【動画マーケティング】企業サイトPR Youtube 動画 活用 方法 まとめ

大手メーカーの場合、商品の紹介や、TV-CMの公開などで、積極的に活用されているyoutube動画。ユーチューブは、PV、UUといったアクセス数への貢献なども含め、企業のPRには、非常に有効的とされています。

動画マーケティングは、集客だけではなく、コンテンツによっては、非対面でのマニュアルとして、説明としても効果が出ている状況です。

しかし、メーカーとIT以外の企業のPRでは、あまり利用されているケースが少ないのが、youtubeを活用した動画マーケティングです。

そこで、今回は企業サイトでも、ぜひ、youtubeを使ってみてほしい!と感じているので、企業PR における youtube 動画 活用 方法を簡単にまとめてみました。

Youtube 動画 気軽に始めてみるのも、ありですよ!

Youtube 動画 活用 方法

Youtube 動画 は、なんといっても、見てもらうためのものです。

それゆえ、見てもらえるような動画コンテンツ作りをしましょう。

見てもらえる動画コンテンツは、いくつか理由、ポイントがあります。
当たり前のことですけどね。

  • 面白い 笑える
  • 役に立つ
  • 人気
  • シリーズもの
  • 知識になる
  • 海外、旅行

といったコンテンツです。

企業のPRを目的とする場合、面白い動画コンテンツを作るのは、なかなか難しいと思います。

理由は簡単で、面白い!と思ってもらえるようなコンテンツは、非常にクリエイティブ性が高いだけでなく、人の感情を揺さぶるコンテンツだからです。

気軽に作れるものではなく、難しい部類の動画コンテンツになるでしょう。

企業PRを目的とするなら、

  • 役に立つ
  • 知識になる
  • シリーズもの

といった観点が、1番作りやすいと思います。

こんなお悩みに、これ!というのは、わかりやすいSTORYで、動画としては、非常に作りやすいと思います。

まずは、ここから始めるのが、youtubeの動画コンテンツとして、やりやすいと思います。

そもそも、企業が提供しているサービス、商品は、そういったお悩みや課題を解決できるもののはずなので、上記については、作りやすい動画コンテンツになるはずです。

シリーズものの動画を作ると、わりと継続して、見てもらいやすくなるので、そこも重要です!

再生リストなどを作って、シリーズものを作っていくといいですね。

XXが、XXを使ってみた!などのシリーズものの動画コンテンツなどもいいかもしれません。

動画コンテンツ タイプ

さて、せっかくなので、youtubeなど、動画コンテンツのタイプについて、まとめてみましょう。

動画コンテンツをまとめておく理由は、動画コンテンツを作るうえでのアイデアになるからです。

  • マニュアル
  • ノウハウ
  • howto ハウツー
  • 商品・サービスの体験 実績 事例 レビュー
  • 商品・サービスの実演
  • アクション

この辺が動画コンテンツのタイプとなります。

PRしたいターゲットが興味関心を持つ動画を作る

企業PRの場合、PRをしたいターゲットがいるはずです。

その対象に向けて、興味関心を持ってもらえるよう、ターゲットを意識して、動画制作をしていくのは重要ですね。

それゆえ、告知したいターゲットのペルソナを決めておくと、動画を作りやすくなりますね。

たとえば

  • 性別
  • 年代
  • 興味関心のカテゴリー
  • 悩み
  • 収入
  • 子供の有無
  • 配偶者の有無
  • 住所

など。

ただし、見込み客を意識して、動画を作っても、見込み客が必ずしも、見たい動画になるわけではないので、そこはご注意くださいね。

そのとき、そのときで、人間は感情も変わってきますし、思いつくキーワードも変わってきます。

しかし、あきらめないでください。

動画は累積されます。

動画をyoutubeにあげて、コンテンツの累積をしていくことで、動画は見られるようになりますから。

何分くらい撮影すればいいの? YouTube 動画 長さ

よく質問される話で、YouTube 動画 どのくらいの長さがいいの?という話があります。

  • Q:YouTube 動画 長さはどのくらいがよい?
  • A:5分以上推奨です。

Minimattersという動画制作のアメリカのプロダクションによると、youtubeの人気動画の平均値が4分程度で、そのくらいを検討した方がいいとのこと。

5分。

意外と、しゃべれます。

文章量で言うと、ざっくり、A4原稿用紙で4枚くらいはいけます。

ただ、早口になっても仕方がないので、3枚くらいの原稿で、間を作ったり、図を入れたりして、わかりやすい動画コンテンツ作りをしてみましょう。

ちなみに、現状のYouTubeでも、Yahooの検索結果でも、そして、本家本元のGoogle検索でも、時間が長い動画を、検索結果の上位に表示されやすくなります。

ある程度の動画の長さは重要です。

ちなみに、動画の長さのことを、動画の尺ともいいますので、覚えておいてくださいね。
ちなみに、個人的には、動画の長さは、10分以上で作るようにはしています。

動画 を 検索結果で表示されやすくするには、キーワード調査

youtubeでも、Googleでも、これは同じことですが、キーワード調査が大事です。

そして、そのキーワードを、コンテンツ(youtubeなら、タイトルや概要)などに、しっかりと入れることが重要です。

そこで、簡単に、youtubeで、検索されているキーワードを探せるツール。

Keyword Tool
https://keywordtool.io/jp/youtube

Keyword Tool 使い方のyoutube動画もつけておきます

Keyword Toolなら、無料でも使えます。

ユーザーの検索キーワードをさくっと調べるのに便利なツールです。

なお、YouTubeの他に、Google、Bing、Amazon、eBay、インスタ、ツイッターにも対応している特殊なサービスです

検索されるキーワードのイメージをつかむのには十分ですね。

もちろんのことですが、キーワード調査するなら、Google広告のキーワードツールなども活用できます!

そして、ubbersuggestなどでもいいですね。

【無料】SEOキーワード分析 Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方、SEO対策方法

■ youtube 動画 関連記事

【事例あり】YouTube カード 使い方 解説 動画マーケティング 効果 アップへ!
https://saras-wati.net/knowhow/about-youtube-card-jirei/

【YouTube ショートとは】動画の作り方 YouTube ショート 活用方法 メリットは?
https://saras-wati.net/knowhow/what-youtube-shorts/

【無料】youtube を 楽しくする 効果音 素材 無料サイト 厳選4サイト
https://saras-wati.net/knowhow/free-sound-effect-site/

【動画マーケティング】企業サイトPR Youtube 動画 活用 方法 まとめ
https://saras-wati.net/knowhow/youtube-video-pr/

【VSEOとは】youtube SEO、動画SEO 対策 絶対やっておくべき設定は?
https://saras-wati.net/seo/about-vseo/

動画分析!YouTubeアナリティクスを見る方法、ログイン方法
https://saras-wati.net/news/youtube-analytics1904/

簡単レポート YouTubeチャンネル&動画の効果分析、数値指標は?
https://saras-wati.net/news/youtube-report1904/

【初心者必見】YouTubeチャンネル 動画で集客する方法と事例
https://saras-wati.net/news/youtube-howto-movie1904/

広報担当者必見。YouTubeチャンネルの開設メリットと事例
https://saras-wati.net/news/youtube-merit-1904/

【2018年YouTubeランキング】「米津玄師」「U.S.A」「本田翼」「キッズライン♡Kids Line」などをyoutubeで見た?
https://saras-wati.net/news/youtube2018-ranking-201901/