【無料】グループウェア Chat&Messenger ファイル共有・検索も便利

働き方改革推進で、中小企業にもリモートワーク、テレワークを推進する波がきています。しかし、リモートワークをするには、以下の機能をもったグループウェアのシステムが必要です。

  1. タスク管理(ToDo)
  2. カレンダー・スケジュール管理
  3. ファイル共有
  4. ドキュメント管理
  5. ビジネスチャット
  6. web会議
  7. 掲示板

最低、このくらいの機能がついているグループウェアのシステムは必要だと思います。

しかし、グループウェアも、そこそこ、料金かかるので、中小企業では、なかなか導入をエイヤとはできにくいです。

たとえば、サイボウズさんのキントーン。

kintone(キントーン)公式サイト
https://kintone.cybozu.co.jp/

安くても、月額780円~です。

10人で使えば、月額8,000円。年間で、10万円のコスト増加です。

しかし、見つけました。無料で使えるグループウェアを。

その名も、Chat&Messenger。

Chat&Messengerは、無料でつかえて、最低限必要な機能がそろったクラウド型でも活用できるグループウェアです。

今回は、Chat&Messengerを解説する前に、簡単に、グループウェアの役割や目的を解説してから、グループウェア「Chat&Messenger」をまとめていきます!

グループウェアとは

グループウェアとは、会社やプロジェクトメンバー内での情報共有やコミュニケーションを行えるようなツールです。

基本、グループウェアとは、業務遂行のためのシステムなんです。

そのため、グループウェアの役割は、

  1. 情報共有の手間を軽減
  2. 社内コミュニケーションの活性化
  3. ドキュメント管理のコスト削減

にあります。

上記に書いたグループウェアに欲しい最低限の機能のほかにも、

  • 会議室や設備の予約管理
  • ワークフロー(電子承認)
  • 備忘録
  • 検索機能
  • セキュリティ

といった機能が、グループウェアにはあります。

グループウェアの重要なポイント

グループウェアの役割を記載したところで、わかってもらえるかもしれませんが、グループウェアは、情報管理のツールになります。

それゆえ、セキュリティへの配慮は重要です。

そのため、クラウド版と、オンプレミス版が用意されることが多いです。

とはいえ、外部からアクセスできないグループウェアでは、テレワークの際には、利用価値が落ちてしまいます。

そのため、IDとPWによる認証管理だけではなく、IPアドレス制限などの機能をもっていたりもします。

そして、もう1つ。

どんなに機能がすぐれていても、グループウェアは、UIが良くないと、導入に失敗する可能性があります。

UIが悪いと、ITリテラシーの低い人が社内に多い場合、グループウェアの利用がされない場合がでてきてしまうからです。

これでは、グループウェアを導入しても意味がありません。

特に、ワークフローなどで、使い方がわからない、という理由で、決済がとまってしまっては、グループウェアを導入する意味がないのです。

さて、ここからは、上記の情報を踏まえて、グループウェア「Chat&Messenger」をまとめていきます!

グループウェア「Chat&Messenger」とは

Chat&Messengerはビジネスチャット、Web会議、スケジュール管理、ファイル共有、文書管理、施設予約、キャプチャ、付箋の機能をもつ無料のグループウェアです。

グループウェア「Chat&Messenger」公式サイト
https://chat-messenger.com/

グループウェア「Chat&Messenger」は株式会社Chat&Messengerが提供しているシステムで、Windowsでも、Macでも、Androidでも、iOSでも使えるのが特徴の1つです。

ビデオ会議は複数人で同時に利用できるというのもうれしいところですね。

Chat&Messengerは導入が簡単

Chat&Messengerは、クラウド版が用意されているので、非常に導入がしやすいです。webブラウザベースで使えるんです。

クラウド型で活用する場合、当然、自社内にサーバは不要です。サーバインフラコストがかかりません。

また、LAN内ユーザを自動認識する機能をもっているため、アカウント登録や難しい設定もいらないんです。

本当に導入が簡単なグループウェアなんです。

Chat&Messengerのメリット、良い機能

個人的に、Chat&Messengerで、気に入っている、おすすめの機能をご紹介します。

ビジネスチャット、文書管理で、リッチテキストエディターを搭載

要は、ブログを書くように、文章の修飾ができます。

太字、赤字、箇条書き、表での記載。

またドラッグ&ドロップで、ファイルの添付なども簡単にできます。

バックログになれている方なら、イメージつきやすいかもですね。

Backlog(バックログ)
https://backlog.com/ja/

ビジネスチャットで開封確認機能付き

これも便利です。

正直、メッセージを送っても、見ているんだか、見ていないんだかわからない。

こんなことはよくありますが、Chat&Messengerなら、開封確認メッセージがシステム的に、簡単に送れます。

ビジネスなので、はやく見て欲しい!

あとでもいいので、ちゃんと見た!というレスが欲しい。

そんなときにとっても役立ちます。

また、社内の情報共有で、資料などを送っても、見ないスタッフがいるときには、こういう機能があると、機械的に、確認がとれるため、変な感情のぶつけあいなどをしないですみます。

争いの種が減るわけです!

ビジネスチャットで、画面キャプチャに書き込みができる

これも、便利。

よくある話で、この資料のここをもう少し上において欲しい。なんて依頼。

言葉にすると、何をどうすればいいのかわかりません。

しかし、画像で見たら、一目瞭然です。

また、ビジネスチャットで、スクリーンキャプチャ、画像へのペイント機能が利用できるので、ちょっとした修正などは、すぐに追記できるので、業務効率につながります。

検索もできます!

当然、アップロードした資料やドキュメント、ビジネスチャットのメッセージは検索が可能です。これがいいですよね。

あの契約書、どこだっけ?

探し始めて、1日。ということが、減少します!

Chat&Messengerの気になる料金

Chat&Messengerは、無料で使えますが、

データ容量を多く使いたい場合や、オンプレミスの環境での活用の場合、

費用がかかります。

以下にChat&Messengerの料金表URLをつけます

Chat&Messenger プランと価格

ちなみに、無料版では、以下の機能が使えます。

  • ビジネスチャット
  • 音声通話
  • ビデオ通話、web会議(参加ユーザ数 2ユーザまで)
  • スケジュール共有
  • タスク管理(ToDo)
  • ファイル共有、文書管理
  • 掲示板・回覧板
  • テレワーク対応のモバイル連携

これだけでも、十分です。

いいんですか?これ、無料で!!と思いますね。

ただ、無料版の場合、以下の制限があります。

  • ディスク容量(1ユーザーあたり) 1GBまで
  • 添付ファイルダウンロード期限 2ヶ月
  • 1ファイルのアップロード最大サイズ 5MBまで

ユーザ管理や施設予約の機能はありません。
また、データバックアップの機能もありません。

ちなみに、モバイルは、
ネイティブアプリから利用できますので、とても速いです!

▼Google Play Chat&Messenger
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.chatmessenger

▼app store Chat&Messenger
https://apps.apple.com/us/app/chat-messenger/id1347066836

まとめ:無料グループウェアでは最高峰!?Chat&Messenger

Chat&Messengerは、国内シェア率が高いグループウェアではありません。しかし、機能は本当に充実しています。

それでいて、無料で使えるんです。

Chatwork(チャットワーク)のように、ビジネスチャットができる情報共有、コミュニケーションの効率化グループウェアもいいのですが、
これは、情報が流れていってしまいます。

その恐れも、ないんです。Chat&Messenger

中小企業でも、お得に活用できるグループウェアなら、社内でも、きっとウケがいいはず。導入も簡単なChat&Messenger。

ぜひ、試してみてくださいね。

■グループウェア系ツールの過去記事

無料ツールStockは情報共有&タスク管理に手軽

Slackやchatworkより無料ツールStockは情報共有&タスク管理に手軽

プロジェクトチームのタスク管理ツール Repsona(レプソナ)

プロジェクトチームのタスク管理ツール Repsona(レプソナ)

参照情報
Chat&Messenger 公式サイト
https://chat-messenger.com