【SEO対策】Google検索結果 強調スニペットとは?掲載方法は??

seo

SEO対策をするうえで、いまや、かなり重要な要素となってきているのが、強調スニペット。Googleの検索結果で、強調スニペットとして、自社のホームページが掲載されれば、かなりのアクセス数が見込めるはず。

SEOラボは、強調スニペットで無事1位に返り咲き。

引用:note
【激戦区キーワード第1位!】強調スニペットとは何か?そしてSEOラボが見事『SEO』でどんでん返しで検索順位1位に返り咲いたその理由とは?
https://note.com/netomane/n/n04e18f48c106

このように、強調スニペットによって、激戦熱戦ともいえる SEO キーワードでも、検索順位で、1位になったようです。

そこで今回は、強調スニペットとは? その答えが何か?、そして、その重要性、そして、もちろん、Webサイトを 強調スニペットとして掲載する方法 について解説します。

強調スニペット(Featured Snippets)とは?

強調スニペット(Featured Snippets)とは、Google検索において、キーワードが質問であると認識された場合、その答えとなる情報を検索結果の上位に強調表示してくれる機能をさします。

たとえば、
Googleで、「強調スニペット」と検索をしてみてください。

検索結果で、このような表示がされるかもしれません。

これがまさに、強調スニペットです。

強調スニペット が 何かの質問をして、それに対する回答のwebページが表示されています。

通常、ここは、表示のされ方は、異なりますが、リスティング広告などが出てきます。

「マンション購入失敗しない」というキーワードでgoogleで検索した結果のイメージをつけておきますが、このようなかんじで、リスティング広告が出てきます。

実は、強調スニペット は、2019年ごろから、非常に有力なSEO対策とされています。2020年には、WebサイトのSEO、あるいは、コンテンツマーケティングをされている方なら、「強調スニペット」という言葉は、日常的に聞く言葉になっていると思います。

強調スニペットは、自分で申請、設定して掲載してもらえるものではない

強調スニペットとして、Googleに掲載してもらうことは簡単ではありません。

というのも、そもそもの話、2020年3月時点で、

ご自分のページを強調スニペットとして設定することはできません。Google では、ユーザーの質問に対する回答がページに含まれていることをシステムで判断し、その結果を強調スニペットとして表示します。

引用:search consoleヘルプ 検索結果での強調スニペット
https://support.google.com/webmasters/answer/6229325?hl=ja

と記載しています。

それゆえ、直接的に、強調スニペット に、自分のホームページを表示させることはできないのです。

強調スニペット は、すべての検索キーワードで表示されるものではありません。

強調スニペットの表示形式の種類は?

強調スニペットの表示形式には、いくつか種類があります。

  1. 画像と文章
  2. リスト(順番)
  3. 動画

このような、表示パターンが、強調スニペットにはあります。

そのため、裏を返せば、この要素がないと、強調スニペットには、掲載されないということになります。

ちなみに、この中で、コンテンツとして、圧倒的に作りやすいのは、動画ですね。

たとえば、

「カーブの投げ方」

とググッて見てください!

動画が並んでくるはずです。

質問に対しての回答として、非常にわかりやすいコンテンツとして、動画は使いやすいのです。

ちなみに、画像と文章のコンテンツがないわけではないです。

それでも、動画が勝ちます。

そして、当たり前ですが、動画は、Youtube(ユーチューブ)ですね。

【少年野球質問箱】カーブの投げ方を教えてください(後編)
https://baseballking.jp/ns/181964

のような大手のwebメディアが作っているQ&Aコンテンツよりも、動画コンテンツのほうが、強調スニペット として、上位掲載されていることを把握しておいてください。

似て非なるもの:ナレッジグラフとは?

ナレッジグラフとはなんでしょう。強調スニペット とは、掲載のされ方も違えば、実はロジックも違うのが、ナレッジグラフです。

ナレッジグラフは、絵で見たほうがわかりやすいので、以下を見てください。

仲間由紀恵 という女優さんの名前で検索してみました。

ナレッジグラフは、Googleの検索アルゴリズムの一つです。

人や企業名、商品名、作品、場所といった物事についての情報をサマリー表示してくれる機能で、キーワードに対して、Googleが適切だと判断した情報を表示するものです。

ナレッジグラフも、それゆえ、自分で掲載してください!とGoogleに申請したからできるものではありません。

ちなみに、Googleが、間違った情報をナレッジグラフに出していた場合は、Googleに報告することで、修正してもらうことは可能です!

住所とかが古い企業情報とかが、その典型例かもしれませんね。

強調スニペット が 表示されやすいキーワード とは?

強調スニペットが表示されやすいキーワードは、以下のパターンになります。

なぜなら、Googleが、検索キーワードを、質問 として、とらえやすいからです。

  • XXとは?
  • XXの手順
  • XXの方法
  • XXの値段

といったキーワードで検索すると、強調スニペットは表示されやすくなります。

そもそも、Googleは、検索サービスにおいて、すばやくユーザーが求める答えを提供する、というのを目的としています。

それゆえ、強調スニペット は、検索ユーザーに対して、わかりやすく回答を表示させている方法なんですよね。

強調スニペットに表示されると期待される効果

強調スニペットに表示されると、こんな効果が期待されます。

  1. アクセス数の増加
  2. 検索結果での順位の向上
  3. webページ、コンテンツの信頼性上昇

特に、アクセス数の増加は、想像してみてください。

もちろん、検索キーワードによって、表示回数はかわるのですが、それでも、大きなアクセス数につながりそうですよね。

SEOで、検索結果の1位になると、クリック率は、20%くらいはあるといわれます。

参考:SEOラボ 検索順位別クリック率(CTR)と年代別推移まとめ
https://seolaboratory.jp/29132/

表示回数が、仮に1万回の検索キーワードなら、2,000回のクリックがされるということです。これは、相当な自分のwebサイトのアクセスアップにつながりますよね。

強調スニペットに表示されるための方法とは?

強調スニペットに表示されたい!

そう思いますよね。

しかし、前述のとおり、Googleの公式発表では、その方法はありません。

ですが、あきらめられないですよね。

そこで、基本に立ち返って、Googleが求めるように、しっかりとコンテンツを作っていけば、きっと、強調スニペットに掲載されるはずです。

そこで、自分のWebサイトを強調スニペットに表示させる方法をまとめていきます。

  1. Googleサーチコンソールに登録する
  2. 画像+文章、表、動画、順位のコンテンツを作る
  3. Webサイトを構造化マークアップする
  4. webサイトをわかりやすい日本語で作る
  5. 簡潔でわかりやすく、正しい情報を記載する
  6. タイトルタグとh1タグに、キーワードを入れる
  7. 検索キーワードの回答になるwebサイトを作る

Webサイトを強調スニペットに表示させる方法の基本は、上記になります。

先に、少し触れましたが、Youtubeで、動画をあげていく、というのも1つの方法だと思います。

そして、意外と、ここはねらい目ですね。

ちなみに、強調スニペットとしてGoogleで掲載されても、変更されてしまうこともあります。Googleは検索アルゴリズムを都度アップデートさせていますからね。

ただ、逆を言えば、今は、掲載されていないコンテンツも、強調スニペット として、表示される可能性もあるのです。

前向きに、Googleが求めるような、ユーザーにとってメリットのあるコンテンツ作り、そして、Googleに伝わるwebサイト作りをしていきましょう!!

ただ、強調スニペットで、表示されるwebサイトは、検索結果で上位のwebサイトです。

10位以内には入れるような検索キーワードに対して、検討をしてみてください。

強調スニペットとして掲載されているwebサイト

考えてみたのですが、強調スニペットとして掲載されるには、そもそも、現状、強調スニペットで掲載されているwebサイトは、参考になるはずです。

そこで、強調スニペットとして掲載されているwebサイトをいくつかまとめます。
*2020年3月11日時点

Google

クリック率 で 検索したら、以下のページが、強調スニペットで掲載されました。
https://support.google.com/google-ads/answer/2615875?hl=ja

自社サービスですから、当然かもですね。

イタリア政府観光局(ENIT)公式サイト

イタリア 気候 で 検索したら、
以下のページが、強調スニペットで掲載されました。
http://visitaly.jp/climate

公式サイトとしての権威性が効果でていると思います。

カブコム証券

市場外取引 で 検索したら、
以下のページが、強調スニペットで掲載されました。
https://kabu.com/glossary/kabu3084.html

FAQのページが上位に出てくるのは、強調スニペットとしては、わかりやすい話ですね。

こうしてみていくと、権威性の高いwebサイトが多いイメージです。

ほかにもNHKのサイトなども出てきます。

まとめ:強調スニペット掲載を狙うなら、Youtube動画!?

強調スニペットに掲載されれば、検索からのアクセス数は増加するでしょう。

それゆえ、強調スニペットの表示を目指していくべきです。

しかし、ブラックな方法では、強調スニペットでは掲載されません。

また、強調スニペットに掲載してほしい!とGoogleに申請しても掲載されるものではありません。

そこで、webコンテンツを検索キーワードに対応した答えになるように作ること、webサイトのマークアップはGoogleに伝わるように、しっかりと作ることが重要です。

特に、後者の部分は、web制作会社などにしっかりとお願いしたほうがいいかもですね。

コンテンツは、情報を簡潔にわかりやすく、明確な日本語で記載することも重要です。

しかし、なかなか難しい!と感じるかもしれません。

そこで、強調スニペット掲載を狙うなら、Youtube動画というのも1つの方法です。このようなSEO対策は、まだまだ、下火です。

強調スニペット掲載を狙って、Youtube動画のコンテンツ化を継続していくのも1つのコンテンツマーケティングのトレンドになるかもしれませんね。

検索意図をくんだコンテンツ制作は、キーワードマップで作る!?

【SEO対策】検索意図を汲んだコンテンツ制作なら、キーワードマップ分析