MVP開発とは ノーコード オフショア開発 などで 先行者利益 獲得型 開発

ビジネスモデルが難しい、複雑になってきている2021年。この状況で、ITで、大きく勝つには、やはり、先行者利益を獲得することです。

では、先行者利益を得るには、どうすれば、よいのか?それには、まず、ベースとなるビジネスモデルを反映したアウトプットが必要です。

そこで、登場するのが、MVP開発です。ビジネス書や、日経新聞などを見ていると、たまに登場するMVP開発。MVP開発って何?MVP開発の価値は?とお思いでしょう。

MVP開発は、この先行者利益を生むための開発手法の1つだと思ってください。

この記事では、MVP開発とは?何かを解説しながら、そのメリットや、MVP開発で、成功した事例について、情報共有していきます。

MVP開発とは

MVPとは、Minimum Viable Productの略語で、実用最小限の製品のことを指しています。そして、これを開発する方法が、MVP開発になります。

すごく簡単に、MVP開発を解説すると、MVP開発とは、新規のプロダクト(商品、サービス)を開発する際に、実用最小限のレベルで開発する手法です。

それゆえ、MVP開発は、

  1. 低コスト
  2. 短期間
  3. お試し

というのが重要視されます。

MVP開発は、それゆえ、

  • ノーコードツールでの開発
  • オフショア開発

で利用されるケースがあります。

しかし、一般的なシステム開発でも、まずは、リリース作品として、MVP開発を行うケースもあるため、必ずしも、ノーコード開発や、オフショア開発を活用するわけではありません。

MVP開発は、一般的には、プロトタイプ開発とも呼ばれることもあります。

MVP開発 メリット

MVP開発のメリットは、

  1. 短期間
  2. 低コスト
  3. 実証実験が可能

といったところになります。

これによって、市場のニーズをはかったりします。

この手法は、非常に明確で、多くのメーカーでも、製造ラインを制限して、プロダクトを作って、試し販売を、地域限定などで行っていたりします。

スタートアップ企業などに、おすすめのマーケティング手法ですが、大企業でも、ちょこちょこ利用されます。

というのも、部長決済などで、おためしで開発ができたりするからです。

いずれにせよ、スピードと低コストがメリットになるので、検証も、ポイントをしぼった検証をする必要が出てきます。

ゆえに、KPIの指標として、何を重要視するかを、事業開発者は、考えるべきですね!

MVP開発 で 行うこと

MVP開発で行うことは、いちばん、価値の高い機能の開発です。

それゆえ、余計な機能は、外していきます。

そもそも、MVPは「リーンスタートアップ」という概念がベースです。このリーンスタートアップは、起業の方法の1つとして、シリコンバレーでは定着しています。

リーンスタートアップは、エリックリースという起業家の本が原点となっています。

エリックリース 公式ツイッター
https://twitter.com/ericries

いずれにしても、MVP開発で重要なことは、市場ニーズとの合致です。

そこを検証をするためのものだと認識してください。

MVP開発 成功事例

MVP開発 の 成功事例は、海外では、たくさんあります。

いくつか事例を紹介います。

そして、これらの事例を見れば、いかに、MVP開発が先行者利益の獲得につながるかのイメージがつくでしょう。

Zappos

Zapposは、Amazonが約1,000億円で買った靴のECです。

靴のECサイトは、今でこそ、当たり前ですが、昔は、だれが買うの?という状況でしたが、これを始めたのが、Zapposです。

Zapposのビジネスモデルは、商品が買われてから発注するモデルだったといわれていますが、ベースとなる、靴のECのCMS機能を最初に出したサービスでした。

結果、アマゾンは、靴のECで、このZapposのモデルを活用して、大きく成長していきましたよね。

Facebook

facebookも、実は、MVP開発で作られたサービスです。

共有系のサービスでしたが、今のfacebookの機能は、あとから生まれたものです。

マーク・ザッカーバーグの映画を見てみるとわかるかもしれませんが、最初は、大学の学生向けに、同じ学内の大学生を検索できるサービスでした。

Twitter

実は、Twitterも、MVP開発です。

最初は、グループウェアでしたね、ツイッターは。

それが、このようなコミュニティサービスになっていきました。

MVP開発 クチコミ

MVP開発について、皆さん、どんなイメージを持っているのかを調べてみました。

ツイッターでのクチコミ情報を探してみました。

すると、ノーコード開発と、非常に、親和性が高そうなクチコミがいっぱいです!

最近増加しているツイッターでのセミナー話ではなく、わりと、地に足のついたお話し、投稿が多い感じです。

オフショア開発についての話よりも、ノーコードローコード界隈と仲が良さそうな、MVP開発でした。

【アプリ指標】DAUとは WAU MAU との 違い を 比較 効果測定 なら DAU が おすすめ!