【初心者必見】YouTubeチャンネル 動画で集客する方法と事例

2019年4月24日

Youtubeチャンネルを使って、自社の商品やサービスを紹介することのメリットについては、ご紹介しました!

広報担当者必見。YouTubeチャンネルの開設メリットと事例

今回は、実際に、企業がYouTubeチャンネルを使って、どうやって動画で集客をしていくか、その方法やノウハウ、事例をまとめます。

基本的には、YouTubeチャンネルを使って、動画で、何を訴求するか、誰に伝えるか、というポイントから、組み立てていきます!

Youtubeチャンネル、動画のターゲットは?

そもそも、誰に動画を見てもらうか?ターゲットとなるユーザー層はどんな人なのかを明確にしましょう。

どのように明確にするか。

  • 年齢
  • 住所
  • 年収
  • 家族構成
  • 仕事

これがターゲットの基本です。

たとえば、スーパーに来るような主婦層で小学生くらいの子供を持つ母親であれば、

  • 20~40代
  • 住宅地
  • 年収は300~800万円
  • 家族構成は、3~4人の家庭
  • 仕事は旦那はサラリーマン、主婦はパート、バイト

みたいにまとめていきます。

ここでより細かくできるかどうかは、とても重要です。商品やサービスから、どんどんドリルダウンして、メインのターゲットのイメージを細かくしていってください。

ターゲットは決まった!では、どういう動画で商品をPRする?

たとえば、上記のターゲットであれば、家でパソコンではYoutubeはあまり見ないことが想像できます。そこで、スマホで見るような動画で考えます。

そして、主婦層ですから、「お得」「節約」「お小遣い稼ぎ」という内容に興味関心を持ちます。また、子供の教育や、毎日の食事、老後のお金にも興味をもっていることでしょう。

こういうように、キーワードをたくさん考えていきます。

そのうえで、商品やサービスとの親和性を考えてPRしていきます。仮にトマトクリーム缶の商品をPRするなら、直球は、トマトクリームのレシピ動画です。ただ、ユーザーが見たいと思えるようなメリット、たとえば、時短レシピ!の動画にする、などになります。ほかにも動画を見たら、割引で購入ができるとか、そういうのもありですし、トマトクリーム缶を使うと、子供の成長に、こんなにプラス!というのもありですよね。

消費者が見たい動画を作る方法は?

当たり前ですが、動画は見たいからみますよね。それゆえ、見たいと思わせる動画を作ることが大事です。

消費者が見たい動画は、消費者が知りたい情報がわかりやすく、それでいて、メリットを感じてもらえる動画です。

Youtubeチャンネルに、TV-CMを入れておくのもありですが、プラスアルファの情報を追加していくことが大事です。エンタメ感を出すのもいいですが、クリエイティブ難易度があがります。

オススメなのは、自社のターゲット層の人にヒアリングをして、その人が見たい、見たくなる動画の情報が何かを明確にすることですね。

企業のYouTubeチャンネルの情報だからこそ、Youtuberがやるようなお遊びではなく、有益なコンテンツで表現をしていきましょう。ライブ動画にすることで、双方向のコミュニケーションを出すというのも1つの手法です。トイザラスさんは、ライブ動画を配信して、商品の説明をしています。動画を見て、消費者は、もっと、さっきのおもちゃの裏側を見てみたい!とコメントをすることができます。そのコメントがライブ動画に反映されて、紹介されたおもちゃがまた動画画面内に戻ってくる、などもあります。いい仕組みですよね。

Youtubeの動画を見てください!と声をかけるのも集客として有効

意外と、企業では実施しないPR方法ですが、効果的です。自社商品の紹介を動画で見てください。Youtubeにあがっているので、簡単に見れます!!という呼びかけを、営業がしていくという手法です。

リアルな声の集客は効果的です。一歩一歩の方法にはなりますし、地味ですが、動画マーケティングの1つの効果的な集客方法です。

Youtube広告も集客の方法の選択肢の1つ

Youtube広告を活用して、集客する!というのも1つの方法ですね。お金はかかりますが。

youtube広告についての詳細は、こちらにも記載しています!!

【初心者向け】YouTube 4つの動画広告 利用シーンと課金方法

 

YouTubeチャンネル 企業の動画事例:楽待

株式会社ファーストロジックという会社が掲載しているYoutubeチャンネルです。
https://www.youtube.com/user/RAKUMACHI?sub_confirmation=1

この楽待は、収益物件数No.1の不動産投資サイトで、国内最大級の規模で展開しているそうです。

ここの動画は面白いです。

  • 不動産投資家へのインタビュー
  • 収益物件の見極めポイント
  • 不動産投資に関するお役立ち情報

を動画で紹介しているんです。

楽待の実際の動画はこちらです!数字でタイトルも掲載内容が明確!!

ターゲットが明確でメリット訴求がしっかりできています。初心者からベテラン大家まで、不動産投資で失敗することがないように、いろいろな不動産投資情報を動画で展開しているので、見る価値があるわけですね。

YouTubeチャンネル 企業の動画事例:タカラトミー

おもちゃのタカラトミーです。
https://www.youtube.com/user/takaratomychannel

タカラトミーのYoutubeチャンネルは、ほぼ毎日5時に配信しているそうです。
こういう時間を、スケジュールを提示するのはいいですよね!!

視聴回数が100万回突破している動画が15本以上あります!
ターゲットは子供ですが、親子というキーワードで展開しているようです。

人気の動画は、以下のシリーズです。

  • リカちゃん
  • トミカ警察
  • デュエマ

2019年5月現在 チャンネル登録数も75万人を突破しています!!

YouTubeチャンネル 企業の動画事例:公文

公文のyoutubeチャンネル。

くもん、いくもん♪チャンネル(教育)という名前です。
https://www.youtube.com/user/kumonch

「夢をかなえる」シリーズとして、生徒や先生、保護者からのインタビューコンテンツ。将来なりたい自分になるための人間力をはぐくむ場を提供しているそうです。
実体験というリアルさがいいかもですね!!

誰が見るんだろう、というくらい視聴されていて、3万視聴回数を超えている動画もあります。

0・1・2歳のお子さまに向けた教育サービス「Baby Kumon」の動画もあります。

チャンネル登録者数は2万を超えています!!

SocialDog