2018年度SNS利用調査:満足度第1位がyoutube、2位がインスタグラム

2018年12月18日に株式会社ICT総研(東京都千代田区)が発表した、2018年度のSNS利用動向調査。面白い結果が出ていました。

個人的に面白かったのが、youtubeが利用満足度1位だったこと。僅差で2位がインスタグラム(instgram)だったことですね。Youtubeが、TVのような扱いになっているのを感じました。

また、ツイッター(twitter)が相変わらず、利用率で43%もあるというのも面白い結果だったなと思っています。

今回はそんな2018年のSNS利用調査結果の中から、抜粋して、ご紹介します!!

2018年度SNS利用調査 概略

2018年度SNS利用調査の結果をまとめると、以下の通りだそうです。

  • 日本のSNS利用者は7,523万人(普及率75%)、2020年末に7,937万人へ拡大
  • ネットユーザーに占めるLINE利用率は81%、ツイッター 43%、インスタグラム36%
  • 利用者満足度1位はユーチューブで79.7ポイント、インスタグラムが78.5ポイント
  • LINE利用者の40%、インスタグラム利用者の54%が利用時間増
  • SNS利用目的「知人の近況を知りたい」40%、「人とつながっていたい」36%

SNSって、本当に市民権を得たんだな~と感じる数字ですよね。

日本のSNS利用者は7,523万人、普及率75%

日本国内におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)の利用者(アクティブユーザー)は年々増加中。2018年末には7,523万人に達する見込み。2018年の年間純増者数は307万人見込み、1ヶ月平均で約26万人の利用者増加中。

年代でいうと、SNS利用者は40〜60代以上の年齢層にも拡大。

LINE利用率は81%、ツイッター43%、インスタグラム36%

SNSサービスの利用率が高かったのは以下の通り。

  1. LINE(ライン)80.8%
  2. Twitter(ツイッター)42.8%
  3. Instagram(インスタグラム)35.8%
  4. YouTube(ユーチューブ)34.0%
  5. Facebook(フェイスブック)31.2%
  6. Skype(スカイプ)8.4%
  7. TikTok(ティックトック)7.1%

もちろんSNSを重複して利用する方も数字的には入るでしょう。
2017年との比較では、

  • Instagram、LINE、Twitterの利用率が向上
  • Facebook、Skypeの利用率は伸び悩み。
  • 急上昇は、インスタグラムとTikTok

ここまで、Tiktokが伸びるとは思いませんでしたね。しかし。マスコミの効果が大きいですね。

利用者満足度1位はYouTube(ユーチューブ)、2位はインスタグラム

主なSNSの利用者満足度に関するアンケート結果は、YouTube(ユーチューブ)の満足度が79.7ポイント、インスタグラムが2位で78.5ポイントだった。3位はLINEで78.4ポイント。

そして面白いのはTikTokで76.8ポイントで4位!5位はツイッターで74.9ポイント。この2つはある意味で時代の転換を感じますね!!

SNSへの投稿頻度

1日1回以上、SNSに投稿をする人は、以下のパーセンテージ。

  1. LINEが43%
  2. ツイッターが31%
  3. フェイスブックとユーチューブは15%前後

投稿における気楽さの違いですよね。このパーセンテージの違いは。

この調査は、SNS運営会社・関連企業への取材結果に加え、インターネットユーザー4,022人へのwebアンケート調査、各種公開資料などをまとめて分析したものだそうです。

出典:ICT総研
2018年度 SNS利用動向に関する調査
http://ictr.co.jp/report/20181218.html