Googleアナリティクス アクセスが多い曜日×時間レポートを作る方法

2020年5月。気づくと、最近では、Googleアナリティクスの機能が、どんどん拡張されていっています。

その結果、Googleアナリティクスで簡単に、ホームページのアクセス分析もできるようになってきましたね。

データ分析の手間を省いて、自動化してみたい!というのは、結構、webマスターの夢でもあります。

アクセス解析は、やりたいとは思うのですが、なかなか難しい!という方に。

今回は、設定の手間が省ける、効率的にアクセス分析のできる、
Googleアナリティクスのカスタムレポートをご紹介していきます!!

Googleアナリティクスのカスタムレポートとは?

Googleアナリティクスのカスタムレポート
Googleの公式説明ページ
https://support.google.com/analytics/answer/1033013?hl=ja

Googleアナリティクスのカスタムレポートは、指標を組み合わせて、独自レポートとして表示できる機能です。

カスタムレポートでできることは、基本的には、Googleアナリティクスにあるデータをかけあわせて、レポートを作成できることです。

カスタムレポートは、最大5個のディメンションと指標を組み合わせ可能なので、結構細かい範囲に絞込みができます。

とはいえ、できない、掛け合わせもあるのですが。。。

もう1つ、このカスタムレポートのいいところは、インポート機能

大量にあるカスタムレポートの雛形を、さくっとインポートできるんです。

つまり、プロが作ったレポートサンプルをそのまま使えます!

パンくずリスト data-vocabulary.org エラーの改善方法
↑ パンくずリスト data-vocabulary.org エラーの改善方法についても解説

これは大きなメリットですね。

Googleアナリティクス カスタムレポート メリット

カスタムレポートのメリットは、前述したように、

  1. 自由度の高いレポート作成
  2. プロの作ったレポート雛形をインポート可能

特に2つめのインポートは実に効率的です。

以下が、Googleアナリティクスのカスタムレポートのギャラリページです。

Googleアナリティクス カスタムレポートギャラリー TOP
https://analytics.google.com/analytics/gallery/#landing/start/

このページから、カスタムレポートを選んで、importボタンを押すだけ。

これだけで、自分のページに、プロが作ったレポートの雛形を導入可能です。

めちゃくちゃ便利です。

たとえば、SEOのダッシュボード、サクッと見られるレポートが欲しかったら、このカスタムレポートがおすすめです。

SEO Dashboard – Finding Top Content and Keywords

目標の完了数、セッション数、キーワード、目標に付与したランディングページなどを表示してくれるカスタムレポートを簡単に作れます。

SEOが好きな方、毎日のモニタリングが楽になるので、とっても便利なツールですよね。

Googleアナリティクス カスタムレポート 使い方

Googleアナリティクスのカスタムレポートは、
左メニューの「カスタム>カスタムレポート」で新規作成や管理、編集が可能

新規作成で、カスタムレポートを選ぶと、

  1. 種類
  2. 指標
  3. ディメンション
  4. フィルタ

の設定画面になります。

この中で、

種類にある 2項目を解説すると、

  1. エクスプローラ
  2. フラットテーブル

エクスプローラはレポートに表示されるディメンションがドリルダウン形式になります
フラットテーブルだと、ディメンションが横並び表示の形式になります

アクセスが多い曜日×時間のレポートを作る方法

実際の例をあげていきます。

今回のレシピは、ホームページへのアクセスの多い曜日と時間のクロス集計レポートです!

どの曜日のどの時間帯でアクセスが多いか!のレポートを作るなら

  1. 種類はフラットテーブル
  2. ディメンションは曜日の名前、時
  3. 指標はセッション

これを選ぶだけで、ホームページへのアクセスのタイミングレポートができます。

曜日と時間のクロス集計をしたアクセスレポートの出来上がりです。

ちなみに、フィルタはレポート表示の絞り込み機能なので、表示するデータを絞り込みたい場合に活用してみましょう。

ビューは、このカスタムレポートを使いたいビューの選択です。

これで、レポートを出力したら、保存をしておきましょう。

保存をするには、画面右上にある保存ボタンを押しておくだけです。

まとめ:Googleアナリティクスでのアクセス解析を簡易化。

毎週、毎月レポートを作らないといけない、、、そんなときにも便利な、Googleアナリティクスのカスタムレポート。

さくっと導入できるのが便利ですよね。

ギャラリーからインポートすれば、すぐにデータがまとまって手に入れられます。

アクセス解析をするのは、結構やりたいことなんですが、そもそも、データがないから、難しい、ということも結構あります。

しかし、せっかく、Googleアナリティクスで、たくさんのホームページのデータがあるのですから、カスタムレポートを理解して使ってみてください。これによって、Googleアナリティクスから、ホームページの細かな分析をしてみてください。

見えなかったものが見えるようになりますよ!!

無料の動画編集ソフト ShotcutとOpenShot 比較