【アプリ マーケティング】ASOとは アプリストア最適化 ASOの始め方 ガイド

webマーケティングを中心としている企業も多いですが、課金などと直結するネイティブアプリのマーケティングを中心に行っている企業も多いですよね。

特に、ゲーム、ライフ、教育、ビジネスツールなどの事業の場合、アプリのダウンロードからの課金の流れは放置できません。ネイティブアプリを、アンドロイド、iOS用に開発して、展開しているケースがほとんどです。

しかし、意外と、アプリに関しては、アプリ開発やイベント・キャンペーン、インストール促進の広告運用がメインになっていて、アプリストア内でのSEOがおざなりになっているケースも散見されます。

そこで、この記事では、初心に帰って、アプリのSEO対策といわれるASO アプリストア最適化 について解説していきます。ASOとは?ASOのメリット アプリストア最適化の方法、そして、ASOの要素について解説していきます。

ASOとは アプリストア最適化とは

ASOとは、App Store Optimizationの頭文字をとった略称で、アプリストア最適化のことをさします。SEOと同じで、アプリストア内からの検索で、自分のアプリが、検索結果の上位に表示されるようにする対策のことです。

ただ、ASOは、アプリストアのランキング上位に表示されるようにすること、そして、アプリの詳細ページを最適化して、ダウンロード率を高めることも、ASOによって行うこととなっています。

まとめると、ASOとは

  1. 検索結果の上位表示
  2. ランキング結果 上位表示
  3. アプリ詳細ページ DL率向上

のための、アプリストアでの、表示、掲載情報の最適化になります。

当然ですが、ASOによって、ユーザーの検索、ランキング経由での自然流入は増加しますので、アプリのダウンロード数も増えます。

また、認知度もあがってきます。

ASOの目的は、アプリストアにて、自社アプリの認知度があがることで、オーガニック流入のインストールを高めることです。

どこか、SEOと似ているかんじですよね。

ただ、アプリストアの場合、Googleなどの検索エンジンと違って、検索アルゴリズム変更が頻繁に起きているわけではないので、しっかりとしたベースの対策が重要とされています。どちらかというと、MEOに近いかもですね。

ASOは、基本、アプリの使い道、効果、目的、用途を明確にわかりやすく書くことや、情報をしっかりと登録することが重要です。これによって、アプリストア内でのリーチ(認知度)の向上、インストール数の向上につながるかんじです。

ASO 動画

ASO について、紹介している動画も、Youtubeにはありますので、ご紹介しておきます。しかし、SEOと違って、掲載数が少ないです。

少ない理由は明確で、個人で、ASOをするケースが少ないからだと思います。

【10分で解説】アプリマーケティング入門(Google広告/ASO/SDK/ASA)

ASO対策とは(App Store Optimization)/アプリストア最適化

なぜ、Youtubeで、ASOについて、紹介されていないか。

アプリの場合、基本、会社や団体単位が多いですからね。

それゆえ、一般ユーザーがよく見るYoutubeでは、ASOについての掲載動画が少ないのだと思われます。

ASO メリット

ASOをするメリットは、なんでしょうか?主に、ASOのメリットは3つあります。

  1. ダウンロード数 増加
  2. 継続利用ユーザー 獲得
  3. 広告費 削減

ASOで、検索結果やランキング上位に表示されれば、アプリのダウンロード数は増加しますよね。

これは自明の理ですが、アップルでも、以下のように情報を掲載しています。

70% App Storeで、次に使う
アプリケーションを探すために
検索を行っているユーザーの割合。

65% App Storeの検索の後に
直接ダウンロードされる割合。

引用)Apple Search Ads
https://searchads.apple.com/jp/

アプリストア内の広告の数字ですが、appleによると、検索機能を使ってアプリを検索するユーザーは約70%、約60%のユーザーがアプリストア内で検索すると言っています。

こうして、検索で獲得したユーザーは、広告で獲得したユーザーよりもニーズが高いので、継続利用してくれるユーザーが多いです。

これが、継続利用ユーザー 獲得につながる!というメリットです。これは、webマーケティングでも同じですよね。Google広告で獲得したユーザーよりも、オーガニック流入のユーザーの方が継続して利用してくれます。

このように、オーガニックインストールユーザーを獲得できるので、ASOは、大きなメリットがあるのです。

広告費 削減 は、解説不要かもですが、アプリストアの最適化で、ユーザーを獲得できるのであれば、広告費に予算をさく必要がないわけです。

すなわち、広告費 削減につながる理由は、ダウンロードしてくれるユーザーが増えるから!という点になってきます。

ASO 主な方法

ASO の具体的に、実施すべき方法について、いくつか解説します。

実は、SEO対策と似ています。

  1. アプリ名にキーワードを入れる
  2. コンテンツ ローカライズ(多言語化)
  3. アプリカテゴリ 設定
  4. スクリーンショット など 画像掲載

ASOの方法、個別に解説していきますね。

アプリ名にキーワードを入れる

アプリ名にキーワードを入れる対策は、まるで、SEOと同じですね。

例として、

Google Maps – Navigation & Transit

これです。

Google Maps が アプリ名ですが、

後ろの、 – Navigation & Transit が重要です。

これが、キーワードになってきます。

もう1つ。

Yahoo!天気 – 雨雲や台風の接近がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリ

これも、Yahoo!天気が、アプリ名で、雨雲や台風の接近がわかる気象レーダー搭載の天気予報アプリが、キーワードです。

このように、実は、こういったキーワードの活用が、ASOの1つの方法となっています。

コンテンツ ローカライズ(多言語化)

ASOの方法としてあげた、ローカライゼーションについて、解説していきます。アプリストアは、多言語展開されています。それゆえ、世界中のユーザー向けに、ネイティブアプリの公開がされます。

それゆえ、しっかりと、その国の言語や通貨で、ローカライズさせれば、自然と、コンバージョン率があがってきます。

まずは、

  • アプリ名
  • キーワード
  • スクリーンショット

をローカライズしてみましょう。

日本語のアプリなら、英語表記を追加していくのでもいいと思います。

アプリカテゴリ 設定 スクリーンショット など 画像掲載

アプリカテゴリ 設定 は、最適なカテゴリに、アプリを登録しているかどうかです。アプリのカテゴリは、常に、変わっていきます。数か月に1度でもいいので、アプリカテゴリ 設定が、ユーザー目線で、適しているかどうか、チェックしてみましょう。

地味に、重要なのが、スクリーンショットです。

画像のコンテンツは、都度、新しいものをアップしていきましょう。実際に、アプリストアでランキング上位にいるアプリは、コンテンツのアップデートをちゃんとしています。
機能リリースや、コンテンツが増えるごとに、スクリーンショットの画像をアップロードしていきましょう。

ASO 要素

ASO を 行っていく際に、重要な要素といわれているデータ、コンテンツがあります。アプリの提供者、開発者が操作できる要素のことを、オンメタデータといいますが、ここでは、そんなオンメタデータについて、簡単にまとめます。

実は、オンメタデータは、App Store と Google Play で 違うんですよね。考えてみれば、当たり前で、サービス自体も違うのですから。

App Store オンメタデータ

  • タイトル
  • サブタイトル
  • アイコン
  • スクリーンショット
  • プロモーションテキスト
  • レビューや評価
  • 説明文

このほかにもありますが、まずはASOの重要なポイントとして、しっかりと書いておきたい情報の部分を掲載しています。

ここからは、GooglePLAYです。

Google Play オンメタデータ

  • タイトル
  • アイコン
  • スクリーンショット
  • 簡単な説明文
  • 詳細な説明文
  • レビューや評価

Google Play の オンメタデータは、このほかにもあります。

上記の要素の中で、適切なキーワードを入れていくことが大事です。タイトルなど、活用しないのは、もったいない!という部分も多いです。

30文字くらいまでは記入できるので、タイトル、サブタイトルは、しっかりとキーワードを入れていきましょう。

と、このようにASOについて記載すると、キーワードが重要だと気付くと思います。実は、ここは、SEO対策同様です。

選んだキーワードによって、結果も変わってきますので、しっかりと、他社とのバランスを見て、キーワード選定をしていきましょう。

ASO と アプリ広告 優先順位 どちらが高い?

ASOは、上述のように、アプリストアでの検索で、上位表示されるようにしていったり、より、アプリをダウンロードしやすくする施策です。

そう考えると、ASOと、アプリ広告では、優先順位として、高いのは、ASOになります。

これは、ロジカルに考えてみれば当然のことです。

ちなみに、ASO対策を行ってから、アプリ広告を行っていけば、広告の費用対効果はあがっていきます。

SEO対策と同じで、コンテンツがしっかりしてから、広告投資をした方が、費用対効果はあがりやすいわけです。

事例として、ASOを行ってから、広告を行ったとき、広告の費用対効果は、2倍くらい違ってきていました。

ASO 効果 期間

1回、ASOの対策を行うと、アプリストア側の大きな変動がない限り、1回で、だいたい1年くらいは、効果が継続されるといわれています。

つまり、ASOによって、1年くらいは、検索順位の上位を保持できるかもしれないのです。*ASO対策をして、検索順位が上がった前提ですが。

とはいえ、OSのアップデート、検索アルゴリズムの変動もありますので、ASO対策は、1年から1年半に1回は見直した方がいいですね。

ちなみに、ASOの施策自体は、平均して、1回につき、3ヶ月くらいかかるといわれます。

逆に言えば、ASOは、毎月継続して半年やるものではありません。集中投下して、一気に、検索順位をあげていくような、そんな施策になっています。

まとめ ASO も SEO 同様 成長には キーワード 戦略 が 重要

いかがでしょうか?ASO。アプリストア最適化のことだと、まずは、理解してみてください。

意外と知られていない、アプリストア最適化の方法。

ネイティブアプリのマーケティングでは、重要なマーケティング方法になりますので、しっかりと、情報の記載、コンテンツの更新を行いましょう。

また、キーワード選定も重要です。

ゲームのジャンル、たとえば、アクションゲームというキーワードも重要ですが、誰がナビゲーションしている、とか、ブランド名なども、キーワードとして利用できます。

競合が強いキーワードで勝負するのではなく、ライバルがあまり使っていない、それでいて、普遍的なキーワードを調査していきましょう。

アプリといえば、UI。UIについて、まとめた記事も、ぜひ参考にしてくださいね。

UI とは ? ユーザーインタフェース デザイン の 優れた 事例 紹介

有料SSLについての記事は、こちらから!

【提案】有料 SSL おすすめ ブランド 3選 有料SSL と 無料証明書 違いは?