【SEO 入門編】Google Yahoo 検索エンジン アクセス を 増やす 基礎知識 対策

seo seo

検索 エンジン 対策 は web サイト への アクセスを増やす要です。やはり、Google、Yahooといった検索エンジンで キーワード を入力して 検索結果 ページ を経由して、アクセスしてくれるユーザーは、自社ホームページとマッチする可能性が高いです。

単なる リンク 経由でのアクセスよりも、Yahoo Bing Google から流入してくる人は、 コンテンツ を 読みたいから、webサイトに来てくれるわけですからね。それゆえ、検索結果 で より上位 順位 で 表示 されることは重要ですね。

それゆえ、SEO対策 記事 は、さまざまな デジタルマーケティング の サイト で チェック しておいた方がいいです。当然ながら、SEO 情報 が多い方がいいですし、 ツール を活用できるようになるにも、それなりに 基礎知識 は 必要です。

ということで、検索 エンジン 対策 についての基礎知識、そして、 上位 表示 されるようにする 方法 について、今回はご紹介していきます。

1 ユーザー として、SEOを考えていくと、SEO 内部 対策 も重要ですが、そもそも、検索エンジンについて学ぶという 方法 も大事です。その 結果 として、自社の ブログ を制作してみたり、コンテンツ マーケティング をしていく方がロジカルですよね。

この記事は、検索エンジン からの アクセス を 増やす 基礎知識 対策 について 無料 で解説していきます。

検索エンジンとしてのGoogleとYahoo!の違いは?

よく聞かれる質問ですが、

GoogleとYahoo!の検索エンジンは、2021年1月現在では、同じアルゴリズムです。

なので、検索エンジンとして、この2つは、異なりません。

それゆえ、Googleをベースに、検索エンジン対策をしましょう。

Googleと違うのは、Bing、マイクロソフトの検索エンジンですが、検索エンジンとしてのシェアを考えると、Googleを優先していくのがよいでしょう。

画像 品質 は、検索順位 に 影響する?

ホームページに掲載される画像 品質 は、あまり検索結果に影響しません。

ただ、読めないレベルだと、NGです。

Googleのプログラムは、画像の意味もある程度はつかめるようになってきています。

あまりに画質が悪い画像は、はじかれます。

そもそも、テキストばかりのページが、検索結果の上位を占めるわけではありません。

2021年では、画像も、検索コンテンツとして、がっちり認識されています。

グラフ、表、図。

これらも同じです。

テキストばかりでは、検索結果の上位表示は狙えません。

動画、画像、表、といったコンテンツも、うまく活用して、webページのクオリティをあげていきましょう。

検索エンジンが、コンテンツを見に来るタイミングは?

検索エンジンは、プログラムで、自社のwebサイトに訪れて、コンテンツ情報を、検索エンジンに吸い上げます。

さて、そのタイミングは、どうなのでしょうか?

この答えとしては、

  • タイミングは不明
  • Googleがその検索アルゴリズムで判断
  • ただし、Googleサーチコンソールの「URL検証」などで促すことは可能

というかんじです。

新商品のページができた、いいコンテンツができた!と思ったら、サーチコンソールを活用して、検索エンジンに速くきてもらえるように、促していきましょう!!

titleタグ アクセスしてほしいキーワードを使うべき?

titleタグ は、ページの概略を語るタグです。

とても重要なタグで、ここを直すことで、webサイトのアクセス数が変わるといっても過言ではありません。

titleタグには、自社サイトに来てほしいユーザーが、検索しそうなキーワードをいれましょう。

ただ、注意点です。

Googleは、ユーザーの検索意図に適した結果を、検索結果に出そうと、努力をしているので、titleタグが重要だからと言って、人が来そうなキーワードを入れるのは、NGです。

検索エンジンに対してのスパム行為になり、下手をすると、Googleペナルティをくらって、検索エンジンに、ホームページ自体が掲載されなくなります。

注意して下さい!

meta description は 何を書けばいいの?

meta descriptionタグは、そのページの説明文です。

それゆえ、meta descriptionタグには、そのページを説明するキーワードを入れましょう。アクセスする際に、入力するであろうキーワードを入れておくと、より、検索結果から、自社の該当ページへのアクセス数は増える可能性があります。

かといって、むやみに、meta descriptionタグへ、キーワードを詰め込みすぎても意味がありません。

あくまで、説明文なのですが、ペナルティにならないように、ズルせず、ページの解説をするようにしましょう。

ただ、meta descriptionタグは、検索結果に文字として表示されるので、ユーザーが興味を持つように、わかりやすく書きましょう。

Google 評価 は 変わるのか?その頻度は?

検索エンジンは、いまや、Google系とBingサーチ系がほとんどです。それゆえ、検索エンジン対策をするならば、まずは、Googleです。

さて、Googleの評価基準 は 変わるものなのでしょうか?そして、その頻度はどのくらいのものなのでしょうか?

答えは簡単です。

  • 大規模な変更(コアアップデートといいます)は、年に3~4回実施される
  • さらに、細かい 検索 アルゴリズム 調整は 日々、随時 実施されます。

それゆえ、都度、コンテンツの調整などをしていくことが、SEO対策として、重要視されています。

サイト表示速度 は 検索順位 に 影響 するか?

サイトの表示速度は、検索順位に影響を与える要素です。

ただ、サイトの表示速度が速いからといって、いいわけではありません。

コンテンツがなければ、意味がありません。

ユーザーが欲しい、求めている答えが、網羅されたコンテンツの方が、検索結果の上位に表示されます。

更新をしないと、検索順位は下がる?

SEO対策で、これも、よく聞かれる質問です。

これは、そのとおり、更新をしていかないと、検索順位は下がります。

新しい、そして、正しい情報を配信しているwebページの方が、検索結果としては上位にあがってきます。

Googleのニーズからすると、検索結果は、常に、検索キーワードに対する正しい答えにしておきたいわけですから、古い情報は、検索結果として、下落していきます。

情報鮮度はとても重要です。

アクセス情報など、普遍のものもありますが、それでも、最寄の駅名が変わったり、町名が変わることもあります。

しっかりと、webページをメンテナンスしていくことは大切です。

まとめ SEO対策 基礎 知識 学んで 毎日、対策をしていく

いかがでしたでしょうか?

SEO対策の基礎知識。

気になる、考え方がわかった!

というだけでも、プラス要素だと思います。

アクセス数を取るだけが、いいことではありません。

しっかりと、webサイトの目的、利用方法に適したユーザーに来てもらうための、SEO対策です。

いくら、web戦略が重要視されていても、無駄にアクセスを増やす時代は終わりになってきています。SEO対策の基礎知識を勉強して、検索エンジンに対する正しい知見を深めていきましょう。

このSEOの基礎知識シリーズは、何回か、書いていきます!!情報も変わっていきますからね!

【検索エンジン対策】WebP(ウェッピー) 画像の表示速度を速くする!!