Webhookとは【アプリ連携で自動化を促進】webアプリケーションをもっと便利に

IT業界で、いま、いろいろなシーンで登場するキーワードの1つ、Webhook。

しかし、Webhook(ウェブフック)って、何?という方もいらっしゃると思います。

今回は、そんなWebhook(ウェブフック)について、まとめてみました!!

Webhookとは

Webhookは、ウェブフックと呼ばれています。

Webhookとは、プログラム上で発生した更新情報を、ほかのアプリケーションに、リアルタイムに通知する仕組みのことです。

わかりにくいので、実例をあげます。

Webhookの例としてわかりやすいのが、Dropboxとslackの連携です。

  • 私が、Dropboxに、ファイルをアップロードします。
  • すると、Dropboxが、特定のSLACKのチャンネルに、ファイルがあがったことを記載してくれます。

このときに、動いている仕組みが、Webhookになります。

要するに、アプリケーション上、何かが起きたときに、その起きた事象をほかのアプリケーションにリアルタイムに伝えてくれるシステムです。

上記は、webフックのイメージを簡単に説明した動画です。webhookとは何かが、わかりやすく解説されています。

ちなみに、さらに。。。専門的な話をすると、

Webhookは、アクションが起きたとき、指定したURLにPOSTリクエストする仕組みのことをさすケースが多いです。

GETリクエストではなく、POSTリクエストなのです。

いままで、アプリケーション連携といえば、GETリクエストを中心とした、API連携がメインでしたが、APIでのやりとりとWebhookでのアプリケーション連携は何が違うのでしょうか?

APIとWebhook 比較

Webhookと、APIを比較してみましょう。

APIは、Application Programming Interfaceの略称です。

APIで有名なものは、facebookやtwitterでのログインができる、ソーシャルログインの機能です。

あれは、たとえば、食べログなどのサイトへのログインが、ツイッターのログインアカウントなどでできる機能ですね。

Googleアカウントでログインするなどもあり、とっても便利です

しかし、APIは、プログラム的には、あくまで、リクエストが先に必要となります。

ユーザーが情報を送って、ログインをリクエストして、からの、レスポンスです。

Webhookの場合は、こちら側のアクションを必要とせずに、レスポンスができます。

先程説明した、dropboxとSLACKの連携では、SLACKには、何もリクエストしていませんが、SLACKに、情報が届きます。

このように、アプリ間での連携で、非常に効率的なのが、Webhookなんですよね。

なぜ、いま、Webhookなのか?

どうして、いま、IT業界で、Webhookが盛り上がってきているのでしょうか?

Webhookが盛況になってきている理由は、

  1. ノーコード、ローコードツールが活況
  2. webアプリケーションが増加
  3. デジタルマーケティングの強化、促進
  4. 働き方改革

上記の4つが、主だった理由だと思われます。

とにかく、Webhookは、デジタルマーケティングツールと相性がいいです。

さまざまな情報の通知、データ送信を自動的にしてくれるからです。

アクセス解析ツールで、1万PVになったら、メールが飛んでくる

これはアクセス解析ツール側で、メール送信の機能が必要ですが、Webhookの機能があれば、メールではなく、slackやchatworkなどと、さまざまなツールと連携できます。

とても便利ですし、業務効率化につながります!

これは大きいですよね。

Webhook できること

Webhook できることを簡単にまとめると、

ユーザーは、アプリケーションへのアクション1つで、複数のアプリケーションに通知などができるようになります。

その結果、

  • 何かのアクションをする
  • その内容の通知が自動的にされる

ということができます。

ネットを考えずに、普通の業務で例えてみます。

  • 企画書を作りました。
  • それを、上司に確認するために、上司に伝えます。

この2つのアクションのうち、下のものを自動的にしてくれるのが、ウェブフックのできることなんですよね。

1つのアクションがまるまる不要になるのです。

この例であれば、上司への報告で、細かいメールを書く必要もありません。

それゆえ、

  • 速い
  • 誰でもできる

ということが現実になります。

とはいえ、現実社会で、この運用をするには、ある程度、ルールを作らないと、運用がまわらないでしょうし、怒る人も出てきそうですが。。。

Webhook 利用できるアプリ

さて、ここで、そもそも、Webhookが使えるアプリケーションの例をご紹介します。

もちろん、以下以外にもたくさんWebhookに対応したサービスはありますよ!

  • Slack
  • ChatWork
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • GitHub
  • トレロ Trello
  • Shopify
  • Dropbox
  • エバーノート Evernote
  • Zoom
  • Zoho
  • stripe

ちなみに、ストライプのWebhookについてのページです。
https://stripe.com/docs/webhooks

大手サービスになりますが、結構あります。

海外のITツールは軒並み導入していますね!

webhookを活用すると、

ワードプレスで作成したお問い合わせフォームからの通知を

SLACKで受け取るなども可能です!

設定方法は、以下のサイトなど、参考になりますよ!

WordPressでメールを送信したらSlackに通知する方法

WordPress プラグイン slack-contact-form-7 で入力内容まで Slack に送るプチハック

まとめ Webhook 便利! アプリ連携を今後はBtoCでも活用!?

いかがでしたでしょうか?

Webhook、便利ですよね。

Webhookとは、アプリ連携の仕組みで、1つのアクションで、その内容を自動的に通知をしてくれる仕組みです。

Webhookがあれば、ユーザーのアクションログなども、SLACKに、ガンガン残せますね。

ビジネスやマーケティングツールと非常に相性がいい、Webhook。

APIとの比較も書きましたが、今後、どんどん、Webhookを活用したサービスが増えていくと思います。

こういった通知を自動化できるツールは、運用ルールがしっかりすると、ビジネスをどんどん高速化してくれます。

また、Iot系との相性もいいですよね。

Iotで、子供が、駅を通過したら、LINEやSLACKなどに通知が来る。

これって、めちゃくちゃ便利ですよね。

ヤマトさんでも使ってほしいですよね。

いま、近所の倉庫から発送でました!みたいな通知ですね。

IFTTT より 無料で利用できる【Integromat】人気 webサービス 連携 を快適に