5秒で資金繰り解決シミュレーション!?「資金調達シミュレーター」

資金繰り解決でいつも月末に汗をかいている社長さんに朗報です!

今回ご紹介するのは、ファクタリングで資金調達をする際に、簡単にシミュレーションができる「資金調達シミュレーター」のご紹介です。

資金調達といっても、方法はたくさんあります。簡単に思いつくだけでも、銀行などからの融資、知人友人からの融資、投資家からの投資・出資。ほかにも、いろいろとあります。今回は、その中でも、ファクタリングを使った資金調達の簡単シミュレーターが出てきたので、そのご紹介です。

ですが、まずは、そもそも、ファクタリングについての知識をつけていただくために、ファクタリングという資金調達の方法について、先にまとめます!

資金調達の方法:ファクタリングとは

ファクタリングとは、取引で発生した売掛金を、ファクタリング会社に「債権」として売却することで、その支払い期日前にキャッシュ(現金)を得る資金調達の方法です。

こう書くと難しそうですが、売り上げを、期日よりも早く現金化する資金調達の方法です。つまり、手形を割る、売却する、などと、そんなには変わらない方法です。

手形を割る、手形割引は、支払期日には手形額面の支払いを約束する有価証券である手形を、その期日前に、額面以下で、指定銀行以外で、取引してもらう方法です。有価証券であるため、当然、所有者の変更ができるわけです。

ファクタリングの異なる1つの点は、手形と異なり、法律的な有価証券があるわけではない、ということです。

また手形の場合、手形発行での取引をするには、手形の発行元の会社が銀行の審査を受けて、当座預金口座を開設します。それが、ファクタリングの場合、ありません。

上記の内容があるため、ファクタリングは、法律的にはややグレーな領域でもあります。民法555条に、

売買は、当事者の一方がある財産権を相手方に移転することを約し、相手方がこれに対してその代金を支払うことを約することによって、その効力を生ずる。

参照 Wikibooks
https://ja.wikibooks.org/wiki/%E6%B0%91%E6%B3%95%E7%AC%AC555%E6%9D%A1

というのがあり、これが法律的な根拠となります。売り上げ債権は、財産権に含まれる、という法律的な解釈です。

そんなファクタリングを使った資金調達のシミュレーションができるのが、今回ご紹介する「資金調達シミュレーター」になります。

5秒で資金繰り解決!?シミュレーション「資金調達シミュレーター」

株式会社アレシア(本社:東京都新宿区)は、同社が提供するファクタリングサービス「ベストファクター」に、ファクタリングを利用し、より簡潔で迅速に資金調達を行えるサービス「資金調達シミュレーター」を導入。2019年3月1日から提供を開始。

資金調達シミュレーター
https://bestfactor.jp/simulation/

これにより、これまで資金調達可能額が分かるまでに、申込み、審査、書類確認と掛かっていた時間を短縮が可能になります。そもそも、資金調達の情報を早く入手したいニーズが多いはずなのに、時間がかかっていた審査などを短縮することができて、より迅速な資金繰りの解決につながるというイメージです。

資金調達シミュレーターの使い方

ベストファクターの資金調達シミュレーターは、以下のタップ操作と、基本的な審査事項を入力するだけでシミュレーションが可能です!

  • 売却希望金額
  • 利用者の事業スタイル(法人か、個人か)
  • 売掛先の会社規模

上記の情報をクリックして、最後に会社・組織名や電話番号を入力するというだけで、シミュレーション結果の情報を手に入れることができます。そのため、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットでも簡単に利用可能です。

入力された情報をもとに簡易的な審査結果はシミュレーターの画面に表示されますが、登録したメールアドレスには詳細な診断結果が記載されたメールが送信されます。

資金調達シミュレーターの運用会社
社名:株式会社アレシア
本社:東京都新宿区山吹町261 トリオタワーノース4F
https://alesia-187.jp

資金調達シミュレーターのベースサービス
サービス名:
ベストファクター
URL
https://bestfactor.jp/

考察:ファクタリングも債権回収のリスク回避に使うのも1つの方法

2008年のリーマンショック前後から、このファクタリングについては、盛り上がってきた状況です。

しっかりとした債権をもとに、債権を回収するというのは、クレジットカードなどの決済代行に近いサービスのイメージもあります。今では、債権回収の部分で、取引先の異議がなければ、回収代行だけをするサービスも、BtoBビジネスではたくさんあります。

実際このベストファクターは売掛先への通知・承諾が不要で使えるサービスでもあるので、ファクタリングサービスとしてはしっかりしていると思います。

さらにこのファクタリングサービスを手数料2%~で提供しているので、100万円の債権で、2万円~の手数料なら、安いと思うケースもあるかもしれません。

ただ、半面で、ファクタリングは、赤字経営・債務超過・税金滞納といった理由で銀行の与信を通らなかった法人でも活用でき、さらに、無担保・無保証人のサービスでもあります。結果、ファクタリング会社自体の貸し倒れ、なんてことにもなりかねません。

利用方法、社会的な意味合いもしっかりと考えながら、このファクタリングサービスについても利用を検討してください。

出典:@Press
より簡潔で迅速に資金調達を行えるサービス 「資金調達シミュレーター」を“ベストファクター”が サイトへ導入し、2019年3月1日より取り扱いを開始
https://www.atpress.ne.jp/news/178569