Twitter 広告 カンバセーショナルカードとは?選択肢提案でツイート促進

Twitter 広告といえば、主に多いのは、プロモツイートですね。

プロモツイートは、つぶやきの間に、出てくるタイプの広告で、非常に、安価で、一般的に活用されるTwitter 広告です。

Twitter 公式サイトでは、以下のように定義されています。

プロモツイートとは、広告主がお金を払う対価として幅広い利用者層にリーチしたり、既存のフォロワーからのエンゲージメントを獲得したりできるオーガニックなツイートのこと

引用:Twitter for Business 
プロモツイートとは何ですか?
https://business.twitter.com/ja/help/overview/what-are-promoted-tweets.html

そんなプロモツイートの延長線上にあるTwitter 広告の形式で、カンバセーショナルカードという広告形式があるのをご存知でしょうか?

今回は、Twitter 広告の中で、リツイートの選択肢を提示して、ユーザーのリツイートを促進できるカンバセーショナルカードについて、ご紹介します。

Twitter 広告 カンバセーショナルカードとは

Twitter 広告の、カンバセーショナルカードは、プロモツイート広告と同じように、タイムラインに表示されます。

大きくプロモツイートと異なるのは、ボタンが設置できて、そのボタンにハッシュタグと、メッセージ(テキスト文言)の設定が複数(1~4個まで)設置できます。

以下、ジョージアのTwitter で実施されていたTwitter 広告 です。カンバセーショナルカードのイメージです。

赤枠で囲った箇所が、カンバセーショナルカードのボタンです!

ちなみに、ユーザーがこのボタンをクリックすると、当然ながら、設定したハッシュタグと、そのメッセージが投稿入力画面に表示されます。

参考:Twitter for Business 
カンバセーショナル広告形式
https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/conversational-ad-formats.html

カンバセーショナルカードで利用できる広告画像は?

twitter 広告として設定できるカンバセーショナルカード。

一緒に設定できる広告画像のファイル形式は

  • JPEG、PNG、アニメーションでないGIF画像
  • ファイルサイズは、最大3MB
  • 画像サイズは、最小800ピクセル × 320ピクセル(アスペクト比 5:2)

となっています。

カンバセーショナルカードなら、特典動画公開も可能!

Twitter広告の管理画面で「インスタントアンロックカード」を設定すれば、ボタンをクリックして、リツイートなどの投稿をしてくれたユーザーにだけ、特典動画を、タイムライン上で閲覧できるようにすることができます。

ボタンをクリックして、リツイートすると、元の投稿のクリエイティブが自動的に、特典動画に変わるようにできるのです。

Twitter 広告 カンバセーショナルカードの利用シーン

カンバセーショナルカードは、どんなキャンペーンで利用するのがよいのでしょうか?

メリットを考えて、このカンバセーショナルカードのTwitter 広告が使いやすくなるのは、

  1. ハッシュタグ投稿を参加条件としたキャンペーン
  2. リツイートキャンペーン
  3. 4択のクイズ&リツイートキャンペーン
  4. オートリプライとの組み合わせキャンペーン

上記の4つのキャンペーンですね。

特に、3つ目のキャンペーンなどは、コンテンツとして、webサイトと連動させても面白いコンテンツになると思います。

4つ目のオートリプライを用いたキャンペーンであれば、4パターンのオートリプライ用の動画などを用意することで、ユーザーに4回のリツイートを促すこともできますので、通常のプロモツイートよりも、多くのリツイートをしてもらえる可能性があります。

いずれにせよ、2020年5月現在でも、コンテンツ連動型のTwitter広告として展開するなら、おすすめの方法になっています!

Twitter 広告 カンバセーショナルカード 事例

実際、カンバセーショナルカードは、どのような広告として、掲載されているのでしょうか?

ネットで調べてみました!

まずは、Twitterで以下を見てみてください。

Twitter カンバセーショナルカード 事例
https://twitter.com/i/events/789355502484361216

続いて、マーケジーンで掲載されていたカンバセーショナルカード 事例です。
カンバセーショナルカードを使った意味も記載されています。

アットホームでのクイズキャンペーン事例
https://markezine.jp/article/detail/31648?p=2

8つほど、カンバセーショナルカードの事例が記載されていますが、注目は、総選挙系で活用された事例ですね。

「きのこの山 たけのこの里国民総選挙2019」の事例
https://service.aainc.co.jp/product/echoes/voices/0020

まとめ:アイデア次第!Twitter 広告 カンバセーショナルカード

いかがでしたでしょうか?

このように、アイデア次第で、バズる力を大きく変えることが可能なカンバセーショナルカード。

  1. クイズ形式で4択にして、リツイートを促したり
  2. 特典動画を活用して、いろいろな映像でPRしたり

リツイートを促すキャンペーンには、最適なのが、カンバセーショナルカード。

基本的に、選択肢を与えるほうが、ユーザーは、アクションをしやすくなりますからね!

Twitterキャンペーンの中で重要なことは、バズってもらうことでもありますが、それと同じくらい、大切なユーザーとのコミュニケーションがはかれるのが、カンバセーショナルカード。

Twitter広告をせっかく活用するなら、ユーザーコミュニケーションがとれるものがいいですよね。

無料の動画編集ソフト ShotcutとOpenShot 比較