【GAが変わる】Google Analytics 4 プロパティ(GA4) とは 設定方法 簡単解説

Googleアナリティクス で アクセス解析や、設定ををしている方は、ビックリしたかもしれません。Googleアナリティクスのプロパティ作成が変わったんですよね。

これは、Googleが、新しくリリースしたサービスによるものです。Googleは、2020年10月14日(米国時間)に、アプリとウェブとプロパティの正式版「Google アナリティクス 4 プロパティ(GA4)」をリリースしました。

そこで、今回は、Google Analytics 4 プロパティ(略して、GA4といいます)について、簡単に、解説しようと思います。

Google Analytics 4 プロパティとは、何か?そして、何が今までのGAのプロパティと異なるのか、といった概要や、そもそものGoogle Analytics 4 プロパティの導入方法をまとめてみました。

ちなみに、2020年11月10日時点で、すでに私は、Google Analytics 4 プロパティでの設定を3サイトほど、終えました。。。

Google Analytics 4 プロパティとは

▼Google Analytics 4 プロパティについての、Google公式 参考ページ

アナリティクス ヘルプ 次世代の Google アナリティクスのご紹介
https://support.google.com/analytics/answer/10089681?hl=ja&ref_topic=9143232

アナリティクス ヘルプ Google アナリティクス 4 プロパティへのアップグレード
https://support.google.com/analytics/answer/9744165?hl=ja

Google Analytics 4 プロパティとは、次世代のGoogleアナリティクスとして、展開しているサービスになっています。

これから、Googleアナリティクスで、新しいプロパティを作成する際のデフォルト、標準となるサービスになっています。

すごく簡単に言えば、2020年10月最新のGoogle アナリティクスです。

基本的に、Google Analytics 4 プロパティは、webのアクセス解析と、アプリの解析とを統合させた基盤になっています。

そのため、従来GAのセッションベースからイベントベースの解析になっています。

イベントベース??ってなりますよね。

イベントとは、ユーザーのアクションに紐づくページ内の動きなどです。

クリックや、このページに遷移したとか、そういったものが中心となります。

Google Analytics 4 プロパティ と 旧Google アナリティクス との 比較

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)と、旧GAとを比較して、その違いを書きます

  1. コンバージョン設定の方法が変わった
  2. 離脱率・直帰率がなくなった
  3. カスタムレポートがなくなった
  4. プライバシー問題に対応
  5. ユーザー単位での計測

大きなところでは、この辺でしょうか。

コンバージョンの設定方法は、イベントを使った方法で、設定をしていきます。

概念的には、アプリの計測によっているようなかんじですね。

離脱率・直帰率がなくなった、とか、カスタムレポートがなくなったというのは、どうでもいい!と捕らえる人もいるかもしれません。

webコンサルタントで、離脱率・直帰率をベースにしていた人にとっては、結構衝撃的な話だな~とは思います。

プライバシー問題に対応というのは、以下の2つに対応している、という観点です。

  • GDPR:EU一般データ保護規則
  • CCPA:カリフォルニア州 消費者プライバシー法

大きな企業の場合、かなり大きな問題ですからね。

ユーザー単位での計測については、イベントベースになったことで、セッションやページをベースとした解析ではなくなっています。

むしろ、Google Analytics 4 プロパティ(GA4)は、1ユーザーの行動を解析するツールという位置づけに変わっています。

Google Analytics 4 プロパティ 新要素 エンゲージメント とは

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)で、登場した要素で、エンゲージメントというのがあります。

これは、サイト上で行なわれたユーザーの操作のことです。

ユーザーの操作とは、

  • クリック
  • 閲覧
  • 遷移
  • スクロール
  • イベント

などを指します。

このエンゲージメントが、指標としてとらえられるものになるでしょうね。

GAは、結果的に、webマスターのKPIのもとになるため、近未来において、重要な指標として、このエンゲージメントが扱われると思います。

また、このエンゲージメントが、Google Analytics 4 プロパティ(GA4)のセールスポイントとなる機械学習の成果の対象になります。

これを元に、Googleは、Google Analytics 4 プロパティ(GA4)にて予測シミュレーションと対応する改善アクションの提示をしていくはずです。

自動的なインサイトの提示で、ビジネスの改善、プロセスの改善提案を行っていくことでしょう。

Google Analytics 4 プロパティ(GA4) 設定方法

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)の設定方法について、簡単に解説します。

上述したように、新規にGoogleアナリティクスのプロパティを作ると、Google Analytics 4 プロパティ(GA4)になります。

新規と切り替えの方法は、基本一緒なのですが、古いプロパティから切り替えをするときは、基本、旧GAのプロパティは残しておいたほうがいいと思います。

実は、設定方法は簡単です。

  1. Google Analytics 4 プロパティを追加する
  2. データストリームを追加
  3. WebサイトにGoogleタグマネージャのタグを設定

この3つで、新規に、Google Analytics 4 プロパティ(GA4) 設定はできます。

データストリームは、簡単に言えば、何を読み込むか?の設定です。

データストリームの設定は、

  1. Webサイトのアクセス解析なら、「ウェブ」をクリック
  2. webサイトのURLとストリーム名を入力し「ストリームを作成」

これで終わりです。

なお、細かいことを解説すると、

「ウェブストリームの詳細」に表示される測定ID「G-XXXXXXXXXX」を、Googleタグマネージャーの管理画面からタグとして追加すれば、基本的に、アクセス解析は動きます!

意外と、簡単ですよね。

基本的に、GAのタグをそのまま掲載するのではなく、Googleタグマネージャー(GTM)からの、タグ読み込みになります。

まとめ Google Analytics 4 プロパティ(GA4) まだ ベータ版?

Google Analytics 4 プロパティ(GA4) いかがでしたか?

最初、戸惑うのですが、基本は、GTMベースで設定すれば、だいじょうぶです。

どちらかというと、問い合わせフォームの成果の計上や、ページビューなどのデータを読み取りにくくなっているので、そのへんが、Google Analytics 4 プロパティ(GA4)だと、わかりにくい印象を受けます。

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)は、アプリの解析がしやすくなっています。そこはいいですよね。

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)は、原則、ユーザーを基本にとらえた次世代型のGoogleアナリティクスです。

それゆえ、ユーザー1人1人の動きを追えるようになっていくと思います。webサイトのアクセス解析ツールから、ユーザー動向を見つけられるツールになっていくんだと思いますよ。

その点では、マイクロソフト クラリティ に近いかもですね。

マイクロソフト クラリティ 無料 ヒートマップ 行動データ分析 で サイト改善
https://saras-wati.net/web-ad/analyze/about-clarity/

今後もGoogle Analytics 4 プロパティ(GA4)には、目が離せません。

いろいろとご紹介していきます!

売れるバナー の 制作方法 5選 画像 活用 で web広告 費用対効果 を あげる