号化

Repsonaのデータは1日1回以上のフルバックアップ

実績:リリース後1ヶ月で700チームが利用

このレプソナというサービスは、なんと、リリース1ヶ月で、700チーム(1,000人)の利用があったそうです。

しかも、そのほとんどが、速い!ということを、クチコミ、レビューしているようです!!

まとめ:人起点のタスク管理ツール Repsona(レプソナ)

人間を起点とした、という発想がいいですよね!ECサイトなどの運用プロジェクトなどをしていると、顔の見えないメンバーがいたりします。

そんなときのコミュニケーションとしても非常に良いプロジェクト管理ツールなのではないかな!と思いました。

  • タスク管理ツール
  • 情報共有ツール
  • コミュニケーションツール

この3点においても、非常に好印象です!

レプソナ https://repsona.com/ja

出典:PRTIMES
タスクではなく“人”が中心。チーム仕事に発想の転換 「Repsona(レプソナ)」ベータ版開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000045463.html

ちなみに、backlog(バックログ)もオススメ

大掛かりなプロジェクトの管理や、ソースの管理をしていくのであれば、バックログも便利!

gitとかの機能もありますしね!

古い業界のオジサマ向け

バックログは、初心者でも使いこなせることができるようなUI。

やりとりごとに、メールが飛ぶので、メールでもログが残せるから安心です。

ファイルの管理も便利です。大容量ですし。

検索も比較的速くて、簡単です。

大手のWEB制作会社や、広告代理店も活用しているバックログ。

プロジェクト管理ツールとしては、老舗になってきたツールですね。

 

TSUTAYAの月額1,000円~の格安スマホ TONE(トーン)は家族利用が便利