住むなら1位横浜、2位恵比寿、3位吉祥寺:SUUMO(スーモ)住みたい街ランキング2019 関東版 公開

2019年2月28日に、SUUMO(スーモ)住みたい街ランキング2019 関東版が公開されました。いろいろな角度から、住みたい街や駅のランキングを出してくれています。

SUUMO(スーモ)が、どんな確度から調査結果が出ているかというと、

  • 居住都県別
  • 年代別
  • ライフステージ別
  • 穴場だと思う街(駅)ランキング
  • 住みたい沿線
  • 住みたい自治体ランキング

という感じです

もちろん、SUUMO(スーモ)住みたい街ランキング2019 関東版の調査は、株式会社リクルート住まいカンパニー(本社:東京都港区)によるものです。

関東編の対象は、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県)に居住している人を対象としているそうです。

SUUMO(スーモ)住みたい街ランキング2019の総合編

総合ランキングは1位「横浜」、2位「恵比寿」、3位「吉祥寺」、4位「大宮」、5位「新宿」。

実は、2018年と比べて、1~3位までは変わっていません。不動の順位といったところでした。伸びたのは、4位「大宮」、5位「新宿」。いずれも10位以下からのランクインでした。

ちなみに、自由が丘は、19位。南青山児童相談所の建設問題で話題になった表参道は20位。二子玉川は、17位。2018年にパリーグで優勝した西武ライオンズが拠点とする所沢は52位。高田馬場、武蔵小山が99位と、ベスト100位ぎりぎりでした。

映画「翔んで埼玉」で話題の埼玉が人気

「大宮」が9位から4位、「浦和」が10位から8位、「さいたま新都心」が29位から23位、「武蔵浦和」が83位から67位とさいたま市の中核駅が上昇。

中央線も人気度アップです。

「新宿」が7位から5位に、「三鷹」は38位から16位に、「立川」は22位から18位と中央線の中核駅も上昇。

つくばエクスプレスで開発の進む駅もランクアップ

「柏の葉キャンパス」は圏外から90位、 「守谷」は68位から51位、 「研究学園」は56位から46位、 「つくば」は51位から35位、「流山おおたかの森」は46位から41位

住みたい自治体ランキング総合では、やはり港区、世田谷区

1位「港区」、2位「世田谷区」が3位以下を離して2年連続TOP2。
ただし、「港区」、「千代田区」、「文京区」、「中央区」は、2018年と比べると、人気が下落。都心の中心区が高い!のか、下がっているかんじです。

反面、鎌倉市、武蔵野市、浦安市など郊外の自治体が人気アップ。安い、交通の便が比較的良い、というところが伸びている感じですね。

穴場だと思う街(駅)ランキング 1位は北千住

2年連続で、1位は「北千住」、2位は「赤羽」、3位は「和光市」。この3駅は総合ランキングでも20位、32位、33位と上位である。「和光市」「大宮」などの始発駅や、「駒込」「田端」「池袋」など山手線のなかでは家賃の安い北側エリアの駅が上位にきている傾向がある。「中野」「海老名」「新宿」が去年と比較して大幅にランクアップ

北千住の平均家賃相場は、1K、1DKで7.0万円、2LDK、3K、3DKは12.0万円。新宿の平均家賃相場は、1K、1DKで9.8万円、2LDK、3K、3DKは21.7万円。比較しても安いと思いますよね。

住みたい沿線ランキング上位は山手線、京浜東北線、東急東横線

住みたい沿線1位は「JR山手線」。2位「JR京浜東北線」。3位は「東急東横線」。「東急田園都市線」「小田急線」は40代が4割強と多くなっている。12位の「JR東海道本線」は年代別で40代が50%以上と突出して高い。

基本的に、住みたい沿線ランキングを見ていると、いまだに、銀座界隈が中心となっているようなかんじが見えますね。

■調査対象
関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)在住の20歳~49歳の男女。
平成27年国勢調査の構成に合わせて調整
■調査方法
インターネットによるアンケート調査
*調査実施機関は株式会社マクロミル
■調査期間
スクリーニング調査:2018年12月17日(月)~2019年1月11日(金)
本調査:2019年1月4日(金)~2019年1月11日(金)
●スクリーニング調査対象数:299,235人
スクリーニング調査回収数:38,949人
*本調査有効回答数:7,000人

出典:株式会社リクルート住まいカンパニー
SUUMO住みたい街ランキング2019 関東版 総合1位は2年連続で「横浜」 「大宮」が初のTOP5入り
https://www.recruit-sumai.co.jp/press/2019/02/suumo2019-12top5.html