【SEO対策】Google 検索 アルゴリズム Passageとは Passage Ranking対策は?

seo

SEO対策は、ホームページ運用において、集客の要ともいえるものです。そして、検索エンジン対策で重要なことは、Googleのアルゴリズムを理解して、消費者やユーザーにとって、価値のあるコンテンツを提供することです。

価値のあるコンテンツを作っても、Googleに対して、伝わっていなければ意味がありませんので、Googleのアルゴリズムを理解していく必要があるのです。

2021年2月中旬に、Googleの検索エンジンでは、検索結果の表示に対してのアルゴリズムで、新しいものを導入しました。それが、Passage Ranking(パッセージ ランキング)というものです。

これは、Googleの、Google SearchLiaison (@searchliaison) という Twitterアカウントで公開されたものです。

このように、Passage Ranking(パッセージ ランキング)の導入のアナウンスがされましたが、これは、英語版だけです。しかし、当然ですが、日本語版にも展開されていくことでしょう。

この記事では、このGoogleの最新アルゴリズムであるPassage Ranking(パッセージ ランキング)について、解説をしていきます。

Passage Ranking(パッセージ ランキング)とは

Passage Ranking(パッセージ ランキング)とは、Googleが開始した、検索エンジンでのランキング、表示順を決める要素のことです。

このPassage Ranking(パッセージ ランキング)によって、Googleが、ホームページ内の特定の一文、段落を評価して、検索キーワード(クエリ)に対して、検索結果で、表示するようになりました。

つまり、細かい文章なども評価の対象になったのです。

もともと、Googleは、Passage Ranking(パッセージ ランキング)とは言わず、Passage Indexing という表現をしていました。

これが変わったのは、掲載順位の要素であることを明確に打ち出すためだったのだと思われます。

Passage Ranking で 何が変わるのか?

Passage Rankingが導入されると、検索キーワードと、ホームページの関連性を、Googleがより細かく判断するようになります。

従来よりも、ホームページの1つ1つの単語、センテンス(文章)が、SEO対策上、重要になってくるのです。

これは結局、Googleが推奨しているE-A-Tのお話と同じで、網羅性を、各ホームページに求めるようになっているので、ここに紐づいてくるのだと思います。

E-A-Tについては、以下の過去記事を参考にしてください。

E-A-T SEO 用語 頻出 E-A-Tとは Google 評価 概念 から E-A-T対策 の 方法
https://saras-wati.net/seo/e-a-t-seo-knowhow/

ページの網羅性を求めるのであれば、1つ1つのキーワード、文章を細かく見る、評価するのは、当然ですよね。

また、これによって、検索結果の表示順も変わってくるでしょう。

随時、検索エンジン上で入力されているキーワードと、ホームページとの関連性が変わってくるからです。

情報鮮度も求められてくるのだと想定されます。

Passage Ranking(パッセージ ランキング) 影響

Passage Ranking(パッセージ ランキング)による影響を受けるのは、検索結果全体の約7%だそうです。

アルゴリズム変更の影響、大きいですよね。

比較対象として、ペンギンアップデートによる検索結果の変動は3%といわれているので、Passage Ranking(パッセージ ランキング)による影響は、その倍です。

かなり大きいです。

Passage Ranking(パッセージ ランキング)の影響範囲を考えると、今のうちに、対策をしておいた方がいい!となりますよね。

Passage Ranking(パッセージ ランキング) 対策 方法は?

Passage Ranking(パッセージ ランキング)の対策については、実は、公式には、こうすべき!というのは、Googleから、アナウンスされていません。

むしろ、特に何かする必要はない!というアナウンスです。

そこで、Passage Ranking(パッセージ ランキング) を分析してみると、

Passage Ranking(パッセージ ランキング) アルゴリズムは、

細かく単語や文章を見るように、評価するようになる。

ということは、Googleは、何かをベースに、この単語や文章を、判断するわけです。何をもって、単語とするか。文章とするか。

そこですよね。

一般的に、単語として切り分けられるようにするためには、キーワードの前後のスペースなどがになります。

たとえば Google 検索 というように、半角スペースをいれて、検索しますよね。

これは、区切りとしていますが、これは、Passage Ranking(パッセージ ランキング)においても、文章や単語の切り分けに活用されるのではないかと、推測しています。

日本語の場合、読点、句点も、そういった役割なので、アルゴリズムを考えると、ここの部分も重要だと思われます。

そう考えると、1つの対策は、

  1. コンテンツの区切りを作っていく
  2. 見出しをしっかり入れて、ブロック構造にする

ここは、やっておくべき、コンテンツ上のSEO対策かもしれません。

もちろん、ユーザー目線でも、わかりやすくなるように、ブロック化、見出しをいれたりしていくべきです。

同じように、ブロック化させていくことで、Googleにも伝わりやすくなるのではないでしょうか。

Googleが、ワードプレスを推奨しているのも、こういったところに背景があるのかもしれません。

ワードプレスが、グーテンベルグ化されてから、ブロックによって、コンテンツをコントロールします。

これは、まさに、このPassage Ranking(パッセージ ランキング)の考え方に沿っているものに考えられます。

したがって、各コンテンツをブロック化していくことが、Passage Ranking(パッセージ ランキング)の対策になるのではないか?と考えています。

Passage Ranking(パッセージ ランキング) 導入時期

Passage Ranking(パッセージ ランキング)の、日本国内での導入時期については、2021年3月時点では、未定です。

しかし、近い将来!ですよね。

7%の影響範囲になるのかどうか、考えて、行動しておきたいですよね。

まとめ Passage Ranking という アルゴリズム を 理解しよう!

Passage Ranking(パッセージ ランキング) いかがでしたでしょうか?

Passage Ranking(パッセージ ランキング)の概念理解は、この記事を読んでいただくとされると思います。

あとは、これに対しての対応などをしていくかどうかですね。

見出しをきっちり切って、ブロックごとのコンテンツ化をしていくかどうか。これも、あくまで推察の対策ですので、まずは、Passage Ranking(パッセージ ランキング)の理解から、しっかりとしていく方がいいと思います。

Passage Ranking(パッセージ ランキング)の導入が日本でされても、今までと理屈は変わらず、ユーザーにとって見やすいページは作っていくべきです。記載したように、基本的には見出し(Hタグ)ごとに、コンテンツを作っておくことで、見やすいwebページになるはずですから、その結果として、Googleの検索エンジンから評価され、検索結果の上位表示も狙えるかもしれません。

Googleの動き次第ですが、検索結果にどのように影響するか、見えないので、SEO対策としては、ユーザーライクな、コンテンツ作りに励んでおくことが重要ですね。

中小企業 向け 企業ブランディング の 方法 注力すべきことは?