Bing Webマスターツール とは SEO対策 に マイクロソフト ツール を簡単活用!

seo

も 検索 では、シェアを持っていますが、第3位のツール Microsoft Bing ビング も、馬鹿にはできません。絶対量の多い 検索 というシステムから考えれば、SEO対策 としては、やっておいて、損はないはず!

そもそも、windows を提供する Microsoft マイクロソフト が 提供している 検索サービス なのですから、Bing 用の対応もしておくべきですよね!

ということで、今回は、Bing 検索エンジン対策 に 重要な Bing Webマスターツール について、解説をしていきます!

Bing Webマスターツール は、Google Search Console と同じようなサービスなので、自分のホームページができたら、しっかりと、登録しておきましょう!

Bing Webマスターツール とは

Bing Webマスターツール 公式ホームページ
https://www.bing.com/toolbox/webmaster

Bing Webマスターツール は、Microsoft提供 検索エンジン Bing ビング の、webマスター用の管理ツールです。

基本的には、Bing Webマスターツール は、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)と同じような機能を持っています。

サイトマップを登録して、検索エンジン、ここでは、Bing ビング に対して、自分のサイトのURLは、これだよ!こんなページを持っているよ!!ということをレポートするツールだと思ってください。

もちろん、自分のホームページの登録をたくさん実施しても、利用料金は、0円。

お金はかかりません!無料です。

登録をしないのは、もったいないですよね!

なぜ Bing Webマスターツール が SEO対策 で 重要?

繰り返しになる部分もありますが、なぜ、Bing Webマスターツール が SEO対策 で 重要だと、解説しているのでしょうか。

その理由は、以下の3つです。

  1. 検索エンジンのシェアでは、国内3位だから
  2. Siriの検索に採用されているから
  3. スマートスピーカーでの検索に利用されているから

ご存知でしたか?

実は、Bingは、iPhoneやiPadの音声アシスタントSiriで使われていたりします。その結果、音声検索系サービスでも利用され始めています。

今後のアクセス増加に対して、期待ができる、検索エンジンなんです!

Bing Webマスターツール できること

Bing Webマスターツール で、できることは、前述のとおり、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)と同じかんじです。

いくつか、Bing Webマスターツール 主な機能をご紹介していきます!

ダッシュボード 機能

登録したホームページのアクセス状況や、表示回数などのサマリーをチェックできます。問題があれば、ここにも表示されます。基本的に、サマリーとして、ちょっと見たい!人におすすめな機能です。

レポート 機能

Googleサーチコンソールにもある機能と近しいですが、

  1. どの検索キーワードで表示されたか
  2. クリックがされたキーワードは何か?
  3. 検索で表示されたページは何か?

主に、上記のような情報をレポートしてくれます。

Bing Webマスターツールのレポート機能は、結構情報が細かいです。

  • クリックスルー率
  • クリック数平均順位
  • 表示回数平均順位

なども、レポートをしてくれます!

検索数に対して実際にクリックされた割合を教えてくれるクリックスルー率は、場合によっては、コンテンツの見直しのシグナルになるかもしれませんね。

タイトルタグや、ディスクリプションタグを見直す指標にしやすいかもです。

また、クリック数平均順位という情報も、実は、使えるデータになっています。この指標は、検索結果一覧から、自分のホームページのアドレスがクリックされた時の平均順位を示す指標になっています。

すなわち、検索結果で4位なら、クリック数がこのくらい!という数字を把握することができるのです。

数字で管理したい人には、結構おすすめです!

診断 ツール

これも、Bing Webマスターツール 独自、というよりかは、サーチコンソールと同じような機能ですね。

webサイトを診断してくれるツールです。

モバイルフレンドリー対応なども診断可能です!

また、リンク切れチェックも確認可能になっています。

SEO対策上、リンク切れ、よくないですからね!

参考)リンク切れチェックツール 過去記事はこちら

robots.txt で、検索エンジンへの掲載を拒否しているURLもチェックできます。

SEOレポート

この機能は、非常にダイレクトなレポート機能です。

隔週で、自分のホームページをチェックしてくれて、SEOの指摘事項をまとめたレポートを出してくれます。

このレポートを見ながら、SEO対策をしていくのも可能です。

なぜなら、修正すべきポイントを具体的に、Bingが教えてくれるからです。

たとえば

  • h1タグが存在しない
  • ALTタグが定義されていない
  • ページにメタ情報がない

こんな情報が、優先度ごとに表示されます。

インバウンドリンク レポート

インバウンドリンク レポートは、被リンクレポートですね。

バックリンク数を折れ線グラフで一覧できます。

もちろんバックリンクの多いURLも調べられます。
リンク数も掲載してくれます。

キーワード調査

Googleには、ない機能として、キーワード調査の機能があります。

これは、入力キーワードが、Bingでどのくらい検索されているかを確認できるツールになっています。

つまり、Google キーワードプランナーのBing版です。

ビックキーワードの傾向などは、Googleでも、そんなに変わらないと思いますので、傾向値として、活用するには、十分なキーワードツールです。

しかも、地域や日付など、別の要素でも、キーワードの検索状況を調べることもできます!方言などでの検索頻度や、状況を捉えるのにもいいかもですね!

Bing Webマスターツール 登録方法

Bing Webマスターツール の 登録 方法 は、とっても簡単です!

マイクロソフトアカウントを持っていれば、それでログインできます。

Googleアカウントでもログインできるので、登録などの手間は、ほぼ0です。

しかも、Microsoftは、よくわかっているようで、

Googleサーチコンソールから、登録しているホームページ情報を、ごっそり持ってくることが可能になっています。

それゆえ、ホームページの登録も、サクッとできます!

しかも、サーチコンソールから、情報を持ってくるなら、所有者確認もなく、サクッと実施ができます!

私が、実際に、Microsoft Bing Webマスターツールを登録するのにかかったのは、1分です。わずか、1分で、自分の管理しているサイトの登録まで終わります。

とっても便利です!Bing Webマスターツール。

ちなみに、facebookでもログインできるので、facebookユーザーにとっても、使いやすいのが、Bing Webマスターツールなんです!

まとめ Bing Webマスターツール レポート豊富 SEO対策 に 便利!?

Bing Webマスターツール いかがでしたでしょうか?

Bing Webマスターツール について、知っていた人も、最近、こんなに便利になったんだ!という所感をお持ちになるのではないでしょうか。

そもそも、Bing(ビング)は2009年にサービスインしたので、実は、歴史の浅い検索エンジンです。

それゆえ、進化、どんどんしていきますね!

Bing Webマスターツール 以外にも、検索エンジンは、たくさんありますが、やはり、シェアの大きいところは、登録などの運用はしっかりしておきたいですよね!

Google コアウェブバイタルとは?LCP FID CLS 簡単 まとめ