【取材の準備方法】読まれるインタビュー記事を書く前に!必要なやること

コンテンツマーケティングが、SEO対策では、非常に重要です。

SEO対策では、良質なコンテンツが求められます。

良質なコンテンツの定義は、Googleの検索品質評価ガイドラインに沿ったコンテンツになるのですが、特に、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)といった「E-A-T」が重要といわれます。

Googleの検索品質評価ガイドライン 2019年9月バージョン
https://static.googleusercontent.com/media/guidelines.raterhub.com/ja//searchqualityevaluatorguidelines.pdf

そこで、専門家の人に、インタビューするコンテンツを増やしていかないといけません。
ですが、読まれるコンテンツを作るのも、当然に、重要です。

では、読まれるコンテンツにするために、必要なこと、それが、取材準備です。

そこで、今回は、インタビューに必要な、取材の準備方法について、解説していきます。

そもそも、インタビュー取材をする前に、記事の企画

インタビューしにいこう!といっても、そもそも、記事の企画が大事です。

インタビュー記事を書くにしても、何についての記事を書くのかを決めるのが、取材の準備の1番最初ですね。

そのために、記事の企画書をまとめましょう!

記事の企画書の書き方

コンテンツマーケティングを行っていると、どうしても、1つ1つの記事に対して、おろそかになる、という方がいらっしゃいます。

しかし、いいコンテンツは、やはり、企画がベースなんですよね。

そこで、ざっとでもいいので、記事の企画をまとめておきましょう。

ただし、企画書といっても、A41枚のパワーポイントにまとめる程度にしましょう。

効率の問題もありますが、その範囲でまとまらない記事の企画は、そもそも、読者に、その魅力を伝えられないと思います。

記事の企画書でまとめるべき要素は

  • 誰向けに
  • どんな内容で
  • どんなアクションを促すのか
  • 誰が検証をしてくれるのか
  • どんな方法で伝えるのか
  • 記事を作るのに、いくら・時間がどのくらいかかるのか

こういった内容をまとめるといいです。

例として、記事の企画書の中身を書くと、

  • 20代の料理に慣れていない新婚の女性向け
  • あじの魅力、あじのさばき方を伝える
  • 家庭でも、簡単に焼き魚を作れるようにする
  • あじのさばき方は、A店の料理人Bさん
  • おすし屋さんで30年以上やっている方
  • 伝え方は、フロー形式で、写真と文章で細かくつなげていく

このようにまとめていくと、実に、簡単に、記事の企画書は作れます。

もし、部下の方に取り組んでもらうなら、あらかじめ、記事の企画書テンプレートを作ってしまってもいいかもしれません。

記事の企画が決まったら、次にやることは、記事の構成&ゴールを作ることです。

記事の構成案の作り方

記事を作るためには、まず、構成案が大事です。

なぜ、構成案を作るのかというと、2つのメリットがあります。

  1. インタビューのときにすること、取材の目的が明確になる
  2. 取材依頼のときに、どんな内容をインタビューしたいかを伝えられる

構成案のメリットは、この2つです。

取材依頼をするときに、インタビューを受ける人に、構成案を渡して説明をすれば、インタビュー対象者が、自分は何を語ればいいかもわかってくれるため、すごく効率的ですし、便利です。

話す内容もわからないのに、インタビューの依頼を受けるのは、判断するのも、大変ですからね。

構成案は、

  • リード文
  • アイキャッチ(画像)
  • 記事内での写真の入り方
  • インタビュー事項とその流れ
    *小見出しがあると便利
  • 結論、おとしどころ

を、書いていくかんじです。

構成案を作るとき、私は、エクセルで、まとめることが多いです。

テンプレートのように、上記を作っていて、

埋めていくようにしています。

なるべく、記事のイメージがつくように、
小見出し+文章と写真をセットで、あらかじめ構成の中で、枠組みを作っていくようにしています。

そうすることで、先ほどのメリットの2つ目の、インタビューのときに、何をしなくてはいけないか?であったり、何を準備すべきかが明確になるからです。

インタビューをする相手のことを事前にリサーチ

若いころに、インタビュー対象の方の情報を、あまり調べずに、インタビューしていて、その方の主張と反対の内容を聞いてしまい、すごく怒られたことがありました。

それ以来、インタビュー対象者のことは、事前にネットリサーチするようにしています。
では、何をリサーチしておくべきか、ですね。

箇条書きで、インタビュー対象者について調べておくことを、簡単にまとめると

  • インタビュー対象者のwebサイト
  • 所属する企業や団体のwebサイト
  • インタビュー対象者の主義、主張
  • インタビュー対象者の仕事
  • インタビュー対象者の本
  • インタビュー対象者のやっていること
  • インタビュー対象者のニュース
  • インタビュー対象者の経歴、受賞歴
  • インタビュー対象者の過去記事
  • インタビュー対象者のSNS
  • インタビュー対象者の同業者

最低限、Googleで検索をするだけでも、さまざまな情報を入手できるようになっています。インタビュー前には、必ず、目を通しておきましょう。

そのうえで、メモを作っておくといいと思います。

すでに、記事の構成案ができているので、質問事項もまとまっていると思いますが、質問の仕方、言葉なども、まとめておくといいかもしれません。

まとめ:良質な記事はいいインタビューの準備から。企画→構成→リサーチ

良質な記事を作るためには、準備が大切です。

そのために、

  • 記事の企画書を作成
  • 記事の構成案をまとめ
  • インタビューをする

というフローを確立させていきましょう。

記事は、基本、誰向けなのか、その記事で、どんなアクションを読み手に促すのか、そこがポイントの1つです。

そのために、専門性の高い方にインタビューをして、権威付けを行い、読者に、記事への信頼をよせてもらうのです。

インタビューのためにインタビューをするのでは、ありません。

記事をリアルに、そして、記事でアクションを促進するための行為だと理解して、取材の準備を行ってください。

コンテンツマーケティングとはいえ、webメディアだからとはいえ、適当なことを書くのは、間違いです。

良質なコンテンツ作りを目指していきましょう。

それは、SEO対策のためだけではなく、読んでくれた方のためです!

▼BtoBのECサイト で 必要な機能をまとめてみました!