スワイプで学生に企業認知!コミュニティサービス Smartthon(スマートソン)

最近学生によるベンチャーは少なくなってきたな、という印象を受けますが、けしてそんなことはありません。IT分野での起業が実は多すぎて、かすんでいるというイメージです。ゲームアプリ、キュレーションメディア、動画メディアに、Youtuber、Vtuber。インフルエンサーに、ミスコンテストと、実は、学生が作り出している、起業しているビジネスはとても多いのです。

企業と学生のマッチングという発想が陳腐といわれれば、そうかもしれませんが、そういったビジネスモデルが、学生の場合、非常に多いのも事実です。

そこで今回ご紹介するSmartthon(スマートソン)。Smartthon(スマートソン)は、スワイプというスマホ文化を活用した、企業情報の告知サービスです。

面白いのは、学生側の利用者を絞っていることですね。MARCH、関関同立と同等またはそれより上位の大学に所属している人、など審査基準を満たしていないと、学生が、Smartthon(スマートソン)自体に、登録や利用をすることができないようになっていることです。

Smartthon(スマートソン)とは

Smartthon(スマートソン)は、スワイプを通じて、学生に大学生活に関連する情報の配信や、ハイエンド学生と企業との距離を縮めるコミュニティサービスです。

Smartthon(スマートソン) 公式サイト
https://smartthon.com/enterprise/

Smartthon(スマートソン)は東工大発ベンチャー。Smartthon(スマートソン)は、認定第96号の株式会社prdが運営しています。

東工大発ベンチャー称号付与企業一覧(99社)
http://www.sangaku.titech.ac.jp/achieve/venture_list.pdf

Smartthon(スマートソン)は、企業PRや新卒・インターン採用情報などを指定する学生セグメントに配信するサービスで、基本的には、認知をさせていくツールです。

Smartthon(スマートソン) 学生側の審査基準

Smartthon(スマートソン)に登録できるのは、以下の審査基準を満たしたハイエンドな学生のみと、ホームページではうたっています。

以下は、Smartthon(スマートソン)に登録できる学生の基準です

  • MARCH、関関同立と同等またはそれより上位の大学の所属
  • GPA(Grade Point Average) 3.5以上、TOEIC800点以上など優秀な成績
  • 優れた経験やスキル、功績(学術との関連は不問)

いずれかの基準を満たしているとSmartthon(スマートソン)に登録できるそうです。

ちなみにGPAは、アメリカの大学や高校などで使われている成績指標です。留学などで学力を測る指標なので、日本では、あまり馴染みがないかもですね。

GPA制度とは、授業科目ごとに5段階程度で評価された成績に対して段階ごとに「Grade Point(GP)」と呼ばれるポイントを付与し、単位当たりの平均「Grade Point Average(GPA)」を算出して、その一定水準を卒業などの要件とする制度です。主に欧米の大学で広く採用されている成績評価制度で、日本でも2000年代から導入する大学が増えていきました。

引用:就職ジャーナル
https://journal.rikunabi.com/p/advice/29280.html

Smartthon(スマートソン)の企業側の使い方

Smartthon(スマートソン)は、企業側のホームページから登録をすると、すぐに情報登録ができるようになります。

企業側のSmartthon(スマートソン) 公式サイト
https://smartthon.com/enterprise/

2019年9月2日時点で、Smartthon(スマートソン)は、企業向けに無料トライアルプラン公開しております。

登録から学生へのスワイプカード配信まで約5分でできるとのことなので、試してみましたが、たしかに簡単に登録ができました。

無料トライアルプランでは、

  • 1ヶ月あたり100SW(スワイプ)の配信
  • 配信結果&配信統計の閲覧
  • 配信時のアンケート統計の閲覧

上記が御試しでできる状態です。

Smartthon(スマートソン)の参画企業

Smartthon(スマートソン)に2019年9月2日時点で、参画している企業は以下です。

ロゴが掲載されています。

  • BOSCH
  • パ-ソルキャリア
  • オンリーストーリー
  • ZUU
  • クルイト
  • 牛込橋法律事務所
  • Sigoo
  • Tapp

などです。

学生向けにSmartthon(スマートソン)のサービス説明

Smartthon(スマートソン)が、学生向き合いで、どのようにサービスを紹介しているのでしょうか?

Youtubeで、動画にて解説されています!

Smartthon(スマートソン) スワイプで企業研究

Smartthon(スマートソン)の学生向けページは以下です。

https://smartthon.com/

企業から配信されたカードを10枚スワイプすると、
Smartthonギフト(MacBook・PS4・Nintendo Switch・Amazonギフト券など)の中から
必ず何かが当たる!というような表現で、
学生のスワイプ、サービス利用を促進しています!

要はプレゼントキャンペーンで、学生を呼び込んでいっているかんじですね!

もちろん、機能として、プロフィールやスワイプ結果から企業情報をレコメンド、企業からスカウトが届くなどの機能紹介も行っています。

ちなみに2019年8月からのサービスインで、1ヶ月間で1000名を超える学生が登録しているそうです。

Smartthon(スマートソン)の運営会社は

Smartthon(スマートソン)の運営は、株式会社prd

株式会社prd 公式サイト
https://prd-inc.jp/

家庭教師マッチングサービス「スマートレーダー」の運営もされているみたいです。
https://smartrador.com/

出典:PRTIMES
スワイプで企業認知できるコミュニティ「Smartthon(スマートソン )」、企業向け無料トライアルプラン公開
登録から学生へのスワイプカード配信まで約5分。学生認知の開始がすぐに可能となります。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000032697.html

2020年プログラミング教育必修化の認知度、習い事事情の調査

2020年プログラミング教育必修化の認知度、習い事事情の調査