検索インテントとは 検索意図 を 考慮し SEO コンテンツ 制作 調査方法は?

seo SEO対策 検索エンジン対策

あるアフィリエイターで、スマホのXXシリーズのホームページを運用して、大金持ちになったという伝説があります。これは、なぜ、彼が大金持ちになったかというと、検索意図にあったコンテンツ制作に長けていて、ホームページ制作ができたからです。その結果、Googleからの集客に成功して、CVを多くとれたのです。

技術的なことが多く叫ばれるSEO対策ですが、実際、Googleは、検索キーワードに対して、そのコンテンツが、ユーザーの検索インテント(検索意図)を満たしているかどうかを判断しています。そのための情報収集をしていて、そのスコアリングの結果、検索ランキングに反映している要素もあります。

ということで、今回、この記事では、検索インテントとは?検索インテントの種類、検索インテントとSEOとの関係性、そして、検索インテントの調べ方などをまとめていきます。SEOの謎?に迫れるかもしれませんよ。

検索インテントとは

検索インテントとは、検索意図のことを指します。

検索意図とは、ユーザーが何を求めて検索したのか?何を探しているのか?という意図のことを示します。

Webサイトのコンテンツ制作の際、キーワード調査をすると思います。

その際、調査したキーワードの中で、ただ表示回数が多いからといって、自社のブログで、自社の事業に関係ないキーワードに注力して、コンテンツを掲載する方はいないと思います。

自社の事業に関係ないものを掲載し続けるのは、そもそも、コンプラの問題もあるかもですが。

それはおいても、そもそも、通常は、事業に関連しないコンテンツは作りません。ましてや、関連性のないキーワードに注力もしません。アクセスした人も喜ばないですし、その企業側も喜びません。

それゆえ、通常は、自社の事業に関連するコンテンツを掲載しますし、関連キーワードを対象にコンテンツ制作をします。

ユーザーも、その検索キーワードに対しての答えがないページには行きたくありません。それゆえ、検索意図を、考慮して、コンテンツ、ページを作っていくと、ユーザーも満足して、ホームページへのアクセス数もあがります。

うまく検索意図について、解説できていないかもなので、検索インテントについて解説している動画もご紹介します。

【超重要】SEO対策する人全員に見てほしい検索意図完全攻略ガイド【これがSEO対策で最重要】

また、Googleや、Yahooの検索エンジンも、当然ながら、そういったコンテンツへの評価を高めます。なぜなら、Googleは、こういう指標をかかげているからです。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人がアクセスできて使えるようにすることです。

引用:Googleについて
https://about.google/intl/ALL_jp/

今、ユーザーが探しているものを回答できるページを検索結果の上位に出す!という当たり前のことをしようとしているのが、Googleなんですよね。

検索インテント 種類

検索インテント、検索意図には、種類があります。

たとえば、

東京

というキーワードで検索したユーザーの意図は?

  • 東京を調べたい
  • 東京に行きたい

という意図があると思われます。

しかし、このパターンは、どうでしょうか?

SEO対策

というキーワードで調べているユーザーの検索インテントは?

  • SEO対策について調べたい
  • SEO対策の方法を調べたい
  • SEO対策をしてくれる会社を調べたい(頼みたい)

というかんじで、検索インテントには、種類があるのです。

これをまとめると、4つの検索インテントの種類になります。

  1. 調べたい
  2. 行きたい
  3. やりたい
  4. 買いたい

2021年9月1日現在だと、検索インテントはこの4種類に分類されます。

では、

SEO対策 企業

という検索キーワードの場合の検索インテントは?

この場合、

  • SEO対策している企業を調べたい
  • SEO対策してくれる企業を調べたい

になってきます。

このように、検索意図を分解してみましょう。

検索キーワードを因数分解していくことで、分解したあと、そのキーワードに紐づいて、コンテンツ制作をしていくのです。

もし、SEO対策 企業 という検索クエリ(キーワード)に対して、

SEO対策している企業を調べたい!というニーズで判断するなら、

  • SEO対策している企業のリストページ
  • SEO対策している企業がどんなSEO対策をしているかのレポート

といったコンテンツを制作していくようになります。

検索インテントは、このように、4つのパターンで分類していきましょう。

検索インテント SEO 関係性

検索インテントが、なぜ、重要かは、検索インテントとは?のパートでも解説しましたが、検索インテントは、Googleなどの検索エンジンに重要視されています。

検索意図を把握する

最適な回答を返すためには、検索の意図を把握することが大切です。関連性の高い情報が含まれているページを見つけるために最初に行うのは、検索クエリに含まれる単語の意味の分析です。Google では、どの単語をインデックスで検索する必要があるのか解釈するための言語モデルを構築しています。

引用)Google検索
検索アルゴリズムの仕組み
https://www.google.com/search/howsearchworks/algorithms/

と、Googleは、検索アルゴリズムの仕組みを解説するページの1番最初に、このセンテンスを持ってきています。

つまり、Googleは、検索意図を最重要視しているといっても過言ではないのです。

ということは、SEO対策上、検索インテントは重要なんです。

ここは、しっかりと把握しておきましょう。

SEO対策 検索インテント 調べ方

SEOと検索インテントの関連性が明確になったところで、改めて、では、検索意図 調べ方について、考えていきましょう。

原則、上記で具体例で追ったように、キーワードをベースに考えます。

だから、SEO対策で、キーワード調査は重要なのです。

検索インテント 調べ方 は、以下のツール、方法を活用します。

  1. サジェストキーワード
  2. Q&Aサイト
  3. リスティング広告
  4. 関連キーワード

どれも、SEO キーワード調査で使うものですね。

このキーワード調査、検索意図の調査の中から、自社の事業において、プラスになるもので、かつ、表示回数の多いキーワードに対して、コンテンツを作っていく方法が、コンテンツマーケティングの1つの方法になっています。

要するに、検索意図がマッチするキーワード探しと、検索回数が多いキーワード調査と、商品・サービスとの親和性チェックと、3つはあるわけです。

では、1つ1つ個別に解説します。

サジェストキーワード で 検索意図 調査

Googleのサジェストキーワードは、検索意図を調べる方法として、もってこいです。なぜなら、Googleが叡智を集めて、お金を投資して作っているシステムだからです。

ちなみに、サジェストキーワードとは、検索ボックスに文字を打つと表示される、検索候補のキーワードのことです。

サジェストキーワードは、多くのユーザーの検索ニーズが、ちりばめられています。

たとえば、天丼で検索すると

  • 天丼のたれ
  • 天丼 タレ
  • 天丼レシピ
  • 天丼 金子屋
  • 天丼 てんや

などと出てきます。

行きたい系と、食べたい系と、やりたい系とわかれてますよね。

つまり、天丼に関するサイトを作るなら、

  • タレ
  • レシピ
  • お店

のコンテンツは、必須なのだとわかります。

Q&Aサイト で 検索インテントを調べる

Q&Aサイトとは、Yahoo!知恵袋、OKWEB、教えてgooなどの質問と回答のCGMサイトのことです。

ここには、生の声があります。

キーワードを検索すると、それに関連するキーワードの質問がどっと登場してきます。

基本的に、質問があるということは、そこに、ユーザーの悩みや疑問、課題があるわけです。

それゆえ、ここで天丼でキーワード検索して、でてきた結果のページを作ることは、天丼に関するサイトのコンテンツとして重要ということになります。

リスティング広告 検索意図を知る!

リスティング広告は、検索キーワードに紐づいて表示される広告です。当然ながら、検索キーワードに対しての回答を表示しているページになります。

水素水

とかのキーワードで検索結果に表示されるページは、検索意図とマッチしやすいわけです。もちろん、それをユーザーが買いたいかどうかは別ですが。

関連キーワード 検索意図 調査 便利!

個人的には、関連キーワードで、検索意図を調査するのは、おすすめです。

何より、パッとキーワードを見られるので、検索インテントを判断する材料としては、便利な場所、ツールになります。

関連キーワードは、Googleの検索結果ページの下部に出てくる「他のキーワード」のところのキーワードですね。

水素水

で検索すると、私の場合

水素水 頭おかしい
水素水 怖い
水素水 メリット
水素水 科学的根拠
水素水 厚生労働省
水素水 効果 エビデンス
水素水サーバー

などが出ていました。

なので、水素水のページを作るときは、

  • サーバー
  • メリット
  • 科学的根拠
  • 恐怖

について、コンテンツ制作した方がよい!ということになります。

関連キーワードで検索インテントを探るのは、とっても簡単なんです。

まとめ 検索インテント 検索意図 の 網羅性を 考えたコンテンツ制作

いかがでしたでしょうか?検索インテント。

検索インテントのイメージはついたと思います。

そもそも、Googleですら、日常で、プログラム、アルゴリズムをアップデートさせて、検索結果自体が、検索ユーザーの検索意図にあうかあわないか、調整しているわけです。

Googleですら、試行錯誤している検索インテント。

その資産を活用しながら、キーワードを精査していくことが、検索意図にそったコンテンツ制作につながってくると思います。

コンテンツマーケティングには、検索キーワードに沿った回答をしているコンテンツを着実に作っていくという方法もあります。

SEO対策は技術だけでなく、コンテンツとしての答えを作っていくことも重要なことなので、ブログやメディア運用など、この点の考慮もしていき、コンテンツ制作を進めていきましょう。

【無料】コピペチェックツール おすすめ 3選 パクリ防止 著作権侵害 Googleペナルティ 防止に