Slackやchatworkより無料ツールStockは情報共有&タスク管理に手軽

2019年5月10日

Slack(スラック)や、chatwork(チャットワーク)、Facebookメッセンジャーでやりとりしながら、仕事を進めることもありますよね。ただ、これらのWEBツールって、無料でも使えて、すごく便利なんですが、ログを残すのが大変・・・

よくやるSlack(スラック)や、chatwork(チャットワーク)、Facebookメッセンジャーでのあるある話は、お金のやり取りなどで、この間、こういったよね?や、エクセルでまとめておいて送ったよね?で、ログが残っておらず、あるいは、探すのがむちゃくちゃ大変!というケースです。

そこで、今回紹介する無料ツールStock(ストック)。Facebookメッセンジャーと併用して使ったりもするんですが、コピペとかがしやすくて、とっても便利なツールなんです。アプリもあるので、外からでも、簡単に閲覧が可能、書き込みも簡単な情報共有&タスク管理ツールです!!

無料ツール Stock(ストック)情報共有&蓄積、タスク管理、ファイル管理
https://www.stock-app.info/

Stock(ストック)の情報共有&蓄積は、コピペで済む

だいたい、無料なんだから、Slackやチャットワークの恩恵は十分受けていますよね。それに、Slackやチャットワークなどのビジネスチャットツールは、日々のコミュニケーションとしてはいいツールですが、ログが残しづらい。

もちろん、Googleドキュメントとか、普通にメールでファイルを送ったりするのでもいいのですが、スマホでやりとりしていた中身を残すのは、結構大変だったりします。

そこで無料ツールの「Stock」(ストック)。

情報をストックできる情報共有、蓄積ツール。Evernoteのように白紙に書く感じのインターフェースなので、最初、戸惑うかもしれないのですが、慣れると、とても便利です。共有する相手と書き込みのルールを決めれば、あとは簡単に運用できます。

たとえば、Slack(スラック)や、chatwork(チャットワーク)で、やりとりした日付を書いて、そこにコピペするだけ。

その上で、添付ファイルがあれば、ドラッグ&ドロップで張るだけ。

これだけで、ログが残ります。

ちなみに、書いているうちに自動保存もされます。アプリのUIもあるので、便利です。フォルダわけの機能もあります。

とにかく、シンプルが売りのグループウェアです!!

Stock(ストック)の主な機能

Stockの主な機能は、以下になります。

  • ノート機能
  • タスク管理機能
  • メッセージ機能

各機能の概要を書いていきますね!!

Stock(ストック)のノート機能

フォルダ形式で管理できるノート機能。閲覧できる人ごとに権限をつけられるので、見せたくない人には見せないようにすることが可能です!

議事録や書類のデータ管理に便利。

文字情報であれば、検索機能もあるので、あとから探すのが簡単です

Stock(ストック)のタスク管理機能

チームのタスクを一覧で管理することができます。

タスクはノートに紐づいた形で管理されるので、関連タスクをまとめられます。

Stock(ストック)のメッセージ機能

テーマ毎、ノートごとにやり取りをできるメッセージ機能です。chatと同じ感じです。使い方自体は、slackや、chatworkとそんなにかわりがありません。

Stock(ストック)のチャット機能をはじめる方法

チャット機能(メッセージ機能)も、Stockにはあります。ノート(プロジェクトノート)の右下のメッセンジャーアイコンから、すぐにチャットを始められます。

ノートというか、プロジェクトをベースにしたチャットなので、情報がちらばる心配はありませんね。

Stock(ストック)のタスク管理機能の注意点

Stockのタスク管理機能も、ノートごとにできます。

自分に関連するタスクはサイドバーのタスク一覧から確認できますし、相手への設定も可能です。正直、ToDo管理用のツールは不要です。

ただ、タスク管理機能の場合、設定を間違えると、大量にアプリが動いてしまうので注意してくださいね。

無料のプロジェクト管理なら、Stock(ストック)がイチオシ

正直、無料のプロジェクト管理ツールだったら、このStockが1番使いやすいと思っています。情報が散らばらないし、チャットもできるし、ファイルの管理もできるし。

無料ツール Stock(ストック)
https://www.stock-app.info/

サイボウズLiveからデータを引き継げるSTOCK(ストック)

無料グループウェアサイボウズLiveは、2019年4月15日をもってサービス終了。これによって、グループウェアの移管が止まっている企業もいるんだとか。

そこで、STOCK(ストック)です!

なんと、サイボウズLive専用のインポート機能がついています!

サイボウズLiveから引き継げるデータは

  • 掲示板
  • ToDoリスト
  • メンバー名簿

上記の3つが引き継げます。

もちろん無料プランでもインポート機能は使えます!!

サイボウズLiveのデータ引き継ぎ、引っ越し方法は簡単です。

  • 右上の設定をクリック:各種設定の変更をクリック
  • サイボウズLiveからのデータ移行をクリック
  • インポートに成功すると管理人に通知が届きます

注意事項です!
掲示板ToDoの添付ファイルは、サイボウズLiveのエクスポート対象外なのでご注意ください

STOCK(ストック)のレビュー

STOCK(ストック)のレビューは、Twitterでは、こんなかんじでした!!

有料なら、バックログが使いやすい!

ただ、お金を使ってもよい、大掛かりなプロジェクトの管理や、ソースの管理をしていくのであれば、バックログのほうが便利だと思っています。

古い業界のオジサマ向け

バックログは、初心者でも使いこなせることができるようなUIだと思っています。また、やりとりなども都度メールが飛ぶので、安心です。

ソース管理もgitの機能をもっているので、便利ですし、セキュリティ面での安心、安全という点もあります。

ファイルの管理も便利です。大容量でもおいておけますし、検索もしやすい!というメリットがあります。

大手のWEB制作会社や、広告代理店も活用しているツールです。そういう面でも、使いやすい!!という大きなメリットがありますね。

 

TSUTAYAの月額1,000円~の格安スマホ TONE(トーン)は家族利用が便利