【メール配信サービス】導入 簡単! sendgrid センドグリッド とは

コンテンツマーケティングの一環として、オウンドメディアなどのwebサイトを制作・運用している企業も増加しています。そういった企業の場合、ユーザーとの接点をたくさん持ちたい!と思う傾向が強いです。それゆえ、消費者向けに、メールマガジンの配信をしたい!という企業のweb担当者の方もいらっしゃいます。

実際、コンテンツの公開をしても、TOPページを定期的に見てくれる方やSNSをフォローしてくれる方には、新着記事ができたことを伝えられますが、それ以外の方には、伝わらないケースも多いですよね。

そこで、メールマガジンを送ろう!ということになるのですが、メールマガジンの配信システムは、自社で作ろうとすると、結構大変です。

そもそも、もう古い技術になっているのに、セキュリティ対策や、各種環境の変化の対応が多く、振り回されがちです。

そんな悩みを解決してくれるのが、今回ご紹介するsendgrid(センドグリッド)になります。リレーメール配信サービスとしては、老舗であり、与信もあります。多くのメールを常に配信しつづけている有名サービスです。

そんなsendgrid センドグリッドについて、sendgrid センドグリッド とは?といったところからご紹介していきます。

sendgrid センドグリッド とは

sendgrid センドグリッド 公式ホームページ 日本版
https://sendgrid.kke.co.jp/

sendgrid センドグリッド とは、全世界にて、利用されている海外のメール配信サービスです。メールサーバの構築は不要ですし、SMTP連携で、簡単に導入ができるメール配信サービスになっています。

要するに、sendgrid センドグリッド とは、メール配信のSaaSサービスです。

月間で700億通も、2020年12月時点でも配信しているサービスなので、しっかりとした技術的背景、サポート力もあります。

しかも、sendgrid センドグリッドは、安いです。無料から、利用が始められます!中小企業でも導入しやすい料金設定なんです。

そこも、webサービスとして、おすすめなポイントですね。

あとで、sendgrid センドグリッドの料金については、解説します。

ちなみに、sendgrid センドグリッド は、2018年10月にTwilioという同じようなメール配信などのサービスを展開している企業に20億ドルで買収されました。ざっと、2,300億円くらいの金額規模です!

また、sendgrid センドグリッド は、日本国内の正規代理店としては、構造計画研究所が代理店として販売をしています。それゆえsendgrid センドグリッド サポートは、構造計画研究所が行っています。

sendgrid センドグリッド こんな方 に おすすめ

sendgridは、メール配信のアプリケーションなので、
メール配信を大量に行っている企業の担当者におすすめです。

もちろん、メルマガだけではなく、メールにはいろいろなものがあります。

  • 会員登録 メール
  • キャンペーン告知 メルマガ
  • 各種システムメール
  • 友達紹介メール
  • 納品書 請求書 メール

メールといっても、このようなメールの種別があります。

それらを大量に配信している企業については、

sendgridはとてもお勧めです。

メールサーバ ではなく sendgrid センドグリッド にする理由

メールサーバを立てるのではなく、sendgrid にする理由はなんでしょうか。

メール配信は、Sendmailから始まります。

しかし、それだけでは、セキュリティの問題がおきます。

設定ファイルのチューニングも大事ですし、外部の環境調査も重要です。

サーバの負荷対策、設定も重要ですし。

そういう背景で、作業が複雑化しています。

その結果、クラウドサーバを活用したメール配信のSaaSが増えてきています。

  • Amazon SES
  • Mailchimp

などのクラウド型のSaaSが増えるわけです。

そして、メール配信で重要な到達率をあげていくシステム改修、メンテナンスも必要になります。

メールサーバのIPアドレスは、育てていかないといけません。そうしないと、spamメール、迷惑メールとして扱われてしまうからです。IPアドレスを育てていかないといけない理由は、メールの到着率をあげるために大切なんです。

そういったセキュリティ対策などを考えずに、導入できるのが、SendGrid のメリットだと思っています。

上記のように、セキュリティ対策、セキュリティホールつぶしをやっていたら、自社のメールサーバでは、開発工数もとんでもなくかさみます。

安心、安全、プロフェッショナルの活用!という考え方です。

sendgrid センドグリッド 主な 機能

sendgrid センドグリッドの主な機能について記載をします。

  • 送信ドメイン認証
  • IPウォームアップ
  • バウンスメールの対処
  • レピュテーション管理
  • リストクリーニング
  • 配信頻度/ボリューム調整
  • ブラックリスト対策

IPウォームアップについては、簡単に解説します。

IPウォームアップとは、1時間あたりの最大配送量を少しづつ増やしてくれる機能で、これがあることで、メールの到達率があがります。

バウンスメールとは、配信エラーのメールのことです。

エラーメールが多いと、そのメールは、迷惑メールとして、扱われやすくなります。それゆえ、このバウンスメールの配信数を減らせるようにする対策なども、sendgridには、用意されています。

レピュテーション管理とは、評判管理という意味合いです。これも、インターネットの世界で、迷惑メールという評判をとられていないか?を管理する機能で、メールの到達率に影響してきます!

sendgrid センドグリッド 料金

sendgrid(センドグリッド)の料金プランは、

いくつかあります。

無料から、トライアル利用が可能です。

月間12,000通までは無料で配信可能です。

月額10,000円で、月間100,000通の配信くらいになります。

なので、1通0.1円くらいという料金設定です。

一番安い有料プランは、

月額、1,900円で、月間40,000通というのがあります。

※2020年12月7日現在

送信通数に応じてプランを考えて、料金、予算を確認するといいでしょう。

まとめ sendgrid で メール配信確度をあげる!BtoCだけでなく、BtoBでも

sendgrid、いかがでしたでしょうか?

BtoCビジネスだけでなく、最近は、BtoBビジネスでも活用されていますよ。

sendgrid 導入事例なども多いので、見てみるといいかもですね。

なぜか、ランサーズ、クラウドワークスという業界の近しい導入事例があるのは、気になりましたが、面白いですよね。

参考)sendgrid 導入事例
https://sendgrid.kke.co.jp/case/

自社でメール配信サーバを立てるのは、いまや、非効率です。

セキュリティ対策、メール到達率アップを考えると、餅屋は餅屋で、こういったクラウド型のメール配信サービスのSaaSにしたほうがいいでしょう。

メンテナンスコストもかかりにくいので、おすすめです。

システム開発のコストなので、そういった部分も含めて、
sendgrid、いかがでしょうか。

 

【比較】オフショア開発とニアショア開発 どちらがいい?