【VSEOとは】youtube SEO、動画SEO 対策 絶対やっておくべき設定は?

seo

今やYouTube(ユーチューブ)は、日本でも、多くのユーザーに見られる動画プラットフォームになっています。

月間のアクティブユーザー数は国内だけで6,200万人、世界的には20億人

引用)ifm-lab SNSの特徴やユーザー層の比較とマーケティングへの活用方法
https://collatech.co.jp/ifm-lab/sns/7028#YouTube

とにかくユーザー数が多いです。それゆえ、動画が見られるかどうかは、youtubeの検索結果の上位に表示されるかどうかも重要になってきます。

そこで、今回は、VSEO(Video Search Engine Optimization)について、取り上げてみました。YouTube用に、動画を撮影したけど、実は、ちゃんとできていない設定、情報登録がないように、いろいろとお伝えしていきます!

VSEOとは

VSEOという言葉が、動画マーケティング、動画のコンテンツマーケティングでは登場します。

このVSEOとは、Video Search Engine Optimizationの略称です。

要するに、動画の検索エンジンでの、SEO対策、検索結果に対する上位表示対策になります。

そうなると、VSEOの基本は、youtube SEO になってきます。

ちなみに、youtubeはクリエイター向けの情報サイトも用意してくれています。

youtubeでわからないことが登場したら、このyoutubeクリエイターアカデミーを読んでみましょうね。

youtube クリエイター アカデミー
https://creatoracademy.youtube.com/page/home

通常のGoogleなどに対して行うSEOの場合は、webサイトのコンテンツの質を上げることが重要とされます。

しかし、youtube SEOはちょっと違います。なぜなら、動画の中身まで、Google、Youtube側では分析できないからです。

それゆえ、YoutubeSEOでは、重要視されることが変わってきます!

youtube SEO 基本 重要視されること

youtube seo

さて、youtube SEO では、何をもって、検索順位を見ているのでしょうか?

この基本的な質問に対しての回答は、

  1. キーワード
  2. 動画の長さ
  3. ハッシュタグ
  4. タイトル
  5. 説明文
  6. 総再生時間
  7. 高評価の数
  8. サムネイル

上記になります。

1つ1つ解説していきましょう。

youtube SEO キーワードが重要?

これは、通常のGoogleのSEO対策と同じ話です。

そもそも、検索される回数が少ないキーワードで、SEO対策をしても意味がないので、キーワードの対策は重要です。

キーワード。

どうやって探すのがいいでしょうか?

  • Googleトレンド
  • Googleサジェスト
  • Ubersuggest
  • キーワードプランナー

といったwebツールを活用してみましょう。

Ubersuggestについては、過去にこのように解説もしていますので、参考にしてみてくださいね。

【無料】SEOキーワード分析 Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方、SEO対策方法
https://saras-wati.net/news/ubersuggest-seo-tool1902/

いずれにせよ、キーワードの選定は重要です。

そして、必ず、対策するキーワードは、

  • タイトル
  • 説明文
  • ハッシュタグ

に入れ込みましょう!

これは、最低限のVSEO対策ですね。

VSEO対策 動画の長さ どのくらいがいいの?

意外と、ここは、重要です。

GoogleがYoutubeで広告表示をする際に

10分以上の動画だと、広告料金が変わる!などの話をあげています。

ここは、関連性があると思います。

とはいえ、長い動画を作り続けるのは、難しいです。

そこで、まずは、この10分を目安に、動画を作るようにしましょう。

ですが、原則、長い動画は見られにくいです。

動画の冒頭15秒で惹きつけるように、動画は作るようにしましょう。

15秒は、意外と長いです。

ざっと動画の概要を語るのはありですね。

結論からまとめるのは、英語の文法でも同じです。

ハッシュタグ 説明文 に 登録 VSEO対策 へ

Youtubeの動画をあげるときに、タグの設定ができます。

それとは別に、動画の説明文にハッシュタグを入れてください。

説明部分に「#キーワード」を入れるだけです。

複数なら、「#キーワード1 #キーワード2」と入力してください。

ハッシュタグを入力するとタイトルの上にリンクとして表示されます。

なお、ハッシュタグの個数は3つくらいにしぼりましょう。

多すぎるとハッシュタグが効かなくなります。マイナス効果になりえます。

気をつけてください。

タイトル 具体性が重要。Youtube SEO でも 同じ

タイトルは、60文字以内に収め、具体的に書きましょう。

キーワードもちりばめて。

また、動画自体を説明できるように。

そして、数字や具体的なワード、そして、パワーワードを活用しましょう。

「ダイエットの動画」というタイトルにしても、見られにくいです。

「餃子ダイエットの秘訣 実践方法 7つ の レシピ」

というかんじにすると、ぜんぜん違いますよ!

VSEO対策に! 説明文 URL登録や関連動画紹介も

テキストはとても重要です。

説明文のテキストは、しっかりと書き込みましょう!

また、リンク先などのURL登録も行いましょう。

意外と、説明文で、このURLを記載していなかったり、しているケースが多いので気をつけてみてくださいね。

なお、あまり長いと、1部分しかでなくなります。

短縮URLを活用するのもありです。

また、ハッシュタグや関連動画の紹介も忘れずに!

総再生時間 は VSEO 重要指標

これ、実は、検索結果で、上位に表示させるコツでもあります。

総再生時間も、youtuberが、Googleから広告を表示してもよい!と許諾をもらうための指標になっています。

それゆえ、再生時間数が長い動画ほど、評価は受けやすいのが現実でしょう。

再生時間を稼ぐには、

リピーターの獲得が重要です!

リピーターを増やすためにも、動画コンテンツのクオリティアップは重要ですね。

PRできるように、動画コンテンツを、自社サイトや、SNSなどへ投稿していくことも、大事とされているのは、ここの再生時間を稼ぐためでもあります。

twitterや、facebookを活用して、動画の再生回数を増やしていくと同時に、再生時間をのばせるようにしていきましょう!!

VSEO対策に 動画 高評価 数 を 増やそう!

評価される動画は、貴重です。

評価があるがゆえに、動画の露出は増加し、検索結果でも上位表示されやすくなります。
積極的に、評価されるように、動画を作っていきましょう。

そのためにも、説明文やタイトルが重要になってきます。

もちろん、動画のクオリティ、内容も大切ですが。

いい動画は、何度も見られ、評価もされますからね。

それゆえ、最近は、タレントを活用した動画も増えてきていますね!

サムネイル は オリジナル画像で。動画 わかりやすく解説

何の動画なのか、ぱっとみてわかるように、サムネイルで情報をまとめましょう。

サムネイルは、画像なので、目立たせることも重要です。

クリック率を高める要素になるので、しっかりと作りましょう。

YouTubeの公式ガイドラインでも、オリジナルのサムネイルをおすすめしていますので、そこは意識して、サムネイル作りをしましょう。

成果を挙げている動画の 90% ではカスタム サムネイルが使用されています。

引用:YouTube クリエイター アカデミー『効果的なサムネイルとタイトルを作成する』
https://creatoracademy.youtube.com/page/lesson/thumbnails#strategies-zippy-link-2

まとめ youtube SEO 動画SEO しっかりとした情報登録 が 重要

いかがでしたでしょうか、VSEO

youtube SEO、動画SEOは、本家GoogleのSEO同様、しっかりとした情報登録がモノをいいます。チャンネル登録者を増やしたい場合でも、再生回数を増やしたい場合でも、まずは、動画に対しての付帯情報を多くしないとですね。

そうしなけれは、youtubeの検索で、検索結果に上位表示されにくいです。結果、動画のクリック数も減って、再生数アップにもなりません。

ぜひ、youtube SEO、動画SEOについて、この記事を参考にしてみてくださいね。

無料 youtube 動画配信 なら OBS Studio が おすすめ な 理由