【みんなの悩み】Google広告 費用 目安 は? 広告予算 の かけ方 調べ方 解説!

ネット広告の相談を受けるときに、本当によく聞かれることは、リスティング広告は、いくらかけたらいいの?とか、検索エンジン広告の予算感は?という質問です。

この質問はリスティング広告をしたことのある人からも、もちろん、過去にGoogleや、Yahooの広告を経験したことのない人からも質問されます。

実際、いくらで広告費を計上すればいいのか、わからないという純粋な気持ちもあるでしょうが、責任を押し付けたい!という意図があるケースもあるので、困ったな、と思うこともあります。しかし、真摯に対応したいですよね。

そこでこの記事では、リスティング広告の最王手、Googleの場合、Google広告 費用 目安について解説をしていきます。これによって、自社の広告予算のかけ方、調べ方、検討の仕方などを考えてもらえればと思います。

web担当者、ネット担当者、ECサイトの店主、経営者の方、必見ですよ!

Google広告 費用 目安 算出方法

そもそも、Google広告の費用は、リスティング広告+ディスプレイ広告+Youtube広告の和になります。

それゆえ、まずは、何に広告を出したいかを明確にしましょう。

ただ、ほとんどのケースは、リスティング広告になるので、リスティング広告について、解説していきます。

リスティング広告の費用を因数分解しましょう。

リスティング広告 費用 = クリック数 × クリック単価

これがリスティング広告 費用 方程式です。

つまり、Google広告 費用 目安 の 算出方法は、クリック単価次第なんですよね。

では、このクリック単価、どうやって、算出されるのでしょうか?

Google広告 クリック単価

Google広告の課金は、

  1. CPM課金型(インプレッション課金型)
  2. CPC課金型(クリック課金型)

の2種類ですが、リスティング広告の場合、基本、CPC課金になります。

Google広告におけるクリック単価は、広告や設定によっても、大きく揺れることがあります。クリック単価 10円以下のケースもありますし、キーワードや設定によっては、1クリック 1,000円超という、バカ高いクリック単価になるケースもあります。

たとえば、以下のキーワードなどはクリック単価は高いです。

  • 転職
  • クレジットカード
  • エステ
  • スマホアプリ
  • ゲームアプリ

こういったメジャーで、よく検索されそうなキーワードは、クリック単価が高くなりがちです。

1ワードのキーワードのクリック単価は、上がりやすいので注意してください。

Google広告 クリック単価 要素

Google広告で、クリック単価が決まる要素は、以下です。

  1. 業界
  2. 商材 サービス
  3. 時期 季節
  4. 設定
  5. クリック率

この5つの要素が、クリック単価を左右します。

この中で、なぜ、設定が、クリック単価に影響してくるのでしょうか?

これは、最近のGoogle広告が、自動化を促進しているためです。

今までは、クリック単価を、X円まで!という設定をしているケースが多かったのですが、最近は、目標CV(コンバージョン)単価、X円 という設定をするケースが増えてきています。

これによって、目標のCV単価にいたるように、Googleが、自動的に、広告のクリック単価の入札をしてくれるのですが、これが、学習期間の少ないうちだと、いきなり、1,000円のクリック単価の入札をしたりします。

これはCVをとるために必要だと、Googleが判断したからですが、広告主からしたら、うーんとなってしまいますよね。

広告のクリック率も、おそらくクリック単価に影響していると思います。当たり前ですが、Googleからすれば、高いクリック単価で、クリック率の高い広告が1番うれしいです。しかし、次にうれしいのは、低いクリック単価で、クリック率の高い広告です。なぜなら、予算の消化が速く、かつ、ユーザー(検索利用者)が求めているものと判断するからです。

Googleはユーザーに優しいですからね。

また、広告を出す企業やサービスの知名度によっても、クリック単価の変動はありえます。これは、クリック率と同じ話ですが、知名度の高い場合、クリックされやすくなるからです。

結果、クリック単価は下がりやすくなります。つまり、無名な商品、企業は、その時点でも、少しマイナスなところから始まります。

Google広告 クリック単価 相場 調べ方

前述のとおり、クリック単価が、Google広告 費用 目安 に直結します。それゆえ、クリック単価の相場を調べることが、Google広告 費用 目安 算出につながります。

ということで、Google広告 クリック単価 相場 調べ方

簡単に、そして、無料でできる方法から!

Ubersuggest ウーバーサジェスト

Ubersuggestで、キーワードを入力してみてください。

Ubersuggest 公式ページ
https://neilpatel.com/jp/ubersuggest/

簡単に、クリック単価が出てきます。

たとえば、転職 と入力してみました。

CPC 1,660円

と、Ubersuggestでは、算出されました。

*2021/5/28時点

Ubersuggestについては、過去にご紹介しているので、詳細は、以下よりご覧ください。

【無料】SEOキーワード分析 Ubersuggest(ウーバーサジェスト)の使い方、SEO対策方法
https://saras-wati.net/news/ubersuggest-seo-tool1902/

Google広告 キーワードプランナー

キーワード系の話だと、Google広告 キーワードプランナー は 頻出のツールですね。Google提供のツールです。

Google広告 キーワードプランナー での調べ方は以下です。

  1. Google広告 ログイン
  2. ヘッダにある 運用ツール を クリック
  3. キーワードプランナー を 選択
  4. 「新しいキーワードの選択と検索ボリュームの取得」をクリック
  5. 調べたいキーワードを入力

これで、終わりです。

Google広告 キーワードプランナーが出した結果として、推奨入札単価を見てください。これが、クリック単価の相場になります。

しかし、結果を見てもらうとわかるのですが、意外と、安い金額で、クリック単価が出ています。経験上、こんなに安いクリック単価になることは少ないので、2割増しくらいで考えておいた方がいいです。

Google広告 費用 目安 調べ方

さて、上記の方法で、想定のクリック単価が算出されると、あとは、Google広告 費用 目安 の 調べ方 は、簡単になります。

たとえば、想定クリック単価が100円としましょう。

続いて、クリック数の予測を立てればいいのです。

クリック数の予測方法は、計算が簡単です。

月間に、100件、グーグル広告から、購入してほしいとしましょう。

この場合、100件がエンドポイントです。

google広告から購入に至る確率は、だいたい平均的に、1~2%といわれます。

なので、

100 ÷ 1% = 10,000クリック

となります。

10,000クリックで、クリック単価が100円なら、予算は100万円!!

という計算になります。

1万円くらいの商材であれば、売上的には、とんとんですね。

ただ、新規ユーザー獲得コスト(CPO)で、1万円なら、悪くはありません。

購入後に、リピートや、アップセル、クロスセルをかけていくことで、LTVを高めていけばいいからです。

単価が低い商材だと、利益率が高くないと、リスティング広告はあいませんね。

まとめ Google広告 費用 目安 は 希望 CV 数を 質問 すると わかりやすい

いかがでしたか、Google広告 費用 目安 について。

クリック単価の調べ方がわかったと思うので、自社商品、サービスについて、見てみてください。

Google広告 費用 目安 は、クリック単価に連動するのですから。

それゆえ、クリック単価をどう下げていくかは重要ですね。

ただ、傾向値として、つまり、だいたい、100件のCVを出すためには、100万円かかりそう!というくらいの判断をしておいたほうがいいのです。

それゆえ、Google広告 費用 目安 どのくらいがいいかな?という相談が来たら、何件のCV(コンバージョン)を獲得したいですか?

という質問をするといいですね。

以前にも説明しましたが、リスティング広告は、単価の高い商材でないと、あわないことが多いです。Google広告 費用 目安 の 調べ方 でも、これは、立証されますね。

Yahoo広告 できること Google広告 との 比較 違い を まとめてみた!