デザインのカスタマイズ可能に!誰でもECのstore.jpが機能アップデート

ECサイトはたくさんあります。多くの会社がECサイトを持っているのが、2019年です。それは、電子決済をされることで、少しでも収益化ができるからです。
それも、自社サイトだけではなく、楽天やYahoo、ゾゾTOWNのようなECモールへも出店しています。

本気でECで売上を取りたい!というのであれば、これらのようなECモールへの出店は必須です。入り口は多数あった方が良いからです。

今回ご紹介するstore.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)は、誰でもすぐにECサイトができるという点でも、ECモールという意味合いでも、おすすめなECです。

しかも、2019年7月10日から、フリープランが大幅に機能アップデートしまして、デザインのカスタマイズができるようになりました。これは大きいですよね!

制限の機能が解放されたフリープラン、どのようになったのでしょうか?

store.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)とは

store.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)とは、最短2分で、簡単にオンラインストアがつくれるECプラットフォームです。

ストアーズ・ドット・ジェーピー URL
https://stores.jp

本当に簡単にECサイトができます!

現在、STORES.jpでは多数のジャンルでいろいろな商品が出品されているようです。

ECサイトのカテゴリは以下の7カテゴリ

  • メンズファッション
  • ウィメンズファッション
  • キッズファッション
  • ハンドメイド
  • フード・菓子
  • ドリンク・アルコール
  • その他

出品されているお店は以下より見れます!!

https://stores.jp/category

そんなstore.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)で、料金プラン変更があって、フリープランで機能が大幅に拡充されました。

ストアーズ・ドット・ジェーピーのフリープランで拡充された機能

フリープランは、月額固定費なし、0円のプランです。決済手数料はかかります。5%です。

主な機能アップデートとしては、

  • ECサイトのデザインカスタマイズが可能!
  • アイテム登録画像増加⇒15枚に!
  • 有料アドオンが無料に!
  • 電子チケットで0円販売が可能に!0円イベントの告知が可能

機能の詳細は下記をご覧ください。
https://officialmag.stores.jp/entry/news/20190610

そこで、ざっくり調べました。フリープランの機能で開放される機能

フリープランでできる機能一覧

  • 商品登録数無制限
  • 予約販売
  • まとめ販売
  • 再入荷お知らせ
  • クーポン
  • シール
  • ニュース
  • 告知ボード
  • シークレット
  • 年齢制限
  • 販売期間設定
  • 購入個数制限
  • レビュー
  • FAQ
  • オーダーCSV出力
  • 納品書PDF出力
  • ギフトフォーム
  • Google Analytics連携

むちゃくちゃ多いんですよね。機能が。すごい!!

Googleアナリティクス連携は、BASEにもある機能ですが、store.jpでもいよいよ無料でできるようになるんですね!

以下は有料プランにのみ

  • 独自ドメイン
  • 決済手段カスタマイズ
  • 代引き・Amazon Pay決済設定
  • アクセス解析機能
  • STORES.jp ロゴの非表示

独自ドメインについては、フリープランで開放して欲しかった機能ですね。

有料プランの名称変更と、決済手数料、月額料金を変更

さらに、2019年7月10日以降、変わったのは以下の話です!

  • 有料プランの名前が「プレミアムプラン」から「スタンダードプラン」に変更
  • 決済手数料も、5%から3.6%に値下げ!*一部です
  • 月額料金を980円(税別)から1,980円(税別)に変更。

月商8万円以上で現在のプレミアムプランよりお得になるそうです。

そして、月商20万円以上でフリープランよりも、
ランニングコストが低くなるのが、今回のスタンダードプランになるそうです。

つまり、月に20万円売れるなら、有料プランで、ECサイトをやりましょう!というかんじなんですね。

store.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)の運営会社

store.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)は、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社が運営しています!

コーポレートサイト
https://about.stores.jp

株主はヘイ株式会社
資本金 20億7,304万円 というビックな企業で
コイニー株式会社も、グループ会社として展開しています
https://hey.jp/

コイニー株式会社
https://coiney.com/corp/

キャッシュレス決済サービスのコイニー
https://coiney.com/

出典:ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社
ニュースリリース 2019.6.13
STORES.jp、7月10日〜サービス初の料金プラン変更!20機能をフリープランでも利用可能に
https://about.stores.jp/news/2019/06/13/598/

おすすめのショッピングモールの出店

楽天やYahooなどのECのモールは、たくさん出した方がいいです。ただ、コストを考えたら、いっぺんに複数を出すのは難しいですよね。

そこで、以下にECモールへ出店していくおすすめ順を記載していきます!

今回は出店費用や手間を考えての順番でのレコメンドです。

主なECモールへの出店順

  1. アマゾン
  2. store.jp、BASE
  3. Yahoo!
  4. 楽天、ゾゾ

というイメージです。

月額固定費がかからないという視点で展開していくと、こういう展開がいいかと思います。個人的な感想ですが。

商品詳細ページもSEOで集客していく

SEOに基づくホームページ設計術:商品詳細ページのSEO対策

Facebookページを使ったSEO対策なら。。。

【SEO対策】Facebookページ制作は効果的!?0から始めるfacebook