【無料】ワークフロー、ビデオ会議、チャットも使えるグループウェア Lark(ラーク)

テレワークが増加している2020年3月。グループウェアの導入は重要な経営課題になってきています。中小企業でも、これは当然のような経営課題となっていて、導入されていない企業は、急速な導入がのぞまれています。

実際に

「これからグループウェアを導入するつもり」

「グループウェア導入済みだが、もっと便利なものを導入したい」

というニーズは、2020年3月になってから、あちらこちらから聞こえてきます。

コロナウィルスの影響が大きいとは思います。

グループウェアは、組織や企業の情報共有を効率化できるツールです。
しかし、当然ながら、コストもかかります。

今までかかっていなかったコストにプラスオンされて、毎月かかるようになるので、せっかくなら、コストが無料のグループウェアから導入していって、運用をしていきたいですよね。有料のグループウェアを導入したけど、使われない・・・となったら、意味がないですからね。

そこで今回は、おすすめのグループウェアとなるLark(ラーク)をご紹介。シンガポールで展開していたツールなのですが、日本市場導入にあたり、なんと、無料提供を開始しました。

グループウェア、統合型コミュニケーションツール Lark(ラーク)とは

Lark(ラーク)公式webサイト
https://www.larksuite.com/ja_jp/

Lark(ラーク)は、シンガポールに本社のある Lark Technologies Pte. Ltd.(本社:シンガポール)が提供する統合型コラボレーションツールです。

コラボレーションツールというと、なかなかなじみがない方もいらっしゃると思いますので、言葉を置き換えると、人とのコラボレーションができるツール、ということのようですね。

となると、要するに、コミュニケーションツール、グループウェアになります。

このLark(ラーク)は、2020年3月5日に日本市場に導入を発表しました。

そして、日本市場進出のタイミングで、Lark(ラーク)の無料提供を始めたのです。

Lark(ラーク)でできること、主な機能

Lark(ラーク)が無料版で、提供している機能は非常に豊富です。

  • 200GB のクラウドストレージ
  • カレンダー管理、スケジューラー
  • ビデオ会議(最大24時間)
  • ビデオ会議でのスクリーン共有
  • ビデオ会議での録画機能
  • チャット
  • デジタルワークフロー
  • 各種アプリとの連携(JiraやSalesforceなど)

という機能が無料で提供されています。

ほかの無料のグループウェアと比較して、珍しいところでは、デジタルワークフローの管理を、無料で提供しているところですね。

デジタルワークフローでは、勤怠管理、レポート確認、精算承認などを一元管理できるんだそうです。

すごい便利ですよね。

しかも、Lark(ラーク)の対応OSは、

  • Windows 7以上
  • macOS 10.10以上
  • iOS 10.0以上
  • Android 5.3以上

となっているので、

パソコンのアプリケーションとして、windows、macどちらでも利用可能な上、iphoneでも、アンドロイドのスマートフォン、タブレットでも利用できるんです!

Lark(ラーク)のおすすめポイント

Lark(ラーク)はさすが、海外の企業なので、スケールが大きいです。

無料版でも、グループチャット5,00名まで対応しています。

朝礼をチャットでもできそうですね。

さらに、スタッフサポートが営業日(10:00-19:00)でついています。

利用方法がわからない場合なども、

サポートがついているので、すぐに聞けます。

これは、導入するにあたって、大きいメリットですね。

通常、無料やオープンソースのグループウェアは、サポートがないですからね。

文書作成、表計算の機能もついています。

もはや、GoogleさんのGoogle ドライブに匹敵するといっても過言ではないですね。

Lark(ラーク)のカレンダー機能

Larkのカレンダー機能は、以下のことが可能になっています。

  1. 複数のカレンダー表示
  2. 共有カレンダー表示
  3. グループでのスケジュール招待

効率的な運用がすでにできるようになっているので、人数が少ないから効率を重視せざるをえない、中小企業でも使いやすそうですね。

スケジュールボード機能は、基本的には、サイボウズなどと同じようなUIで、会議室などの登録も可能になっています!

Lark(ラーク)の活用事例

海外企業での導入事例、そして、利用者の声なども、公式ホームページに掲載されています。ちなみに、電通Xでも導入されて、利用されていたようです。

また活用の場面としては、

テレワークでの利用

社内と変わらない業務環境をテレワークで実現。

  • ビデオ会議、電話会議をワンクリックで開始可能
  • 会議はカレンダーにセットするだけ
  • ビデオ会議も可能
  • 会議の議事録はテンプレートからメンバー全員で議事録作成可能

プロジェクトについてのチャットもできるから、コミュニケーション、共有がばっちり。

在宅学習での利用

いまや、在宅学習でも、こういうグループウェアは活用され始めています。

  • Lark(ラーク)は教材をLarkのクラウドにアップ
  • アクセス権に応じ、教材を提供
  • ビデオ会議機能によるオンライン学習サポート
  • チャットのアンケート機能で簡単な小テストも実施可能

こういう意味でも、グループウェアでも、実に、利用シーンが大きくなっているのが、2020年3月の状況ですね。

Lark(ラーク)のダウンロードはこちらから可能!

出典:PRTIMES
Lark Technologies 統合型コラボレーションツール ”Lark” の日本市場での無料提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000054814.html

まとめ:Lark(ラーク)は無料で高機能!使いやすいグループウェア

海外で展開されていただけあって、Lark(ラーク)は、非常に高機能です。

サイボウズなどは、かなり脅威に感じるかもしれませんね。

Lark(ラーク)の公式webサイトを見ても、日本語も、非常に上手で、まともな製品になっているとかんじます。

そして、Lark(ラーク)は、クラウドも活用しているグループウェアですが、基本、ソフトウェア、アプリになっているのもミソですね。

現在では、サーバーを必要としないクラウド型が主流となっており、約1,050億円と言われるグループウェア全体の市場の85%以上のシェアをクラウド型が占めています。

引用:アイミツ
https://imitsu.jp/matome/intranet/2429321031216796

このようなクラウドがメインストリームのグループウェアの中で、アプリケーション提供というのが、面白いですよね。

アプリケーション提供のメリットである、利用スピードがはやいというのがあります。スピードを意識して、オペレーションできてこそ、ビジネスはうまくいくと思いますので、非常に大きな一石をグループウェア市場にもたらすと思います。

Lark(ラーク) 体験!リモートワークに使ってみた

実際に、Lark(ラーク) をリモートワークで使ってみました。

体験の結果を、レビューとして、記載をしていきます。

セキュリティについて

メールの2段階認証ができるので、比較的安心

スタッフがスマホや、ノートパソコンを落としても、
基本的には、ログインされにくい

インシデントが起きにくいセキュリティ

ただ、不便に感じるケースもあるかもしれないですね。

リモートワーク時は、webメールとセットでの扱いになりました。

ただ、メールのチェックを強制的に、できるので、そこはいいかな?とも思いました。

使い勝手について

アルバイトレベルのITスキルの方でも、入力は簡単。

わりとさくっと使いこなせました。

添付ファイルも、ドラッグ&ドロップでいけるので、ここもOK!

画面のUI的には、アイコンメニューがわかりにくかったです。

ITリテラシーの低い人だと、

データの保存や、カレンダーメニューへの遷移ができなかったです。

またウィンドウを動かすのも、どこを触ればいいかがわからなかったです。、

そこは課題ですね。

ダッシュボードを、アプリのTOPで置いても良かった気がしますね。

速さについて

アプリを使っていますが、Lark(ラーク) 自体の重さはそんなに感じません。

スマホでも、そこそこ、さくさく動きました。

LARK(ラーク):グラミン日本と共同で非営利団体の業務効率化支援を強化

2020/5/12のプレスリリースで、LARK(ラーク)が、
一般社団法人グラミン日本と提携して、非営利団体の業務効率化支援を強化していくというニュースが発表されていました。

一般社団法人グラミン日本公式サイト
https://grameen.jp/

この一般社団法人グラミン日本は、グラミン銀行の日本版を推進している社団法人です。

そもそも、グラミン銀行は、

  1. 生活困窮者に対する自立支援
  2. 小規模な融資
  3. 無担保融資

をする銀行です。

参考:gooddo マガジン
https://gooddo.jp/magazine/npo_ngo/grameen_jp/2659/

こういうところと組んで、業務効率化支援を強化していくのは、グループウェアのLARKとしても、進めやすい形ですよね。

出典:PRTIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000054814.html

そのほか、過去にご紹介したグループウェアについての記事

■STOCK(ストック)

無料からでも使えるシンプルな情報共有ツールのSTOCK

■Chat&Messenger

ファイル共有、ファイルの保存もできる!無料でも使えるChat&Messenger

テレワークで、さくっと導入できますね!

■Repsona(レプソナ)

プロジェクトメンバーのタスク管理や、やりとりを一覧化できるレプソナ

■Exment

オープンソースの無料DBソフト Exment 人気です!

■オープンソースのスケジューラー

オープンソースのスケジューラー比較!OSS系のスケジューラーはどちらがいい?

■ラインワークス、Line Works

圧倒的人気の、LINEのグループウェア、LineWorksを簡単解説