無料 みんな で 共同編集 可能 オンラインホワイトボード #Miro ミロ

テレワーク の 弊害 の1つで ホワイトボード が使えなくなりましたよね(笑)物理的に近くにいないので テレワーク では ホワイトボード の利用の仕様がないわけで。

でも ホワイトボード があったほうが 会議 が進む!ということも多いです。

ホワイトボード は 情報 の 整理 に役立ちますからね!

そこで、今回は オンライン で 複数人 共同編集 可能 な ホワイトボード の サービス Miro ミロ をご紹介します。私が 仕事 をしながら使っていて、便利だと感じているサービスなので、おすすめです。Miro ミロ は 無料 で使えるので、トライアル導入してみるのは、いかがでしょうか?

Miroとは ミロの魅力をピックアップ

ミロ公式サイト

Miro ミロ 公式ホームページ
https://miro.com/

Miroは、オンライン上で共同編集ができるホワイトボードのサービスです。

  • 図形を手書きで書く
  • フローをまとめる
  • ふせんでアイデアのグルーピング
  • 選択肢への投票
  • ○×表の作成

もちろん、簡単なメモ書きにも使える、オンラインのホワイトボードサービスです。

Zoomなどのオンラインweb会議システムと、相性がいいですね。

誰でも、直感的にオンライン上で操作できます!!

ネットフリックスや、ツイッターなどで、導入されており、ネット業界でも話題のサービスになっています。

Miro ミロ 利用シーン

上記でも、記載しましたが、Miro ミロ は、本当に、ホワイトボードと同じ感覚で利用できるので、会議では、非常に便利です。

具体的に、利用シーンを、列挙しますと

  • 情報共有会議
  • アイデアだし
  • アイデアのまとめ
  • オリエンテーション
  • オンラインワークショップ

このような感じで、社内、社外 相手を問わず、活用するシーンが想定されます。

学校で使ってもいいかもしれませんね。

塾とかでもいいですし。

アイパッドでも利用できるので、講義を配信する際にも便利です!

具体的に Miro ミロ できること

Miro ミロ は、付箋などを、オンライン上でつくれます。ホワイトボードですからね。それゆえ、結果的に、こんなことができます。

  • マインドマップ作成
  • ふせんを貼っての情報整理
  • フローの作成
  • ○×表の作成
  • 投票
  • データまとめ
  • 図の描画
  • イメージ図の作成
  • 手書きで、形を表現

ざっと、上記のようなことができます。

Miro ミロ 料金

これだけ、便利な、Miro ミロ なので、料金が気になりますよね!

ということで、解説しますと・・・

Miro ミロ 料金 ページ
https://miro.com/pricing/

まず、無料のフリープラン。

  1. ベーシックな機能として、共同編集が可能
  2. 既存テンプレート利用可能
  3. 3つまでホワイトボードを編集可能
  4. SLACK、Googleドライブとの連携が可能

容量は300MBまでみたいです。

十分すぎますね。

有料プランは、月額8ドル~です。

容量が増えたり、ビデオチャットが使えたりします。

ホワイトボードのエクスポート機能もつきます。

無料プランでの場合、スクリーンキャプチャとれば、バックアップできるので、まずは、無料プランを試すので、ありだと思います。

*料金は、2020年10月13日現在

Miro ミロ 連携可能な外部アプリ

ミロがいいところが、外部ツールとの連携ができるところでもあります。

  • Slack
  • Microsoft Teams
  • Trello
  • Zapier
  • Google Drive
  • Microsoft One Drive
  • Dropbox
  • Adobe Creative Cloud
  • Sketch

といった、名だたる連携用ツールと、連携できます!

ホワイトボードにコメントが入るたびにSLACKに通知が届くようにもできます。

Trelloと連携して、ホワイトボード編集をトレロからできます。

むちゃくちゃ便利ですね。

Miro を Twiiter で クチコミ リサーチ

実際、ミロを使っているであろう、ユーザーの声をリサーチ。

ツイッターで、どんな投稿がされているのでしょうか?

結論を、先に書いておくと、いいクチコミが多いです!


評価されまくってますね、Miro

まとめ ミロ 歴史に残るオンラインサービス?ホワイトボード の オンライン化

いかがでしたでしょうか?

テレワークで、会社にポツンとおかれたホワイトボード。

活用しやすいのは、オンラインで使えるMiro。

料金も、0円から使えるので、導入も便利。

そもそも、導入も、メールアドレスだけでできます。

そして、

  • 手書きが使える
  • 複数人で共同編集が可能
  • テンプレートが豊富
  • 外部アプリと連携可能

ビジネスを促進してくれるツールになりますよね。

ワークショップも、オンラインでやるときには、使い勝手がいいですよ。

説明を書きながら、簡単にできます。

有料プランも、月額8ドル~は、絶対にお得です!!

本記事を参考にして、ミロ、ぜひ導入を検討してみてください。

越境EC向け!海外クレジットカードでの決済が可能な決済代行会社 5選