【安くて簡単】LINE公式アカウントへの友だち追加促進ターゲット広告 開始

LINEの公式アカウントを作って、運用されているweb担当者の方に朗報です。LINE側で、友達追加を促せるターゲット広告を簡単に出稿できるようになりました。

今まで、LINEの公式アカウントを持っていても、友達追加を促すのは、なかなか大変でした。それによって、LINEの公式アカウントをもっていても、意外と友達が増えず、メッセージのPR力が上昇しないという悩みを持っているweb担当者の方もいらっしゃいました。

しかし、LINEが公式に、LINEの公式アカウントを持っている企業の方向けに、LINE公式アカウントへの友だち追加促進できるターゲット広告の提供を始めたのです!

しかも、このLINE公式アカウントへの友だち追加を促すターゲティング広告は、広告出稿する手間が少なく、しかも、1万円から出稿できるのです!

さっそく、このLINE公式アカウントへの友だち追加促進するターゲティング広告について解説をしていきますね!!

LINE公式アカウント「友だち追加広告」とは

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、LINE株式会社(本社:東京都新宿区)が提供する法人向けLINEアカウント「LINE公式アカウント」のオプション機能です。

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は2019年11月27日にサービスインした広告サービスなんですよね。

LINE公式アカウント「友だち追加広告」の詳細
https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20191127/

ちなみに、実は、今までも、実施しようと思えば、友達追加広告に似たような、友達を増やせるようにする広告出稿はできました。

LINE Ads PlatformというLINEの広告プラットフォームのアカウントさえあれば、できたんです。

それが、LINE公式アカウント「友だち追加広告」なら、不要でできます。

LINE公式アカウント「友だち追加広告」のメリット

LINE公式アカウント「友だち追加広告」の特長であり、メリットは以下の2つです。

  1. 「LINE Ads Platform」のアカウント開設不要
  2. 1万円からの少額出稿が可能

という点です。

従来なら、「LINE Ads Platform」(ラインアドプラットフォーム)のアカウントを作らないと、できなかった、友達追加広告が、なんと、LINE公式アカウント「友だち追加広告」なら、必要なくなるんです。

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、LINE公式アカウントがフリープランでも、ライトプランでも、スタンダードプランでも、広告出稿可能です。

手軽に、出稿できるので、商店街の八百屋さんでも、広告費を払えば、さくっとオンライン広告を配信できるのです!

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、WEB版の管理画面から設定できます。

▼LINE公式アカウント 管理画面のマニュアルはこちら
https://www.linebiz.com/jp/manual/OfficialAccountManager/gain-friends/oacpf/

なお、以前に、LINE公式アカウントについての基本情報はまとめましたので、もし、LINE公式アカウントについて知りたい場合は、こちらをご覧ください。

▼LINE公式アカウントの基本まとめ

【店舗ビジネスの集客に】LINE公式アカウントの基本まとめ

LINE公式アカウント「友だち追加広告」の注意点

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、以下の場合はできません。

  • 未認証アカウント
  • LINE社認定セールスパートナーが開設したアカウント
  • LINE社認定セールスパートナーが管理しているアカウント

この3つのアカウントタイプでは、LINE公式アカウント「友だち追加広告」は実施できないそうです。

また、認証済アカウントでも、業種によっては、一部掲載できないケースも存在するそうなので、実際に、自分のアカウントで、LINE公式アカウント「友だち追加広告」の出稿ができるかは、確認が必要です!

LINE公式アカウント「友だち追加広告」の広告掲載面

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、基本的には、従来と同じで、以下の面に広告が掲載されます。

  1. タイムラインの合間
  2. LINE NEWS の合間

いわゆる、インフィード広告の形式です。

別に取り立てて、変な広告面になるわけではありません。

LINE公式アカウント「友だち追加広告」のターゲットセグメントについて

LINE公式アカウント「友だち追加広告」は、広告の配信先ユーザーをセグメントできます。いわゆる、ターゲティング広告になります。

そのセグメントは

  1. 性別
  2. 年齢
  3. エリア
  4. 興味・関心

という絞り込みになります。

広告の配信先を絞り込むことで、広告効果を高めることが可能なんですよね。

ちなみに、ターゲティングした配信先や予算から、友達の獲得数をシミュレーションすることも可能です。

10万円で1人しかできなかった、、、なんてことがないように、できるわけです。

安心して利用できますね!

LINE Ads Platformもオンラインでアカウント開設可能に!

ちなみに、この話で登場していたLINE Ads Platform(ラインアドプラットフォーム)も、2019年11月19日から、オンラインでアカウント開設できるようになりました。

Google広告や、Yahoo!プロモーション広告、Facebook広告のように、さくっと広告出稿できるんです。

広告代理店をよんで、打ち合わせをしたりする必要はなく、自分たちで、広告配信が可能になっているんです!!

LINEアプリに広告掲載できる唯一の広告配信ツールとなっているLINE Ads Platform(ラインアドプラットフォーム)。クレジットカード決済もできるので、さくっと広告出稿できます。

▼LINE Ads Platform(ラインアドプラットフォーム)公式サイト
https://www.linebiz.com/lp/self-serve/

もちろん、操作がわからない、本当は、こういう運用がいいのでは、というお話であれば、web広告代理店に運用、出稿してもらうのもアリだとは思います。

前述のとおり、LINE公式アカウントの友だちを増やす広告もLINE Ads Platform(ラインアドプラットフォーム)から、配信可能です。

ちなみに、LINE公式アカウントの友だちを増やす方法は、以下に、LINEさんがまとめてくれていますので、これも参考になりますよ。

友だちを増やす具体的な方法には、次の5つがあります。

1. 店頭POPや掲示物による告知とスタッフからの声がけ

2. Webサイト・メルマガで登録を促す

3. 友だち登録キャンペーンを実施

4. 友だち登録後に充実したインセンティブを付与する

5. LINE Ads Platformを活用する

引用 LINE for Business
LINE公式アカウントの友だちを増やすには?5つの方法と事例解説
https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20190426-1/

こういうオンライン広告は、結構わずらわしいという方もいらっしゃいますが、LINEは、今では、生活に溶け込んでいます。

ヘタにポスティングするくらいなら、こっちのほうが、お得な気がします。

出典:PRTIMES
LINE公式アカウントのオプション機能として、新たに「友だち追加広告」の提供を開始
LINE Ads Platformのアカウント開設不要で、1万円からの少額出稿が可能にLINE公式アカウントへの友だち追加を促すターゲティング広告を配信
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001914.000001594.html

LINEでもできる!ソーシャルログインの実装で会員登録を簡単に

LINEでもできる!ソーシャルログインの実装で会員登録を簡単に