LINEでもできる!ソーシャルログインの実装で会員登録を簡単に

ソーシャルログインは、ユーザーメリット大きいですよね。すぐにログインができるのでサービスの利用が簡単です。

また、サービスプロバイダー側にとってもメリットがあります。

LINEのソーシャルログイン機能を活用すると、ユーザーの許諾前提ですが、メルアドの取得なども可能なんです。

ユーザーにわざわざ登録してもらうのがたいへんなメールアドレス。これをLINEのソーシャルログイン「LINEログイン」を活用することで、登録のハードルをグッと下げることができるのです!

LINEのソーシャルログイン「LINEログイン」とは

ユーザーは、この機能を活用すると、たとえば、webサービスにLINE経由で、ログインができるようになります。

そして、会員登録も楽になります。

会員登録フローが簡単になるのは、新しいID、パスワードの登録が不要になるからです。また、先に書いたように、メールアドレスの登録も簡単です。

LINEのソーシャルログイン「LINEログイン」のメリット

最大のメリットは、LINEのIDと自社会員IDとの連携ですね。

LINEでログインしたユーザーのID取得することもでき、これによって、LINEのメッセージAPIを活用すれば、セグメントしたメルマガの配信を、LINEでできるようになります。

開封率の高さは想像つきますよね!

これは最大のメリットです。

また、LINEPAYなどと連携もしやすくなりますし、ユーザーも使いやすくなります。

ちなみに、ECサイトにはこのようなメリットもあります。自動ログインです。

オートログインで、継続的なサイト利用を促進

引用:feedMaticBlog
https://blog.feedmatic.net/2018-02-02-101845/

LINEのソーシャルログインを実装する方法

LINEのソーシャルログインを実装する方法は、やはり、公式サイトがいいですね。

以下のページを参考にしてください。

参考)LINE Developers
ウェブアプリにLINEログインを組み込む
https://developers.line.biz/ja/docs/line-login/web/integrate-line-login/

参考)もさろぐ
https://mossa.dev/post/php_line_login/

 

バックチェックってなに?

月額1万円以下でリファレンスチェック back check(バックチェック)