新 内部リンク最適化 【SEO対策】で 重要視される アンカーテキスト リンク

seo

SEO対策 を がんばっている企業担当者、ブログ 担当者の方、必見です!

今回は、検索エンジン対策 で、コントロールしやすい 内部リンク 最適化 について、解説をしていきます。

内部リンクの最適化なんて、やっているよ~という方も、記事をたくさん書いているうちに、意外と、リンクを貼り忘れていたりします。

特に WordPress (ワードプレス) で 記事 を量産していたら、1つ1つの ページ の テキスト の アンカーリンク などは忘れがちです。

とはいえ、ワードプレスは、便利なので、ホームページ制作で人気なので、その理由とメリットも解説しています。

改めて、この機会に、内部リンク最適化 を見直してみませんか?

そもそも 内部リンクとは

内部リンクとは、ホームページ内部で、ページ 同士 を リンク することを示します。

内部リンクは、Googleも重要視しています。

Googleが内部リンクを重要視する理由は、

  • クローラビリティが良くなる
  • クロールしやすくなると、検索ユーザーの答えを検索結果に表示しやすくなる

という理由になります。

クローラビリティを高めることで、Google にとっても、効率化につながるため、メリットがあるわけです。

内部リンク最適化 おすすめ 理由

Google にとってメリットのある内部リンク の 最適化。

これによって、ホームページ 側 も、検索結果 上位表示 が狙えるようになるので、それは、メリットですよね。

ただ、Googleにメリットがあるから、内部リンク最適化をおすすめしているわけではありません。

もう1つ、内部リンク最適化 おすすめ 理由があります。

それは、

被リンク獲得 と異なり、自分でコントロールできるから

です。

Googleなどの検索エンジンで 上位表示 するためには、被リンク 獲得 が重要です。しかし、SEO対策 だからといって、簡単に、被リンクを獲得することはできません。

理由は、簡単です。

  • 自分でサイトを作ったりして、被リンクを作ると、ペナルティになる可能性がある
  • そもそも、被リンク は 第三者から獲得するもの

だからです。

つまり、被リンク獲得は、難易度も高いし、コントロールができないのです。

しかし、よく考えてみてください。

被リンク という言葉。リンクを受けるという意味合いです。

自分のホームページの中でのリンクも、被リンクになるのでしょうか?

この質問の答えは、簡単で、被リンクになります!

Google 検索エンジン アルゴリズム で 内部リンクは、重要視されます。

もちろん、第三者からリンクをしてもらう方が、効果は高いケースが多いですが、内部リンクでも、被リンク 効果 はあります。

そう考えると、コントロールの効かない 被リンク 獲得 よりも、内部リンク最適化 のほうが、はるかに、やりやすいわけです。

つまり、SEO対策 を するなら、内部リンク最適化 は、すべきことになります。

内部リンク最適化 方法 は

内部リンク最適化 方法 について、解説します!

  1. 内部リンクの方法
  2. そして、Google が、サイト内を回遊しやすいようにすること

ここについて解説していきます。

内部リンク最適化の基本の方法は、

  1. サイト構成 最適化
  2. テキスト アンカーリンク で リンクを張ること
  3. 関連ページへのリンクを張ること
  4. パンくずリスト 最適化
  5. 内部リンク 0 ページ 撲滅

になります。

1つずつ、解説をしていきますね!

サイト構成 最適化 ページのカテゴリ分け

ホームページを作るときに、本来は、やっておくことなのですが、ホームページの中で各ページのカテゴリ分けをして、作るようにしましょう。

企業サイトを例に、簡単に記載すると

TOP
├会社概要
├事業紹介
├採用情報
├お問い合わせ
└ニュース

こういうホームページがあったとします。

地図のページは、会社へのアクセスなので、会社概要の配下に設置します。

商品Aの紹介は、事業紹介の一部なので、事業紹介ページの配下に設置します。

商品Bも同様です。

では、福利厚生情報のページは、どこに置くのがよいでしょうか?

内容次第ですが、採用情報でいいと思います。

このとき、極端な例としてあげると、福利厚生ページから、会社の地図ページにリンクを張るのは、あまりよくありません。

福利厚生ページから、求人情報ページに遷移して、そこにある会社情報から、会社の地図ページへのリンクを張る。

というような、カテゴリーで、内部リンクの塊を作っていくのが、サイト構成の最適化になります。

ブログだと、いろいろなページにリンクを張ったりしているブログがあります。

しかし、やたらめったら関係のないページに内部リンクを張るのは、Google の クローラー に悪影響を与えかねません。

その結果、検索エンジンでの掲載(インデックス)がされないこともあります。

理想的なサイト構成は、Google などの 検索エンジン クローラー が、すべてのページを簡単に往来できるようなサイト構成です。

ちなみに、サイト構成の話でいくと、2階層以上ある場合、同じ階層同士でリンクするようにしていくほうが、クローラーが回りやすくなるそうです。

ただ、注意してほしいのは、ホームページで、ページのカテゴリー化をするのはよいのですが、あまり、深い階層を作らないことです。

たとえば。

お菓子>ケーキ

これはいいのですが、

お菓子>ケーキ>いちご>ショート>4号

というように、深い階層を作ると、クローラーが回りにくくなります。

管理はしにくくなるかもしれませんが、

私のおすすめは、

1階層フラットです。

TOP
会社概要
事業紹介
商品A
商品B
地図
採用情報

というようなかんじで作ってしまう方が、クローラビリティはあがります。

テキスト アンカーリンク で リンクを張ること

これは、いろいろなSEO対策について書かれているホームページ、ブログで掲載されていますが、内部リンクは、アンカーテキストで、張りましょう!ということです。

テキスト アンカーリンクとは、文中のテキストから自然に内部ページにリンクを張るということです。

ただし、上述のように、関連性のないページへの内部リンクは禁物です。

また、「詳細はこちら」というテキストリンクでの、内部リンクもNGです。

アンカーテキストの文言内容とリンク先のページ内容を合致させることが重要なので、むしろ、ページタイトルのテキストをいれて、内部リンクを張るように心がけてください。
ただし、内部リンクを張りすぎるのも、問題です。

というのも、被リンク パワー が落ちてしまします。

内部リンク最適化のポイントは、ページの持っているリンクパワーを最大限活かすことが重要なので、内部リンクを張りすぎないようにしましょう。

なるべく、1ページに3つくらいにしておいた方がいいと思います。

参考:Google Search console ヘルプ
検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド
https://support.google.com/webmasters/answer/7451184?hl=ja#uselinkswisely

関連ページへのリンクを張ること

こちらは、もう何回か説明しましたが、内部リンクを張るときには、内容が関連するページにリンクを張るようにしましょう。

数年前から、ビックキーワードでの検索エンジン対策には、この内部リンク対策が活用されるケースが多いです。

どういうことかと申しますと。

ビックキーワード、検索回数の多いキーワードは、検索結果の上位表示が困難です。

それゆえ、SEO対策でも、非常に難易度が高いです。

そこで、行う対策の1つが、この内部リンク最適化でした。

それも、複数のページを作って、内部リンクを最適化させていくという方法です。

たとえば、4Kテレビ というキーワードで、Google検索エンジンで上位表示をさせたいとします。

4Kテレビの情報ページを検索結果の上位表示をさせたいとすると、
このほかに、いろいろなテレビの形式、モデルについて、解説するページを作ります。

それも、なるべく網羅性の高いページを作っていき、そのすべてを、この「4Kテレビ」について語っているページに内部リンクを張っていきます。

それもすべて、本文上部のアンカーテキストから張っていくのです。

これによって、Googleから、このサイトは、4Kテレビの情報が網羅されているサイトだということを認識してもらえるようにするのです。

この施策は、SEO対策をきっちりやっている企業サイトなどで、よく見かけますね。

それゆえ、情報の関連性が高いページ以外に、内部リンクを張っていくと、Google側が混乱してしまい、評価を高くしてくれません。

ブログでも、HTMLページでも、ホームページ SEO対策するなら、この関連ページへのみ内部リンクを張っていくことは、重要な要素です。

パンくずリスト 最適化

以前に、構造化マークアップについて解説しましたが、パンくずリスト 最適化 はそこでも、重要だと解説しました。

Google検索結果でユーザー体験を強化!構造化マークアップ

パンくずリストは、ホームページの導線を、Googleなどの検索エンジンに提示する要素です。それゆえ、構造化マークアップを行うことで、Googleのクローラーが回遊しやすくなります。

その結果、Googleからの評価もあがりやすくなります。

パンくずリストは人間のユーザーにとっても、トップページや、上の階層に戻りやすくなるため、利便性があがります。

ナビゲーションがついているページは利便性が高いですからね。

当然ですが、パンくずリストのアンカーテキスト も、リンク先のページタイトルをつけたほうが、内部リンク最適化 につながります。ホームページ内のリンクがわかりやすくなるため、Googleだけではなく、人間のユーザーにとってもいいですしね。

内部リンク 0 ページ 撲滅

すごく単純な話で、内部リンクのないページは、なくしましょう。

そもそも、そのようなページが存在するのであれば、noindexタグをいれて、Googleのクローラーはいらないよ!ということを宣言した方がよいです。

独立したページといえば聞こえはいいですが、利便性のないページになります。

孤島ですよね。

ちなみに、逆に、たくさん、1つのページから、同じページに内部リンクを張るのは、どうなのでしょうか?

答えは、意味がない!ということになります。

内部リンクを同じページに2つ張っても、最初の1つだけしか、Google側は、カウントしないので、内部リンクを張りまくっても意味はありません。

また、せっかく、内部リンクのないページを撲滅するのであれば、なるべく、ページコンテンツの上部から、内部リンクを張るようにしましょう。

Googleは、bodyタグに近い方から順に、ページ内のリンクの重要性を見ていきます。

それゆえ、なるべく、ページ上部から、内部リンクを張っていくようにしましょう。

ヘッダに張ってあるから、大丈夫!

ということではなく、

前述のように、テキストでアンカーリンクにしたほうがいいですよ!

重要なページからの内部リンクが、SEO効果を高める

サイト内で、重要なページ、評価の高いページからの内部リンクの方が、SEO効果は高まります。

では、どうやったら、重要なページがわかるのでしょうか?

Googleサーチコンソールを活用すれば、わかります。

サーチコンソールの「リンク」メニューから、内部リンクの数を確認できて、内部リンクの多いページこそが、重要なページになります。

そのページからの内部リンクを張っていくようにしましょう。

ワードプレスとかで、webサイトを作っている場合は、カテゴリーページなどが上位に出てきてしまいますが、固定ページなどで、内部リンクを多く受けているページもあるはずです。

サーチコンソール を よく見てみるといいでしょうね!

まとめ 内部リンク最適化 努力で改善できるSEO対策!ブログ でも おすすめ

内部リンク最適化について、いかがでしたか?

意外と、自分のホームページ、自社のホームページで、内部リンクをしていない、なんてことありませんでしたでしょうか?

被リンク獲得は、難しいですが、内部リンク最適化は、自分で改善できる箇所になります。やらないよりかは、確実にやっておいた方がよいSEO対策なので、やってみませんか。

ブログでも、このSEO対策は、できる方法です。

ワードプレスで構築したwebサイトなら、なおさらです!

内部リンクの最適化で、サイト構成を整備して、GoogleやYahoo、Bingなどの検索エンジン対策をしていきませんか?

今から コンテンツマーケティング を始めても SEO対策 になりますか?→YESの話