2020年【Twitter広告】ターゲティングの種類とその使い方を簡単解説

初めてTwitter広告を出稿する場合、結構、ターゲティングの方法で迷うと思います。

Twitter広告は、google広告や、facebook広告とは、ぜんぜん違うんですよね。

広告代理店で、運用型広告の経験がそこそこあっても、Twitter広告の管理画面の使い方がよくわからない!という方、いらっしゃいますからね。

そこで、今回は、Twitter広告のターゲティングセグメントについて解説しながら、その利用方法、設定方法についてまとめていきたいと思います!

もちろん、こちらのTwitterのビジネスサイトも参考にしてくださいね!

twitter:広告のターゲティング
https://business.twitter.com/ja/targeting.html

Twitter広告のセグメント、広告ターゲティングは?

Twitter広告のターゲティングのセグメントには、以下のものがあります。

要するに、誰に、広告を配信するか?というものですが、結構あります。

  1. 言語ターゲティング
  2. 性別ターゲティング
  3. 興味関心ターゲティング
  4. 端末ターゲティング
  5. フォロワーターゲティング
  6. 行動ターゲティング
  7. キーワードターゲティング
  8. 地域ターゲティング
  9. テイラードオーディエンスターゲティング

上記の中で、わかりにくいのは、

  • フォロワーターゲティング
  • テイラードオーディエンスターゲティング

でしょうか。

とはいえ、フォロワーターゲティングは、以下の説明で理解しやすいです。

関連性の高いアカウントのフォロワーをターゲティングして、特定のコンテンツに興味関心を示しそうな利用者にリーチします。

引用:twitterビジネス ターゲット
https://business.twitter.com/ja/targeting.html

この中で、ややこしいのは、

テイラードオーディエンスターゲティング

ですね。

そこで、こちらのテイラードオーディエンスターゲティングについて解説します。

テイラードオーディエンスターゲティングとは?

テーラードオーディエンスターゲティングとは、既存でつながっているTwitterアカウントやお客さまに、再度広告で、自社商品やサービスをアピールするためのターゲティングです。

フォロワーに、再度広告を出すの?

というイメージを持ちがちですが、テイラードオーディエンスターゲティングは、異なります。

どちらかというと、自分で顧客リストをアップしたりして、広告配信をしていく、というターゲティングの広告施策です。

実際のテイラードオーディエンスターゲティングの方法は、こんなかんじです。

リスト

広告主が、顧客メールアドレス、Twitterユーザー名のリストをアップロードして、広告配信先のターゲティングに活用。

もちろん、顧客メールアドレスは、暗号化が必要です。

ハッシュタグでの暗号化なので、プログラムの知識があると、簡単ですね。

ウェブ

Twitterが発行するウェブサイトタグにより、そのタグの貼られたホームページにアクセスしたユーザーをターゲティング。
DSP広告のリマーケティングみたいなかんじです!

モバイルアプリのユーザー

twitter広告の広告主のアプリでインストールや登録など、特定のアクションを行ったユーザーにPRできます。

twitterが指定しているモバイル測定パートナーによるコンバージョントラッキングの設定ができているモバイルアプリでしか使えません。

モバイルアプリのコンバージョントラッキングの詳細はこちら
https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/create-an-app-installs-or-app-engagement-campaign/mobile-app-conversion-tracking.html

例によって、

  • Adjust
  • AppsFlyer

は使えますよ!

ほかに、アドウェイズや、YahooのサービスでもOKみたいです!

Adjust AppsFlyer については、以下の記事もご参照ください!

アプリの効果測定ツールについてはこちら

ちなみに、テイラードオーディエンスは複数のオーディエンスを組み合わせ可能です。

ただし、注意点です。

テイラードオーディエンスは「OR条件」での配信になるので、

たとえば、、、

ウェブ

モバイルアプリ

を設定すると、

ウェブを見ているか、モバイルアプリのアクションをした人

その両方に、twitter広告が配信されます!

気をつけてくださいね。

なお、テイラードオーディエンスにて、AND条件でオーディエンスを作成したい場合は、オーディエンスマネージャーから、別途「柔軟なオーディエンス構築」から、オーディエンスを選択していけば、AND条件でも、ターゲットをセグメントできます。

Twitter広告のターゲティングで興味深い!フォロワーターゲティング

フォロワーターゲティングは、ユーザー名で指定したアカウントのフォロワーとそのフォロワーに似た興味関心を持つユーザーをターゲティングできる機能です。

要するに、一例になりますが、ホリエモンに興味のあるフォロワーと、似た興味関心ユーザーに限定して、広告を配信できるのです。

なので、こんなターゲットセグメントも面白いです!

自社やライバル企業、同業他社のアカウント のフォロワーターゲティング。

こういったwebマーケティングは、リスティング広告でもよく利用されていますよね。

実際、広告主のビジネスに関心が高いであろうユーザーを囲いこめる可能性が高いと思います。利用されていることも少ないので、お勧めです!

ただ、ものすごい量のフォロワーのいるアカウントには、要注意です。

広告やプレゼントキャンペーンなどでフォロワーを増やしただけのケースもありますから。

まとめ:Twitter広告-成果を出すなら、ターゲティングは重要!

Twitter広告のターゲティングの種類はたくさんあります!

  • 言語
  • 性別
  • 興味関心
  • 端末
  • フォロワー
  • 行動
  • キーワード
  • 地域

これに加えて、

テイラードオーディエンスターゲティング

という機能があります。

テイラードオーディエンスターゲティングは、DSP広告のリマーケティング施策みたいなこともできますし、自社のリストを活用した広告配信もできます!

また、フォロワーターゲティングを利用して、競合企業のアカウントのフォロワーに、自社商品、サービスの告知もできるので、おすすめの広告手法です。

スマートニュースの広告って?効果は?事例は?