【NFTとは】初心者向け NFT ビジネスモデル 事例 、NFT 活用方法 簡単解説!

日経新聞やITメディア、ヤフーニュースなどで、取り上げられ始めているNFT、エヌエフティ。エヌエフティとは、これは何のことだろう、どんな価値があるのだろう、と思う方も多いと思います。

NFT(Non-Fungible Token)は、簡単に言うと、代わりのないもの、オリジナルのものということを指し示します。

これにどんな価値があって、どんなビジネスモデルが考えられるのか。NFTの言葉の意味を理解しても、ここが実に難しいところですよね。

そこでこの記事では、NFT(Non-Fungible Token)とは、から、エヌエフティの解説を始めて、NFTの活用方法や、NFTの価値、ビジネスモデルの事例などをご紹介していきます。なるべく、ITの知識がない方にもわかるよう、初心者向けにNFTを解説していきます。

NFTとは

NFT(Non-Fungible Token)とは、代替不可能なトークンのことです。エヌエフティと呼ばれています。テレビのニュースでも、最近耳にする方、多いと思います。

デジタルのNFTで言うと、要するに、代わりのものがないデータのことを指します。

これが難しいですよね。

たとえば、写真画像。

コピーが簡単なデジタルの世界では、代わりはいっぱいできます。

しかし、このNFTは、そうではなく、オリジナルの価値を証明するものなのです。

もともと、このNFTは、仮想通貨の話で、耳にしていると思います。

最近では、それ以外の分野でも、このNFTの技術が活用されてきて、状況が変わってきているのが現実ですが。

ということで、NFTについて、具体例で解説すると。

Aさんの仮想通貨1枚は、Bさんの持っている同じ仮想通貨1枚と交換できるので、これは、NFTの対象ではありません。

しかし、Aさんの会員権は、Aさんオリジナルのものなので、ほかのものと代替できないので、これはNFTの対象になります。

つまり、NFTは、オリジナルのものであるという証明ができるものなのです。

さらに具体例をあげると、デジタルで制作した画像。

コピーは簡単ですが、もともとの原画は1つだけです。

この原画は、NFTの対象物になります。

なお、細かく言えば、NFTは、主にイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で構築できるトークンです。

NFT 事例

NFTの実際の事例を見てもらうと、より、イメージがつきやすくなると思います。

1つ目のNFTの事例は、NFTプラットフォーム「NBA Top Shot」。

バスケ NBAのトレーディングカードのサービス
https://nbatopshot.com/

NBA選手がコート、試合で見せたハイライトシーンの動画がデジタルカードとなって販売されています。

このデジタルトレーディングカードは、上記の「NBA Top Shot」で購入できるようになっているのですが、当然、コピーされたら、価値はなくなります。

しかし、ここで登場するのが、NFTの技術です。

NFTの技術で、このトレーディングカードに本物であるという証明書を持たせることで、いわゆる、偽物ではない、オリジナルの商品という証明ができるようになり、価値が上がります。

その結果、このデジタルトレーディングカードは、マーケットプレイスで売買するという流れが起こります。

結果、お金の流通が、ここに発生するのです。

2つ目のNFTの事例は、デジタルアート分野です。

2021年2月、CryptoPunks(クリプトパンクス)の1つのデジタルアート作品が、当時の仮想通貨レートで約1億3,500万円で買われました。

以下、そのときのツイートです。

今まで、イラストの原画が高値で買われることはありましたが、リアルのお話でした。しかし、コピー可能ではない、NFT化されたデジタルアートは、上記のような金額で買われるようになったのです。

この背景には、マーケットプレイスの存在があります。

先程のNBAのトレーディングカード同様、マーケットプレイスで、売買可能になったことで、こういったデジタルアートも、投資価値が高まったのです。

NFT 価値

NFTの価値は上記のように、オリジナルの証明です。

数多あるコピーの中で、唯一の原本というものが、エヌエフティの価値です。

そして、もう1つが、マーケットプレイスとの連動が可能なことです。

これによって、サブの流通網が、インターネット上で、構築が可能になり、いうなれば、市場がたくさんできていくことができるのです。

つまり、流通しにくいがゆえに、価値の担保がされるようになるんですよね。

また一方で、輸送や物流を関しないため、ネットワーク上のセキュリティ担保さえできれば、ユーザーへの価値がすぐに付与できるようになるわけです。

ある意味では、電子キーとしての活用も考えられますね。

NFT マーケットプレイス

NFTのマーケットプレイスも、簡単に書いておきます。

2021年4月段階では、以下の4つが有名です。

Coincheck NFT
https://coincheck.com/

Opensea(オープンシー)
https://opensea.io/

Miime(ミーム)
https://miime.io/ja/

Nifty Gateway(ニフティ ゲートウェイ)
https://niftygateway.com/

ミームなどは、ゲーム好きの人は知っているかもしれませんね。

NFT ビジネスモデル

NFTを活用したビジネスモデルは、今後、どんどん増加していくと思われます。特に、NFTと親和性の高いビジネスモデルについて紹介していきます。

  • 不動産
  • ゴルフ場
  • アーティスト
  • スポーツ
  • コミック
  • 小説
  • 公的証明書

といったところでしょうか。

デジタルで、発行したものに、これはオリジナル!だということを証明できるNFTなので、これを行うことで、価値を付与できます。

また、それを売買できるようになります。

その結果、アーティストの貴重な特典映像。

ライブ映像。

それも、限定300名様向け。

などが、やりやすくなりますし、それを、マーケットプレイスで売買できるようになるわけです。

また、スポーツの世界は、NBAの事例が物語ると思います。

一方で、公的証明書なども、こういった与信で大きく変わってきますね。

コインチェック、ゲームエイトと連携して、NFT分野の拡大!

コインチェックは、ゲームエイトとNFT事業で連携するという発表を、2021年4月23日に実施していました。

コインチェック展開しているNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」は、2021年3月開始で、すでに、利用者数は約1.2万人超という状況。

ゲーム関連で、ゲームエイトと提携して、さらなる利用者拡大につとめるそうです

ゲームエイト 公式ホームページ
https://game8.jp/

コインチェック 公式ホームページ
https://coincheck.com/ja/

NFTのビジネスモデルは、ゲーム業界とは近い場所にあると思うので、面白い取り組みですよね。

詳細)
Impress Watch
コインチェック、NFT事業でゲームエイトと連携。ゲーム業界にNFT
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1320886.html

まとめ NFT化 希少性ビジネス との親和性が重要

いかがでしょうか?NFT エヌエフティ。

なんか、仮想通貨のイメージが強くて、うさんくさい!と思われる方もいると思いますが、それは、たしかにそうかもしれません。

ただ、NFT化は、1つの技術なので、そういうものだ!という理解は大切です。一方で、法的な規制などが今後も出てくると思われます。

そういった法律の整備により、この市場はどんどん大きくなると思います。

希少性を作るマーケットが、鍵の世の中ですから。

今のうちから、ビジネスモデルづくりをされている方は、NFTについての理解を高めておくといいと思いますよ!

 

【企業分析】ベンチャー企業 シード アーリー ミドル レイター 成長ステージとは