【無料】WEBサイト 簡単パーソナライズ Ptengine Experience で マーケ 強化

ECサイトの運営をされている方、webマーケティングに詳しい方なら、パーソナライズの効果のイメージはつくかもしれません。

ユーザー1人1人に、伝えたいことを伝えやすくなる、機能、パーソナライズ。

カートに商品が入っている人なら、セール期間残り少ないから、決済してね!というメッセージをwebサイトのTOPに出せれたらいいですよね。

今回ご紹介するPtengine Experienceは、まさに、そういったことのできるwebツールです。WEBサイト を 簡単にパーソナライズできる機能になっています!

しかも、太っ腹なことに、WEBサイト 簡単パーソナライズツール Ptengine Experience は、無料で提供されているのです!

ECサイトだけではなく、サービスサイト、商品紹介サイトでも使えますよね!

この記事は、そんな Ptengine Experience について、解説していきます。

パーソナライズツール Ptengine Experience とは

ptengine experience 公式ホームページ

Ptengine Experience 公式ホームページ
https://x.ptengine.jp/

パーソナライズツール Ptengine Experienceとは、株式会社Ptmind(本社:東京都渋谷区d)が2020年12月1日から提供開始した、webツールになっています。

パーソナライズツール Ptengine Experience とは、日本初のAI搭載パーソナライゼーションプラットフォームで、Webサイト上でユーザーひとりひとりに対して、異なったコンテンツを紹介してくれるツールです。

webサイトに来てくれたユーザーをセグメントして、適したコンテンツを提供してくれるツールなんですよね。

もともと、ヒートマップを活用したユーザー分析ツールだったPtengine。これに加えて、ユーザー情報をもとに、webサイトをパーソナライズしてくれるサービスとなったようですね。

しかも、Ptengine Experienceは、無料での利用も可能になっているんです。これがすごいですよね。

Ptengine Experienceは、設定も簡単なようです。数分程度で、Ptengine Experienceを開始ができると、Ptengine Experienceの公式ホームページでもうたっていました。

Ptengine Experience できること

Ptengine Experienceでは、上記のとおり、ユーザーをセグメントして、最適なコンテンツを配信できるようになります。

たとえば、こんなセグメントで、ユーザーをフィルタリングできるようです。

  • 過去14日以内に、5分以上、webサイトに滞在したユーザー
  • 過去60日以内に、1回以上、購入(申し込み)完了したユーザー
  • 新規アクセスユーザー

こういった区分けをして、

  • 新規アクセスユーザーには、10%OFFキャンペーンの掲載。
  • リピーターには、20%OFFクーポンの提示。
  • 既存購入者には、クチコミの投稿をお願いするコンテンツの提示。

といったことが、簡単に、Ptengine Experienceからできるようになります。

こういうのはいいですよね!

さらに!

適切なタイミングでこういったコンテンツを表示できます。

アクセスして5秒後に出てくるポップアップなど、最適な時間をカウントして、展開をしてくれたりするのです。

こういったアクション、コンテンツがあってこそ、コンバージョン率を高めていくことができるのですよね。

Ptengine Experience ABテスト 簡単!

Ptengine Experienceが導入されていると、もう1ついいのは、

パーソナライズされたコンテンツの編集が簡単!ということです。

つまり、ABテストも、管理画面から、コンテンツ作りができて、簡単に実施できる、ということになります。

これは、いまトレンドとなっている ノーコード と同じかんじですね。

極論、マウス操作だけで、コンテンツの調整ができるのです!

ノーコードで、ウェブサイトをデザインできるわけですから、とっても便利!

Ptengine Experienceの管理画面から、

  • テキスト
  • 画像
  • レイアウト

これらの変更・追加を行えるようになります。

マーケティング担当が、スピーディに、今すぐ!調整できるのです。

外部のweb制作会社や、広告代理店、専門のプログラマー、コーダーに依頼しなくていいわけです。

コスト削減につながる、そんなデジタルツールになっています!

もちろん、すでに公開しているウェブサイトに実施が可能です。

ABテスト用に、複数パターンをデザインしておいて、それぞれのコンテンツ、デザインで、ユーザーにPRすることができます。

ポップアップなどは、非常にABテストをしやすいので、いいマーケティングツールになりますよね!

Ptengine Experience 導入方法

Ptengine Experienceは、導入方法も簡単です。

公式サイトから、無料登録

その後、タグを設置

あとはデータがたまるのを待つだけです。

タグ設置は、Google Tag Managerからも実装可能です!

ちなみに、この辺のノウハウは、公式ブログでも紹介されています。

マーケティングノウハウBlog Easy Growth
https://www.ptengine.jp/blog/

出典:PRTIMES
Ptengineを大幅に進化、日本初パーソナライゼーション体験プラットフォームの提供開始
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000071180.html

考察 パーソナライズは、AI ノーコードツールと相性がいい

Ptengine Experienceを見ていても感じると思いますが、

webサイトをパーソナライズしても、

コンテンツは作る必要があります。

最適な情報、というコンテンツを作るなら、スピードが重要視されます。

そういう意味では、

Ptengine Experienceのような、ノーコードで、コンテンツをデザインできるツールは、とても相性がいい!と感じます。

また、パーソナライズした後で、誰に出すか?

ここは、AIの登場です。

結果的に、CVにつながった数の多いユーザーに、うまく表現したいわけですから。

AIであれば、そこを自動化できるのでいいですよね。

これからは、コンテンツの大量消費時代なので、Ptengine Experienceのような、AIがないとつらいな~と思います。

コンテンツとユーザーマッチは、常に試行錯誤になるはずだからです。

webは、デジタルの世界のもので、デザインよりも、ロジックが優先されます。

ノーコード、AI、コンテンツ。

これらをうまく活用できるかどうかが、ひとつのキーですね。

youtube動画は、SEO対策になるのか?