【比較】Google アナリティクス 4 従来の googleアナリティクス との 違い

Google アナリティクス 4は、Googleが無料で提供するホームページ アクセス解析 ツールです。従来から提供されていたGoogleアナリティクスよりも、機能が拡充され、そもそも、データの概念が変わって、2020年10月にリリースされました。

Google アナリティクス 4(GA4)は、管理画面のUIもリニューアルされ、約1年。GA4の設定をした方もいらっしゃると思います。しかし、まだまだ、従来のgoogleアナリティクスを導入されている方も多いと思います。

この記事では、Google アナリティクス 4 と、従来のgoogleアナリティクスとの違い、メリットなどを解説します。ホームページのアクセス解析を行う際、2021年9月段階では、両方設置するケースも多いと思いますが、Google アナリティクス 4 と、従来版 googleアナリティクス との 違い について比較してみましたので、参考にしてください。

おさらい Google アナリティクス 4 とは

Google アナリティクス 4とは、2020年10月に最新バージョンとしてリリースされたGoogleアナリティクスのことで、GA4と省略して、呼ばれます。GA(グーグルアナリティクス)に4がついたかんじです。

プロパティジャンルなどの概念が登場していて、ホームページ以外にも、ネイティブアプリの計測もできるようになっています。

参考)アナリティクス ヘルプ
次世代の Google アナリティクスのご紹介
https://support.google.com/analytics/answer/10089681?hl=ja

上記が、Googleが提供しているGoogle アナリティクス 4についての解説ページになっています。冒頭に、この記事は、Google アナリティクス 4 プロパティについて説明しますという記述があるように、正式名称は、Google アナリティクス 4 プロパティ となるようですね。

プロパティは、Google アナリティクス 時代から、本当は、うしろについていた プロパティを引き継いでいるようですね!

ちなみに、従来版のGoogle アナリティクス は、そのタグから、ユニバーサルアナリティクス(UA)と呼ばれます。この記事でも、ユニバーサルアナリティクス(UA)という名称で、従来版のGoogleアナリティクスを、以下、記載、呼んでいきます。

比較 Google アナリティクス 4 機能的な違い

Google アナリティクス 4 は、新しい機能として、

  1. ネイティブアプリの計測機能をもった
  2. 機械学習による 分析 & 予測 機能
  3. UI リニューアル
  4. プライバシー 配慮した 計測
  5. 計測方法の変更 イベント方式 へ

が違いになっています。

比較して、機能的にアップデートされている部分として、
以下の部分については、別記事でご紹介しています。

  • ネイティブアプリの計測機能をもった
  • 機械学習による 分析 & 予測 機能
  • UI リニューアル
  • プライバシー 配慮した 計測

以下、ご参照ください。

【おすすめ】Google アナリティクス 4(GA4) 設置方法 解説 アクセス解析 始め方
https://saras-wati.net/web-ad/analyze/google-analytics-4-ga4-setting-howto

なので、

計測方法の変更 イベント方式 へ

といった部分などを重点的に、この記事では、解説していきます。

ちなみに、多くの方が、アナリティクス 4 と、旧Googleアナリティクスとの違いを知りたいと思っています!Youtubeでも、紹介されていますので、参考までに、Youtubeで掲載されている動画もご紹介しておきます!

【GA4】Google Analytics 4と旧Google Analyticsとの違いは?

アナリティクス 4 の 計測における単位と方法が違う点を、この動画では、解説してくれています!

計測方法の変更 イベント方式 とは

Google アナリティクス 4 は、セッションごとではなく、イベントごとで、情報を計測するように変わっています。

イベントとは、

  • PV
  • 問い合わせ
  • クリック

などの、ユーザーアクションのことを指しています。

Google アナリティクス 4 が、イベント方式で計測することで、
カスタマージャーニーがより見えるようになっています。

時系列で、ユーザーの動きが解析できるようになったんですよね。

  • ページにアクセス
  • スクロール
  • 別ページへ遷移

などの動きをおえるようになっています。

Google アナリティクス 4 は、このイベント方式で、データを計測することで、コンバージョンが、どうして起きているか?の流れをつかみやすくなっています。

具体的な Google アナリティクス 4 の 表記の違い

Google アナリティクス 4 では、PVという項目が、ありません。

イベントの中のPVになっています。

eコマースの分析、稼働なども、すべて、イベントの 表記になっています。

また、直帰率や離脱率という概念は、Google アナリティクス 4 では、ありません。直帰率、離脱率は廃止されています。

セッションが切れるタイミングも、変更になっています。

従来のGoogleアナリティクス(UA)の場合は、

  • 30分以上操作しないとき
  • 1分~4時間で変更可能

となっていましたが、

Google アナリティクス 4 では、

30分以上操作しないときは、同じですが、

5分~7時間55分まで5分単位で変更可能になっています。

流入元が変わったときに、Google アナリティクス 4 では、新しいセッションにならないようになっています。継続したセッションとなります。

これは、日付をまたいだ時も同じです。新しいセッションになりません。

セッション時間の上限が、24時間だったUAに比べると、Google アナリティクス 4 ではその制限がなくなっているのです。

Google アナリティクス 4 イベント 仕様

Google アナリティクス 4 では、イベントの仕様が変わり、1つのイベントに複数のパラメータの付与が可能になりました。

これによって、個別のイベント設定を、パラメータ上、触れるようになったので、グローバルタグに記載するパラメータの処理が簡単になっています。

GA4のイベントリファレンスについては、以下をご参照ください

参考)Google アナリティクス 4 イベント
https://developers.google.com/gtagjs/reference/ga4-events

イベントの設定方法については、より特化したことが可能になっていますね。

まとめ Google アナリティクス 4 比較すると 時系列 ユーザー単位 計測 強化

Google アナリティクス 4 と、従来のGoogleアナリティクスとの違い、いかがでしたでしょうか?

圧倒的に、違いとして出ている項目は、比較すると

  • 時系列
  • ユーザー単位

の部分です。

具体的には、セッションではなく、イベント単位計測になった点です。

これによって、時系列に、ユーザーのデータを分析できるようになったので、よりユーザー単位での計測が可能になりました。

これを可能にしているのは、Googleシグナルです。クロスデバイスの機能が強化しているかんじですね。

PCとスマホで、同じユーザーの場合、その動きを計測できるのは、ネイティブアプリとwebとの垣根を減らしていきます。

一方で、戸惑いも多いと思います。Googleは今後、Google アナリティクス 4 を標準のアクセス解析サービスとしていくと思います。いずれにせよ、はやいうちから、データを貯めておき、慣れていくことで、Google アナリティクス 4 の変化に、準備をしていきましょう!

【 palanRFPとは 】テンプレート を シンプルUI で サクサク RFP制作 できるツール

■ Googleアナリティクス 関連記事

【比較】Google アナリティクス 4 従来の googleアナリティクス との 違い

Googleアナリティクス アクセスが多い曜日×時間レポートを作る方法

web広告のクリック数とGoogleアナリティクスのセッション数があわない原因と解決方法

Googleアナリティクスでクリック数を計測する方法~gtag.jsの場合~

【おすすめ】Google アナリティクス 4(GA4) 設置方法 解説 アクセス解析 始め方

【GAが変わる】Google Analytics 4 プロパティ(GA4) とは 設定方法 簡単解説