ブログ記事の販売、サブスク販売ができる課金システム codoc(コードク)

有料版のブログって、面白いものもあれば、どうだろう、というものもあります。玉石混合というイメージです。ただ、確実にいえることは、有料ブログ、というジャンルが、マネタイズの方法として増えてきた、日常化してきた!ということです。

そのパイオニア的な存在は、noteだと思うんですよね。

https://note.mu/

内容も面白いものから、有名人ものなど、いろいろと取り揃えられています。有料化が簡単にできるのもいいですよね。

ただ、今のブログでアクセスがでているから、そこでマネタイズ、課金をしたい場合は、どうすればいいのでしょうか?

そういうときこそ、今回、ご紹介する課金システム codoc(コードク)です。

普段使っているワードプレスなどのブログでも、記事の販売、あるいは、サブスクリプション販売が可能になります!

課金システム codoc(コードク)とは

codoc(コードク) 公式URL
https://codoc.jp

codoc(コードク)とは、codoc株式会社(本社:東京都品川区)が運営する課金システムです。codoc(コードク)は、WordPressや無料ブログサービスで運営するメディアに数分で課金システムを導入できるサービスです。codoc(コードク)は、2019年9月3日に公開されたサービスなんです。

簡単にcodoc(コードク)を解説すると、codoc(コードク)で記事を書いたり、codoc(コードク)専用プラグインを活用することで、ブログ記事を有料にできるサービスです。

codoc(コードク)の使い方

codoc(コードク)の使い方は、とっても簡単です!ブログ的に作れます。

  1. まずは codoc上で記事を作成
  2. 記事作成時の注意点として、課金前でも閲覧可能な無料部分と、課金後に閲覧可能になる有料分とで分けて作成します。
  3. このとき、サブスク方式か、記事単体での販売か、販売価格の設定をします
  4. 自分のブログでcodocのタグをペースト
  5. 各種無料ブログサービスならタグをコピペ
  6. WordPressならcodocのプラグインを利用

これで記事の有料販売ができます!

codoc(コードク)の操作方法をまとめた動画も上がっているので、解説として掲載をしておきますね!

ちなみに、codoc(コードク)の決済方法はクレジットカードです!

codoc(コードク)の主要機能

codoc(コードク)の主な機能は以下になります。

  • 配信をおこなう記事作成機能
  • サブスクリプションの管理
  • 記事の販売機能
  • codoc内の記事を貼り付けできる機能
  • ログイン認証管理
  • カード決済機能
  • カード決済状況の確認機能
  • CSV出力ができる売上管理
  • 一括メッセージ配信
  • 売上代金支払いのための銀行口座登録と入金依頼
  • コンテンツ管理用のWordPressプラグイン

ワードプレスのプラグインがあるのは便利ですよね!

codoc(コードク)の対応ブログ

codoc(コードク)が使える無料ブログは以下のブログサービスです。

  • Seesaaブログ
  • Hatenaブログ
  • Livedoorブログ
  • FC2ブログ

これに、ワードプレスで作成したブログになります!

codoc(コードク)の料金

codoc(コードク)の料金は、とってもお得です。売れたら手数料が発生するタイプのシステムですね!

  • まず、登録は無料
  • 月額利用料金も0円
  • 販売手数料は、売れた分の10% *1,000円なら、100円が手数料

codoc(コードク)からの振り込み手数料は、300円かかるそうですので、貯めてから、振込みをしてもらうのがいいですね!!

codoc(コードク)以外のブログ課金システム

Paypal+ワードプレスのプラグイン WP PAY FOR POST

こちらの機能でも、課金システムを構築できます。

サブスク決済も可能です。

https://money-book.net/how-to-make-subscription-system-in-your-wordpress-blog/

FANCLOVE

誰でも簡単に月額会員制のファンクラブを開設・運営ができるwebサービス。

会費制で、サブスクモデルです。

初期費用、月額費用などは、不要なので使いやすいです。

当然FANCLOVEには、ブログのような記事作成機能があります!

https://fanclove.jp/

note

冒頭でも紹介したnote。

クリエイター向け!ということを押し出した有料課金のできるブログサービスです。

基本的には、伝える、伝わる、のサービスです。

切り口は、ヒトなのがいいですよね!!

https://note.mu/

 

出典:PRTIMES
ブログで記事・サブスクリプション販売ができるcodocを開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000048306.html

コンテンツマーケティングのコンテンツって?

web担当者必見!コンテンツマーケティングのコンテンツ種類を16個にまとめてみた