【提案】有料 SSL おすすめ ブランド 3選 有料SSL と 無料証明書 違いは?

SSL 証明書 は、Let’s Encrypt、StartSSL、WoSingなどといった無料の証明書サービスが台頭してきたことにより、一気に、無料のイメージが強くなりました。

10年前は、SSL証明書がないと、大手企業は、お問い合わせフォームなどは展開できませんでした。しかも、SSLは、昔、そこそこ高額でした。暗号化の安心感を出すために、企業や大手団体の場合、SSL証明書はマストのものとされていましたね。

しかし、SEO対策の観点からも、httpが必須となったことで、企業ユースだけでなく、中小企業でも、SSLの利用が促進されましたね。ただ、無料のSSL証明書ばかりです。

しかし、それでも、有料のSSLが、今でも、推奨されているということですね。これは、大切なことで、セキュリティ観点、そして、設置の利便性によって、有料のSSLがもてはやされるからですね。

この記事では、有料 SSL について、証明書提供している、おすすめブランドについてご紹介していきます。

有料 SSL おすすめ ブランド 3選

個人的に、有料 SSL おすすめブランドは、3つのブランドです。

  1. デジサート
  2. GlobalSign(グローバルサイン)
  3. JPRS Secom SSL セコム SSL証明書

個別に解説していきます。

老舗ベリサインの血を引く デジサート

デジサート公式ホームーページ
https://www.digicert.com/jp/

ウィルス対策ソフト「ノートン」で有名なシマンテックの100%子会社 デジサート・ジャパン合同会社が提供しているSSL証明書。

もともとは、ベリサインです。

2010年に、シマンテックに売却されたため、名前が変わっています。

有料SSLの契約、1年で、5~10万円くらいするサービスです。

なんといっても、ブランド名の高さですね。

世界ブランドであるデジサートが一番知名度が高いです。

その分、値段も一番高いですが、予算があるなら
デジサートのEV証明書がおすすめです。

デジサートでDV証明書にするくらいなら、ほかブランドで、EV証明書の方が安心はあんしんですが。EV証明書は、EV(Extended Validation)のことで、取得している企業や団体が法的に、物理的に実在して、ドメインの所有者であることを認証してくれるものです。

ちなみに、デジサートの実績ですが、三菱UFJ銀行は、デジサートです。

三菱UFJ銀行 SSL

楽天銀行、セブン銀行、ソニー銀行、日本銀行もデジサートのSSLですね。

国産SSL GlobalSign(グローバルサイン)

グローバルサイン 公式 ホームーページ
https://jp.globalsign.com/

国産で世界展開をがっつりしている、攻めのSSL提供ブランド、グローバルサイン。

いまでは、GMOグローバルサインとなっていて、GMO傘下の会社になっています。
東証1部上場企業傘下なので、安心ブランドですね。

SSL 電子証明書といえば、お手軽価格のグローバルサインというイメージでしたが、無料のSSLの登場で、わきに追いやられましたね。

それでも利用者数、利用サイトは、国内で最多だそうです。

SSL 国内シェア No.1

SSL発行実績 770万枚

電子証明書 発行実績 2,500万枚

引用
GMOグローバルサイン 企業サイト
https://www.globalsign.co.jp/

2021年8月10日時点で、上記のように、グローバルサインの公式ホームーページで主張をしています。

クイックSSLなら、年額15,000円くらいから、利用できるので、料金は、お手軽ラインのままですね。

即日発行可能な証明書もあって、スピーディーです。

また、国産なのでサポート力も自信をもっているそうです。

  • 株式会社アイ・オー・データ機器
  • 株式会社イノベーション
  • 株式会社エス・エム・エス
  • 関西大学
  • 株式会社コーセー

といった、さまざまな企業での導入実績もありますね。グローバルサイン

セコム ブランド SSL証明書 JPRS Secom SSL

セコム SSL証明書 公式 ホームーページ
https://www.secomtrust.net/service/pfw/index.html

ホームセキュリティなど、セキュリティ企業で、有名なセコム社のSSLサービス。

セコムの子会社 セコムトラストシステムズ株式会社が提供しているSSL証明書のブランドになっています。

セコムトラストシステムズ株式会社 企業サイト
https://www.secomtrust.net/index.html

国内のSSLサービスなので、サポート力に秀でています。

また、2004年に日本で初めて国際基準「Web Trust認定(国際的認証局監査ブログラム)」を取得しており、2021年8月10日現在も、国内唯一のパブリックルート認証局です。

高度なセキュリティ基盤で、安心、安全の電子証明書などを提供しています。

JPRS (Secom) FastSSL なら、年間で1万円以下で、取得可能です。

申請後、短時間で発行可能なので、SSL証明書を急ぎで設置することもできるので、ありがたいサービスです。

実際、私も今年、ほかブランドではできなかった、SSL設置を、このセコム社のサービスに助けられました。

そのときは、クロスドメイン、かつ、ドメイン管理会社によるDNS書き換えができないという状況で、非常にレアな状況でしたが、ワイルドカード証明書&セコム社のサポート力(パブリックルート認証局だからできる設定)によって、SSL証明書を発行してくださり、その結果、無事に、SSLの実装ができました。

ワイルドカード証明書が使えるのは、ほんとうに便利なサービスだと思います。

イオン銀行などがセコムのSSL使っていますね。

無料 SSL と 有料 SSL 違い

無料 SSL と 有料 SSL 違いは、個人的には、

  1. 料金
  2. サポート
  3. できること

の違いです。

無料のSSL、Let’s Encrypt、お金がかかりませんが、有料のSSLであれば、年間1万円でも、10年で10万円です。

でも、無料だと、怖いよね?という話を質問されることもあります。

Let’s Encryptの場合、無料でサービス提供されていますが、運用コストは企業からの寄付金です。なので、無料=不安と捉えなくてもいいと思います。

そもそも、暗号化強度は、基本同じです。

EV証明書のようなものは、企業などの存在証明なので、そこが、無料のSSLとの大きな違いにもなっていますね。

サポート力は、無料と有料とでは、全く違います。手動でSSL証明書を発行してくれる認証局でないと、SSL証明書ができないこともあるからです。

ここは1つのニーズだと思っています。

SSL 動画 解説

SSLについて、解説している動画も、Youtubeで、探しておきました!

学術的なお話しで恐縮ですが、ご覧くださいませ。

 

まとめ 有料 SSL ブランド 安心感 ネームバリューがポイント

いかがでしたでしょうか、有料SSL ブランド。

このほかにもたくさん、有料SSLブランドは存在します。

有料SSLを選ぶ基準は、ネームバリューとサポートだと思います。

もちろん、予算にも依存しますが、いまでは、どこのブランドのSSL証明書でも、ほとんどのブラウザが対応しています。

無料SSLでも、Let’s Encryptなどは、暗号化強度は高いですし。

知識を持って、SSL選びはしていくようにしていきましょう!

【必見】デジタル マーケティングブログ 人気 メディア 24選まとめ 知識 UI サンプル 豊富!