2020 厳選!定期購入 ECカート おすすめ 5選 製品 比較 もしてみました。

定期購入のできるECカートを探している方におすすめの記事です。定期購入ができれば、リピーターの獲得につながりますからね!すでに、ECサイト運営をしている方、また、これから、ECサイトを運営しようと思っている方におすすめな記事です。

そもそも、定期購入とは から、入って、定期購入機能が使えるECカートをおすすめ順にご紹介していきます。

定期購入 とは

定期購入は、わりと勘違いされがちな機能の1つですが、

簡単に言うと、特定タイミングで決済されて、定期的に商品が届くサービスです。

  1. 定期的に、購入(決済)がされる
  2. 自動的に商品が送られてくる

定期購入 とは、そういうサービスですね。

お客様のメリットは、

注文の手間が省ける

というのだけが基本です。

ECサイトによっては、定期購入すると、お値引きをするケースもありますね。

定期購入 おすすめ商品

定期購入の仕組みは、上記で解説したとおりですが、そのため、相性のいい商品とそうではない商品があります。

たとえば、自動車。

毎月同じ車を買う人はいないですよね。。。

定期購入 ECカートは、それゆえ、以下の商品を販売している方におすすめです!

  • 消耗品
  • 消耗スパンが1ヶ月前後
  • 重い商品
  • 日用品

上記のような商品が、定期購入カートで販売するのに、おすすめ 商品 となります。

ただし、

  • セレクトショップなどで、毎月面白い本を送ります!
  • 毎月、価値の高い 投資ニュースを送付します、

とか、そういったものとも相性はいいですね。

定期購入 ECカート 比較

では、定期購入 ECカート 比較 を始めていきます!

今回 定期購入 ECカート 比較 をするのは、以下の5つです。

サブスクストア
https://subscription-store.com/

楽楽リピート
https://raku2repeat.com/

リピートPLUS
https://www.w2solution.co.jp/Product/repeatplus.html

リピスト
https://rpst.jp/

侍カート
https://www.samuraicart.jp/

2020年6月15日現在の料金です。

ECカート初期費用月額費用
サブスクストア¥69,800¥49,800
楽楽リピート¥68,000¥49,800
リピートPLUS¥9,800¥9,800
リピスト¥29,800¥14,800
侍カート¥100,000¥70,000

*一番安いプランの料金を掲載

1つずつ、ご紹介していきます!

サブスクストア

サブスクストア公式ホームページ
https://subscription-store.com/

旧 たまごリピートで有名なECカートですね。

サブスクストアは、老舗の定期購入 ECカートなので、実績も多いサービスです。

利用シェアナンバーワンと呼ばれるだけの規模感があります。

大手企業も使っています!

コンサルティングサービスだけでなく、ロジスティックのサービスも提供しているので、もはや、ECでも、かなり大手のサービスになっていますね。

お笑いタレントロザンの宇治原さんを起用したCMも、ユーチューブで流していましたね。BtoBサービスとしては、珍しいですが。

単品通販の機能も持っています!

特徴的な機能としては

  • ソーシャルアカウントと連携するSNSログイン機能
  • LINEでのメッセージ配信機能

があります。

以下のように、定額制カフェなどでも使えるようですね!

参考)サブスクストア
話題の定額制カフェに注目!仕組みや店舗が受け取るメリットは?
https://subscription-store.com/know-how/subscription/20190722/

楽楽リピート

楽楽リピート公式ホームページ
https://raku2repeat.com

楽楽リピートは、ECカートだけではなく、CRMや、ステップメールなどの機能も持っている

マーケティング意識の高い定期購入 ECカートです。

D2Cビジネスにおいては、重要視される観点ですので、評価されています。

お役立ち資料として、以下のような情報も提供されています
https://raku2repeat.com/wp/

楽楽リピート契約事業者 定期継続率平均値

通販システムをリプレイスを進める時の失敗・成功を分けるポイントとは?

というようなコンテンツも充実しています。

楽楽リピート 導入事例を見ると、
https://raku2repeat.com/work/

めがね、コンタクトで有名な ゾフさん
https://zoff-contactlens.com/

が導入しているみたいですね。

ちなみに、2020年6月16日には、APIも公開されていました!

このAPIに関するプレスリリースによると、外部連携が圧倒的に便利になりそうです。

配送関連との紐付けがしやすくなるのは、アドバンテージの1つですね。

リピートPLUS

リピートPLUS ONE公式ホームページ
https://www.w2solution.co.jp/cp/repeatplusone_cp/

リピートPLUS の 一番安いプランである、リピートPLUS ONEをベースにご紹介していきますね。

ほかのECカートに比べて、圧倒的に、安いです。

トライアルで、定期購入をするなら、リピートPLUS ONEがいいでしょうね。

ステップメールなどのメール配信機能はないものの、ベースとなるECカート機能は、全部網羅されています。

アフィリエイト管理機能などもついています!

ECサイトを展開するうえで、アフィリエイト広告は、重要なマーケティングツールですからね。

ちなみに、欲しい機能を1つずつ足せるのも魅力です。

たとえば、ポイント付与機能。

販促機能としては外せませんが、ベースにはないですが、オプションとして、1機能から追加できます。

コスパを考えると、リピートPLUSは、かなりおすすめのECカートだと思います!!

もちろん、事例でも、効果を出していることをアピールされています。

平均で売上げ成長率、354%って、高すぎませんか!!すごい。

参考)通販通信
定期通販カート「リピートPLUS」導入で成長率354%のワケ
https://www.tsuhannews.jp/shopblogs/detail/62918

管理画面も使いやすいようで、

リピートPLUS ONEを利用した人の中には、60%以上ののコスト削減を実現できた人もいるそうです。

引用:リピートプラスの評判・口コミ・メリット・デメリット・料金や機能を徹底比較
https://note.com/urerunetshop/n/n6611fc9a661b

リピスト

リピスト公式ホームページ
https://rpst.jp/

平均月商 約 900万円の実績!とうたっています、リピストさん。

機能がいいのか、サポートがいいのか、継続率98%は、伊達じゃないですね。

LP一体型購入フォームを作れるので、アフィリエイト広告で活用するなら、おすすめのECカートになっています。

LP一体型購入フォームは、スマホでの購買がされやすくなるので、ここはおすすめのポイントですね。

そもそも、LP一体型購入フォームは、コンバージョン率を改善してくれる というところが売りでもあるので、そこも長所ですね。

また、ユーザーのLTV(ライフタイムバリュー)計測ができる機能もついています。

定期購入で重要視される指標であるLTV(ライフタイムバリュー)。

定期購入継続率がわかるので、どの商品をテコイレすべきかがわかるわけですね。

独自デザインの組み込みもできるので、デザインにこだわりたい方にもおすすめですね。リピストはECCUBEでも使っていたSmartyベースで作られているそうです。

侍カート

侍カート公式ホームページ
https://www.samuraicart.jp/

侍カートは、豊富なマーケティングツールが売りのECカートです。

たとえば、SEO。Google、Yahoo!といった検索結果で表示されるタグ設定が可能。

さらに、ページごとにも、SEO設定ができます。

twitter、facebook連携の機能も持っています。

会員紹介機能や、アフィリエイト広告の設定も可能です。

そして、マーケティングの目玉は、

サンプル注文後、定期購入コースへの申込みを促す作業を自動化できるようになっているのが、侍カートのよさですね!

なんと、アップセルを自動的に行なってくれる ECカートなんですよね。

ステップメールや、動画での商品紹介機能も持っています。

ユーザのカゴ落ちを防ぐよう、最近では、アマゾンpayの利用もできるようになっていますね。

ちなみに、申し込みフォーム一体型のLPも作れます!

ただ、機能が豊富なせいか、ちょっと高い料金が、たまにきずですね。

まとめ 定期購入 ECカート リピーターを増やす ための機能

いかがでしたでしょうか?定期購入 ECカート おすすめしてみました。

定期購入 ECカート は、あくまで、機能なので、これがあれば、絶対売れます!というものではありません。残念ながら。

しかし、定期購入 機能のついた ECカートがあれば、リピーターを増やせる可能性はあがります。

そもそも、定期購入 ECカート 製品 比較 こうして、掲載していると、企業の担当者の方も、なかなか、選ぶのが大変ですよね。

  • 違いがわからない
  • よくわからない
  • 読むのが大変

こんな悩みを持ちそうですよね。

個人的には、定期購入 ECカート まずはトライアル導入して、

  1. アフターフォローの充実化
  2. クチコミ増加

を狙っていくほうがいいかと思っています。

ECとはいえ、お店ですからね。リピート購入してくれる方を増やすには、コミュニケーションが大切です。定期購入 ビジネス 成功 の 鍵 は、きっと、そこにあると思いますよ!

2020年 Google 広告 スマートショッピングキャンペーンとは?メリットは?