Google コアウェブバイタルとは?LCP FID CLS 簡単 まとめ

seo

ユーザー エクスペリエンス UX の 最適化 を目指すGoogle 検索エンジン。そのため、どんどん新しい指標を、webサイトに提供してくれます。

2020年5月11日に、Google は、新たに、コア ウェブ バイタル という指標を展開しだしました。

これは、ユーザー体験 すなわち、UX の 向上を図るための指標だそうです。

参考:Google Developers
Web Vitals の概要: サイトの健全性を示す重要指標
https://developers-jp.googleblog.com/2020/05/web-vitals.html

ということで、今回は、コアウェブバイタル に関する、3つの指標、LCP、FID、CLS nについて、簡単 まとめをしていきます。

Google コアウェブバイタルとは

コアウェブバイタル(Core Web Vitals)は、Googleが、始めた UX 向上 のための取り組み、Web Vitals(ウェブバイタル)のコアになる指標になります。

コアなので、重要なポイント!ということですね。

そのコアとなる指標として、以下のものが設定されています。

  1. LCP (Largest Contentful Paint)
  2. FID (First Input Delay)
  3. CLS (Cumulative Layout Shift)

これら1つ1つの解説は、次の段落以降でしていきます。

大手 SEO メディア、SEO会社のサイトでも、いろいろと紹介されています。

サクラサクマーケティング 社 などでも、動画で解説してくれています。

ランキング要因に追加されるCore Web Vitalsを0ベースから徹底解説!

 

海外でも、以下のように、解説動画がでています!

 

また、この Google コアウェブバイタル の 指標は、サーチコンソール から、見ることが可能になっています。

Search Console のスピードレポートが、Google コアウェブバイタル の 指標を表示してくれるレポートになっています。

また、Googleが提供する ホームページのスピード測定ツール PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)でも、Google コアウェブバイタル を測定することもできます。

PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights

コアウェブバイタル LCP とは?

LCP は、ページの表示速度を測定する指標になっています。

  • ページ読み込み開始から、2.5秒以内に表示できれば、GOOD の 基準
  • ページ読み込み開始から、4秒以内に表示できれば、要改善 の 基準
  • ページ読み込み開始から、4秒超で、不良 の 基準

になります。

数値化を明確にしたわけです。

ページ表示速度が速ければ、ユーザーは、webサイトでのいろいろな情報、ソリューションの提供を受けやすくなるため、UX 向上 につながる、というロジックですね。

ちなみに、この LCP。

Largest Contentful Paint の、略称です。

スコアの値が短ければ短いほど良い、とされている値です。

参考:web.dev
https://web.dev/lcp/

参考ですが、
2020年6月時点で、
東京都のホームページ
https://www.metro.tokyo.lg.jp/
は、
LCP:1.73s
でした。

鳥取県のホームページは、
https://www.pref.tottori.lg.jp/
は、
LCP:41.26s でした。

LCP 改善しないとですね。

コアウェブバイタル FID とは?

FID は、ユーザーが、ページに訪れて、クリックや、タップなどのアクションをしてからページが反応するまでの時間を計測する指標になっています。

  • クリック から 100ミリ秒以内に表示できれば、GOOD の 基準
  • クリック から 300ミリ秒以内に表示できれば、要改善 の 基準
  • クリック から 300ミリ秒超で、不良 の 基準

になります。

参考:web.dev
https://web.dev/fid/

FID は、 First Input Delay の、略称です。

FID も スコアの値が短ければ短いほど良い、とされている値です。

コアウェブバイタル CLS とは?

CLS は、視覚的な安定性を測る指標です。むちゃくちゃわかりにくいですね。

Google側で、レイアウト デザイン の ズレ や 崩れ を 独自 に 指標化しているそうです。

ここだけ、数値化がわかりにくいです。

  • CLS 0.1以内で、GOOD の 基準
  • CLS 0.25以内で、要改善 の 基準
  • CLS 0.25超で、不良 の 基準

になります。

参考:web.dev
https://web.dev/cls/

CLS は Cumulative Layout Shift の 略称。

ところで、
CLS 指標 も、あいまいなので、改善方法はあるのでしょうか。

CLS 改善方法

CLS 改善方法は、以下のことになります。

  1. 画像 サイズ 指定 (widthとheightを書く)
  2. 広告 サイズ 指定して表示
  3. web フォント なるべく使わない(font-displayを使用)

というように、コンテンツのデザイン、レイアウト崩れを防げるように、コーディングをするようにしましょう。

Google コアウェブバイタル SEO 影響は?

最初に紹介した Google Developers blog において、コアウェブバイタル は、Googleの検索結果の順位に影響する要因の1つになると発表されています。

それゆえ、コアウェブバイタルは、ばっちり、SEO対策 に 影響 を与えます。

それゆえ、

  • SEO対策をしたい場合
  • Googleから集客をしたい場合

ある程度、コアウェブバイタル の 対応は、必須になってきそうです。

ただ、この LCP FID CLS すべて 基準を満たしているから、検索結果の上位表示がされるというわけではないです。

いつものとおりのお話で、LCP FID CLS すべて、基準を満たしているのが、当たり前!というところから、話は始まります。

ちなみに、現在、Googleが、SEO対策に影響がある要素としてあげているのが、

  • モバイル対応(モバイルフレンドリー)
  • コアウェブバイタル
  • 常時SSL化
  • セーフブラウジング

になります。

ちなみに、ページ速度は、コアウェブバイタル に 含まれる要素なので、今後は、コアウェブバイタル 対応が重要視されるんでしょうね。

また、モバイルフレンドリー についての詳細は

SEO Google モバイルファーストインデックス 対応 今から始める準備3つ

簡単! 競合サイト Google コアウェブバイタル 調査 方法

しかし、自社だけではなく、いろいろなホームページにおいて、Google コアウェブバイタルの状況を見てみたいですよね。

Google コアウェブバイタル さまざまなサイトで、調査できますよ!

しかも、気軽に。

たとえば、

  • 競合他社 の サイト Google コアウェブバイタル は、どうなっているのか?
  • 提案する先の企業のサービスサイト、コアウェブバイタル どんな状況か?

なんと、Google コアウェブバイタル 調査 簡単にできます。

Google Chrome 拡張 機能で可能です。

しかも、Google Chrome 拡張は、ウェブストア から インストール可能になっています。

5秒で、インストールできます!

Google Chrome 拡張 Web Vitals
https://chrome.google.com/webstore/detail/web-vitals/ahfhijdlegdabablpippeagghigmibma

まとめ LCP FID CLS 少しずつでも、ホームページの改善 SEO対策

いかがでしたか? UX 向上 の 指標、コアウェブバイタル。

LCP FID CLS という指標が、設定されたのは、把握できたと思います。

ホームページを運営していくのであれば、常に、向上していくことは重要です。

ユーザーエクスペリエンス向上は、コンテンツをより、目立たせます。

少しずつでも、対応をしていくことで、LCP FID CLS 各 指標での、スコアは、改善されていくはずです。

ちなみに、AMP対応すると、コアウェブバイタルは、スコアが良くなるようです!

AMP については、以下の記事を参照してくださいね。

Google推奨のAMP(アンプ)とは?webサイトへの導入効果はSEO対策