【YouTube ショートとは】動画の作り方 YouTube ショート 活用方法 メリットは?

2021年、アメリカ時間5月11日に、Youtube関連で衝撃的なニュースが出ましたね。

YouTubeは、「TikTok」に対抗する短編動画機能「ショート」のコンテンツを作るクリエイターを支援するため、1億ドル(約109億円)の基金を創設することを明らかにした。また、ショート動画に広告を掲載するテストをまもなく開始すると予告した。

引用 CNET JAPAN
YouTube、短編動画「ショート」の制作者を支援する100億円基金を創設へ
https://japan.cnet.com/article/35170588/

ユーチューバーがインフルエンサーとして非常に注目されるようになっている、2021年。しかし、なかなか新たにユーチューバーになるのは難しいですよね。

ですが、新たな YouTube ショート という短尺動画のプラットフォームなら、まだまだ、youtuberが、参入しきっていないので、チャンスはあるかもしれません。

この記事では、2021年注目のYoutubeの新しいプラットフォーム、YouTube ショートについて解説していきます。YouTube ショートとは?どうやって、動画を作ればいいのか、など、まとめてまいります。

YouTube ショートとは

参考)Youtubeヘルプ YouTube ショートの利用を開始する
https://support.google.com/youtube/answer/10059070?hl=ja

YouTube ショートは、英語だと、YouTube shorts と書きます。

YouTube ショートとは、youtubeが、満を持して、サービス開始をした、短い尺(60秒以内)の縦型動画の配信プラットフォームです。

もともと、Youtubeは、長編動画では、ゆるぎない地位を築いていましたが、一方で、TikTok(ティックトック)やInstagram(インスタグラム)といった短編動画の配信サービスに対して、なんとかしないとと思ったのでしょう。

急遽YouTube ショートという短編動画のプラットフォームを始めました。実は、このYouTube ショートは、2021年5月11日時点でも、まだ、ベータ版のサービスとなっています。

基本、YouTube ショートは、スマホの縦表示で見るものになっています。
縦スワイプで、次の動画次の動画と、めくるように、遷移できるようになっています。この辺の仕様は、TikTok(ティックトック)やInstagram(インスタグラム)とは、少し違うかんじですね。

YouTube ショートは、上記で書いたように、スマホ向けのサービスなので、PCでは、同じようには見られませんので、悪しからずです。。

ネイティブアプリであるYouTubeアプリで、YouTube ショートの動画の編集は可能で、もちろん、YouTube ショートの動画投稿も可能です。

YouTube ショート 広告が表示されない

YouTube ショートは、まだ、ベータ版のサービスのため、広告を配信していないそうです。それゆえ、軽快に、いろいろなYouTube ショートの動画を閲覧できます。

ただ、逆を言うと、YouTube ショートは、youtubeで、お金を稼げません。また、そもそも、総再生時間にもカウントされない状況です。

しかし、冒頭で書いたように、近々、広告配信を、YouTube ショートでもしていくという発表がありましたので、これによって、広告収益が、YouTube ショートからもあがるようになるのでしょうね。

YouTube ショート で 行う 動画マーケティング

YouTube ショートでは、まだ、広告収益が得られないので、代わりに、どんなメリットを目指して、YouTube ショートの動画を作ればいいのでしょうか?

答えは簡単。

  1. Youtubeチャンネルの宣伝、登録促進
  2. ダイジェスト版動画で、本編動画の告知

この2つのことが、YouTube ショートでのメリットです。

YouTube ショートは、動画は短いですが、チャンネル登録促進には、もってこいのUIになっていますので、実は、けっこう、チャンネル登録者数が増えます。

また、そもそも、YouTube ショート、投稿している数が、youtube動画に比べると少ないので、関連動画として紹介されやすいです!!

YouTube ショート 動画の作り方

YouTube ショートの動画の作り方は、結構単純です。

以下の3つです。

iphoneなどで、以下の条件に合うように撮影したら、

  1. 60秒以下(推奨15秒)
  2. 縦型(9:16)
  3. タイトル 説明欄に #Shorts というテキストの記載

これでOKです。

Youtubeに投稿してみましょう。

あとは、勝手に、YOUTUBEが、この動画はYouTube ショートだと、認識してくれて、YouTube ショートとして、動画配信をしてくれます。

YouTube ショート になりうる 60秒以下の動画事例

YouTube ショート にカウントされうる、60秒以下の動画事例をご紹介します。

こういうのこういうの。というイメージがわくかもですね。

2019岩崎本舗CM 贈り物編

【アイシー・スパーク】 TVCM「シロクマ博士の発明」篇 30秒 ICY SPARK TVCF

【肩甲骨はがし】瞬間30秒!セルフ整体でバキバキ肩こりがスッキリ

 

こういった短い動画の探し方は、youtubeの検索窓から、30秒 とかで検索すると、結構簡単に見つかりますよ!!

まとめ YouTube ショート これからが気になる!

YouTube ショートって、なんか、見たことないってイメージの方も多いかもですが、これを機に、YouTube ショートについての理解が深まればと思います。

YouTube ショート いかがですか?やってみませんか?

実際、YouTube ショートは、これから、順次サービス拡大されそうです。

YouTuber になりたい方だけでなく、企業の方も、YouTube ショートを活用してのwebマーケティング、ぜひ試してみてくださいね。

web広告の課金形態を初心者向けに3分解説してみました