Yahoo広告 できること Google広告 との 比較 違い を まとめてみた!

インサイドセールス が 加速化 していることで オンライン広告 の 需要 は 増加 しています。最近では、多くの クライアント さまから web広告 をやりたい!というご相談をいただきます。

デジタルマーケティングといえば web広告 そして web広告 といえば Google 広告 のイメージが強いようで Google広告 やりたい!という 指名買い の話も多いです。しかし Yahoo広告 も、素晴らしい 広告媒体 広告手法 です。

ということで、今回は、改めて、Yahoo広告 について、まとめてみました。

Yahoo広告 と Google広告 の 比較 や、実際に 使ってみた感想 など、いろいろと解説をしていきたいと思います。

Yahoo広告とは

Yahoo広告 公式ホームページ
https://promotionalads.yahoo.co.jp/

言うまでもないですが、Yahoo広告は、Yahoo! JAPANが提供するweb広告になります。

Yahoo! JAPANの広告には、さまざまな種類の広告があります。

  1. 検索エンジン広告
  2. ディスプレイ広告

ここが主だったところですが、Google広告と負けじと、いろいろな機能がついているのが、Yahoo広告ですね。

昔は、オーバチュアというキーワードの広告名称だったYahoo検索広告も、リブランディングされて、今では、Yahooの検索エンジンの検索結果での広告となっています。

ちなみに、ツイッターのアカウントもあります。

Yahoo広告 公式サポート ツイッターアカウント
https://twitter.com/yj_adssupport

気になる Yahoo広告 ユーザー数 は

広告媒体となれば、やはり、広告主からすると、気になるのが、リーチ力です。

Googleに負けず劣らず、、、まではいかないとしても、Yahoo広告には、それだけのリーチ力があるんです。

そこで、Yahooメディアのメディア力、アクティブユーザー数は、どのくらいいるのでしょうか?

Yahoo!Japan 月間アクティブユーザー数

スマホ版 6,800万UU

PC版 2,100万UU

*2020年1月~6月の月間平均UU

引用 Yahoo広告 TOP
https://promotionalads.yahoo.co.jp/

スマホ版のUU数は、とても多いですよね。

日本の人口の50%に近い数字になっています。

ソフトバンク携帯(スマホ)のポータルは、Yahooになっているので、その影響力も高いのではないかと推測されます。

Yahoo広告 種類

Yahoo広告としては、基本、この2種類が、Yahoo広告として、販売されています。

  • 検索広告
  • ディスプレイ広告(運用型広告 DSP広告)

検索広告は、Yahooの検索結果に表示される検索キーワード連動型広告です。いわゆる、リスティング広告ですね。

広告代理店などでは、Yahooリスティングと呼ばれます。

また、いつもの解説になりますが、Yahoo!広告の検索広告は、クリックに対しての課金形式で、クリック課金(CPC課金)となっています。それゆえ、検索結果に表示されただけでは、お金がかからないので、リーチ力は高いですね。

ただ、リーチ力だけなら、ディスプレイ広告の方がすごいリーチ力です。

ディスプレイ広告は、いわゆる、DSP広告で、Yahoo、Yahoo提携メディアにて、画像や動画のバナー広告を配信できるweb広告です。

過去には、YDNと呼ばれていた広告メニューです。

以下、Yahoo広告のDSP広告を解説している公式の動画です!

 

クリック単価は、Yahooの検索広告より、お安いので、使いやすい広告といえば、使いやすい広告ですね。

ちなみに、Yahoo提携メディアとして、主なところは、2020年7月現在で、

  • 朝日新聞デジタル
  • 食べログ
  • ライブドアブログ
  • クックパッド
  • ダイヤモンドオンライン
  • 東洋経済
  • TRILL
  • 毎日新聞
  • MSN
  • 読売新聞

があります。

詳細に、どんなサイトがあるのかを調べたいときは、以下の広告掲載サイトのホームページを見てみるのがいいですね。

Yahoo広告 広告掲載サイト
https://promotionalads.yahoo.co.jp/service/publisher/

クライアントによっては、ここはやだ!とかあるかもしれませんからね。

Yahoo広告 Google広告 比較

では、気になる、Yahoo広告と、Google広告の違いを比較していきましょう。

主なYahoo広告と、Google広告の違いは、こちらになるかと思います。

  • ユーザー層
  • 広告の掲載先
  • 広告表示オプション
  • ターゲティング
  • コントロールのしやすさ

1つ1つ解説をしていきますね。

Yahoo広告とGoogle広告 ユーザー層の比較

ユーザー層の違いは、明確ですね。

Yahoo広告は、比較的、シニア層への露出にも強いです。昔からあるので、というのと、Yahooニュースからの流れがあるからだと思います。

Google広告は、若い世代の方が多い気がします。

広告の掲載先の違いは明確で、Yahoo広告は、Yahoo系の媒体に登場します。しかし、当然ですが、youtubeや、Gmailには、広告掲載されません。

それは逆を言えば、Yahoo広告の場合は、Yahooメディアへの露出ができる、唯一の媒体、メディアなのです。

Google広告 広告表示オプションで強み

広告表示オプションは、広告を露出する際に、一緒に表示できる情報のことです。電話番号を掲載できたりします。

広告オプションは、Yahoo広告の方が、2020年9月時点では少ないです。

Yahoo広告では、

  • サイト内リンク(クイックリンク)
  • 電話番号
  • テキスト
  • カテゴリ

です。

Google 広告は、上記以外にも

  • アプリリンク
  • レビュー
  • 住所
  • 構造化スニペット
  • リードフォーム

なども掲載できるので、Google広告の方が、広告露出後のコンテンツ量は多いです。

それゆえ、Google広告の方が、CVRは高くなりがちです。

Yahoo広告 Google広告 ターゲティング 比較

ターゲティング分野でも、Yahoo広告とGoogle広告は違います。

最大の違いを3つ挙げると、

  1. Google広告は、子供の有無を絞って広告配信が可能
  2. Google広告は、エリアを半径 Xkmというかんじで商圏を絞って広告を配信できる
  3. YahooのDSP広告は、検索キーワードの履歴から広告配信ができる

この3つが大きく違います。

Yahoo広告よりも、Google広告の方が、地図情報をもっていることで、エリアセグメントしやすいわけです。

飲食店、エステ、マッサージサロンなど、店舗が決まっているビジネスの場合は、Google広告の方が効率がよさそうに見えますね。

Yahoo広告 Google広告 コントロースのしやすさ

最後に、コントロールのしやすさです。

正直、コントロールの仕方だけで言えば、自動化が行き届いているGoogle広告のほうが、コントロールはしにくいです。

Google広告は、目的を設定したら、その目的に対して、広告を自動配信していきます。その広告配信ロジックは、さすがGoogleです。

しかし、自動化の設定をすると、1日の予算を超えることもあります。

月間で、いくら以上はつかわない、というような設定にはなっているんですが。

Yahoo広告は、そういうことはありません。

安定して、コントローラブルなかんじで、予算を使えます。

その分、自動化はあまりされていないのか、設定を細かく見直したりしていかないといけないケースもあります。

特にCVを増やしたい!などの目的の場合、細かく、設定を、自らしていく必要性がありますね。

Yahoo広告 利用した 感想 レビュー

実際に、私が、Yahoo広告を運用している感想としては、Yahoo広告は、非常に安定して、数字を稼いでくれる!というイメージです。

ただ、CV数ではなく、どちらかというと、

  • 表示回数
  • クリック数

などです。

クリック単価だけでいうと、Google広告の方が安いことも多いです。

しかし、YahooブランドのYahooメディアに掲載されることで、CV数がとれることがあるのも事実です。

若い世代向けのスマホ広告なら、確かにGoogle広告なのですが、40代以上で、TVと連動した検索広告マーケティングであれば、Yahoo広告は、はずせないな!と感じます。

実際に、かつて、化粧品で、少し高めの基礎化粧品を、TV番組と連動してプロモーションした時は、Yahoo広告の方が多くのCV数を獲得できました。

Yahoo広告の方が、購入数が多かったのです。

また、予算管理は、Yahoo広告のほうが、圧倒的にしやすいです。

ただ、費用対効果を考えると、Google広告の方がいいこともしばしばだな~と感じます。
ここは、広告する商品、サービスによっても変わってくると思いますので、あくまでレビューだと思っています。

まとめ Yahoo広告 選択肢の1つとしてテストマーケティングすべきweb広告

Yahoo広告、いかがでしたか?

意外と、ああ!ということを感じられた部分も多いのではないかと思います。

また、クライアントビジネスでも、クライアントが、Yahoo広告を活用することで、YahooのTOPページに掲載されると、喜んでもらえるケースも多いです。

ブランディングがされているYahooという媒体の強みですね。

Googleは、大量の広告配信面をもっている強みがあります。

広告の表示方法も非常に多いです。

そして、自動化もされている、非常に優秀なデジタル広告です。

しかし、掲載面に関しては、日本においては、Yahooは、大きな武器です。

年代が上になるほど、Yahoo広告の効果は高い気がしています。

Yahoo広告はそういった点を考えても、テストマーケティングの対象として考えるべきです。

予算比率をGoogle広告とYahoo広告でわけてみて、テストマーケティングするのもいいと思いますし、月でわけてみて、実施してみるのもいいかもしれません。

Yahooを活用した広告配信も、検討してみませんか。

 

youtube動画は、SEO対策になるのか?