【人気】Sketch 海外 メジャー webデザイン UI 制作ツール クチコミ などの ご紹介

Sketchは、日本ではマイナーですが、海外のWebデザイナーさんが、よく使うデザインツールです。Web制作のUIデザインで、海外の会社がよく利用するツールです。

日本では、adobeのXDが人気ですが、数年後のことを考えると、webデザインで有名な人がでてきて、Sketch も トレンドになるときが来るのではないか?とされています。

この記事では、Sketchとは?Sketchのメリット、イメージ、デメリット、そして、Sketchの便利な機能、日本でのSketch クチコミなどをご紹介していきます。

デザインツール Sketch とは

デザインツール sketch 公式 ホームページ

Sketch 公式 ホームページ 英語版
https://www.sketch.com/

Sketchとは、Bohemian Codingというオランダの会社によって開発された、webデザインなどで使用するソフトです。

Sketchは、スケッチと読みます。

Sketchは、ピクセル単位で作れるため、webデザイン、UI制作に向くツールとされています。また、機能的には、Sketchは、web制作に特化させているため、シンプルに、webデザインなどを進められるように、余計な機能がないようになっています。その分、学習コストが低く、短時間で、かつ、直観的に、利用ができるデザインツールです。

コーディングへの配慮もされているアプリケーションなので、プログラマ、コーダーとの共有もしやすくなっています。

Sketchは2021年現在はMac版しか出ていませんので、そこが、まだ日本では普及しない原因の1つかもしれませんね。

Windows で Sketch を 使う方法

残念ながら、Sketchは、macのみのソフトなので、そのまま、sketchは使えません。

しかし、Sketchのファイルの編集は、windowsでもできます。

WindowsでSketchファイルが使える「Lunacy」というソフトを使えば、編集などが可能になります。

Lunacy 公式 ホームページ
https://icons8.jp/lunacy

lunacy 公式 ホームページ

こちらのソフト、Lunacyは、無料で、ダウンロードできます。

日本語サイトの表示にもなります。

インストールして使ってみてください。

windowsストアからDLできます。

基本的には、sketchと同じく、直観的に、UIを作れるソフトになっています!!

Sketch(スケッチ) メリット

Sketch(スケッチ)を、活用するメリットとは何でしょうか。

ただ海外で流行しているから、おすすめしているわけではありません。

Sketch(スケッチ) メリット を列挙してみると

  • ファイルが軽い
  • テンプレートが多い
  • スマホ PC タブレット など デバイス向けのテンプレートがある
  • 外部連携が豊富
  • ブラウザ上でCSSなどを確認できる
  • 高い解像度にも対応

Sketch(スケッチ)には、上記のようなメリットがあります。

スマホアプリのUI作成にも使えますし、LPなども、直接、作れますね。

ベクター描画だから、高解像度のディスプレイにも対応しています。また、ベクター描画なので、ファイル容量が軽く済みます。

当然、操作が軽快になります。

フォトショップのような、めちゃくちゃの重さになりません。

Sketch デメリット

デメリットは少ないツールなのですが、あえて、Sketchのデメリットをまとめていくと

Sketchのデメリットは、

  1. 有料ツール
  2. 英語
  3. Macでしか使えない

という3点です。

XDも有料ですから、無料じゃないのは置いておいても、英語のみはつらいかもですね。ただ、直観的には使えるのと、日本でも、説明のサイトは多いです。

なお 日本語のフォントも使えるので、ご安心ください。

Sketch 料金

Sketchの料金は、公式サイトに書いていますが、

個人利用の場合、年間で、99ドル~ になります。

要するに、12,000円の年間費用です。

レンタルサーバの料金も、そのくらいはすると思うので、

そんなに高い金額のツールではないと思います。

なお、Sketch 料金は、2021年10月10日現在の公式webサイト表記の料金です。

Sketch クチコミ 調査

Sketchについて、国内での、クチコミ情報をリサーチしてみました。いつものように、twitterで、検索をかけることで、いろいろな情報をGETできますので、Sketchについてのクチコミ情報をご紹介します。

海外の人気度がわかります!

ロゴ作成でも高評価!

基本、日本でも、評価の高いSketch。

さすがですね!

Sketch 解説 動画

Sketch について、解説している動画をピックアップしてみました!

sketchの使い方解説

スターターキットのご紹介

実際に作っているかんじですね。

動画だと、スケッチの利用イメージが沸きやすいと思います。

Youtubeでは、Sketch については、いろいろとレッスン系の動画が多いイメージです。

まとめ Sketch 直観的に使えるので、まず、作ってみる?

いかがですか、Sketch。

Sketch についての基礎知識はついたかと思います。

動画などを見ていただければ、Sketch についてのイメージも膨らむと思いますし、実際に動かしてみたい!!というモチベーションもでるかと思います。

Sketchは、webデザイナーだけでなく、プログラマー、エンジニアが、さくっとUIを作りたい!というときにも活用できるツールです。

Sketchは、PhotoshopやIllustratorの代替となってくるツールだと思いますので、はやめに取り組んでおいても、損はないと思いますよ!

【業務効率化】Google スプレッドシート プルダウン メニュー 設定方法