副業&起業の味方。Webサイトの売買プラットフォームUREBA(ウレバ)

先日、23時から、放送しているテレビ東京『WBS ワールドビジネスサテライト』で、サラリーマンが、起業や副業のために、事業買収、M&Aをしている、というのが報道されていました。

このニュースは面白かったですね。投資マンションを買うとか、土地を買うとかではなく、会社や事業を買うというものでした。実際に、買っているサラリーマンの生活なども報道していて、生々しかったですね。

ということで、副業や起業は、いまや、サラリーマンにとっても、1つのトレンドになってきています。確かに、家でできる仕事がいい!ということで、フリーランスになる方もいらっしゃいますし。在宅ワークも1つのトレンドなんですよね。

という中で、2019年、webサイトの売買の新しいサービスが登場しました。UREBA(ウレバ)というwebサービスです。

Webサイトの売買プラットフォーム UREBA(ウレバ)とは

[browser-shot url=”https://ureba.jp/” width=”600″ height=”450″ href=”https://ureba.jp/”]

株式会社HIT(本社:東京都千代田区)が2019年5月23日にリリースしたサービスです。Webサイトの売買プラットフォームです。

UREBA(ウレバ)公式サイト
https://ureba.jp/

簡単に言うと、webサイトを売りたい人、買いたい人をマッチングさせるサービスです。

利用は、法人・個人を問わず、利用できます。

売り手、つまり、webサイトのオーナーは運営するWebサイトをUREBA(ウレバ)に登録できます。

サイト買収したい方は、案件一覧から気になるサイトを選び、売主と交渉して、webサイトを買うことができる、という仕組みです。

ちなみに、ほかのwebサイト売買、webサイトM&Aサービスと同じように、直接交渉か仲介交渉かも選択することができます。

直接交渉は、売主自身が案件を登録し、買主と直接やりとりする案件です。

仲介交渉とは、UREBAの運営事務局が売却戦略を考え、資料作りや交渉のサポートをする案件です。

Webサイトの売買プラットフォーム UREBA(ウレバ)に掲載されているwebサイトは、ECサイト、アフィリエイトサイト、ブログ、webサイトのシステムなどです。実際、いくつかは、面白そうなwebシステム、仕組みも販売されていました。

ただ、実際、どのサイトが販売されているのかどうかは、売主に問い合わせをしないとわからない方式になっています。

UREBA(ウレバ)の特長、利用メリットは?

UREBA(ウレバ)の特長は、料金の部分だと思います。

売り手側にすごくやさしい料金設定になっていて、UREBA(ウレバ)にだけ登録するなら、販売手数料は、0円、無料なんです。

それゆえ、結果的に、UREBA(ウレバ)の独占案件が増えるから、買い手側にも、UREBA(ウレバ)を見るメリットが出てくる、という特長があります。

1.UREBA(ウレバ)にのみ掲載なら、売主の手数料が完全無料

2.独占案件が多い⇒上の手数料の動きによる影響

通常のwebサイト売買サービスの手数料形態

今までのwebサイト売買サービスは、売主、そして、買主の双方から3~10%の手数料を取るビジネスモデルでした。

つまり、500万円のwebサイトの売買が決まると、運営側は、最大で、20%。つまり、100万円の収益が出ていたんです。

買い手側からすると、500万+50万円払うわけですから、高い気がしますよね。売り手側からしても、450万円しか入ってこなかったんです。

それが、UREBA(ウレバ)で独占案件で、販売した場合、少なくとも、売り手側は、500万円の収入になるわけです。

UREBA(ウレバ)の運営会社は?

UREBA(ウレバ)の運営会社は、株式会社HITという会社です。

株式会社HITのコーポレートサイト
https://hitinc.co.jp/

実は、この株式会社HIT。この会社自体が、創業以来、Webサイトの立ち上げ~収益化~売買を専門に行ってきた会社なんです。

それゆえ、そこで蓄積したノウハウをもとに、UREBA(ウレバ)を運営していくみたいです。どのように、そのノウハウを活用するか?

なんと、UREBA(ウレバ)でサイトを買った買主向けに、買収したサイトの運営代行サービスも請け負うんだそうです。

起業ではなく、副業で、webサイトの運営をしていきたい!という方にはぴったりですね。このビジネススキーム。

UREBA(ウレバ)の利用方法、手順

webサイトを売りたい人の使い方

あとは、買い手からのオファーがくることを待ちましょう。

webサイトを買いたい人の使い方

  • 案件一覧ページ
    https://ureba.jp/projects/
  • 興味のあるwebサイトを見つけたら、交渉の申し込み
  • 売主とのやり取り&交渉、デューデリジェンス
  • 契約書作成
  • 買い手はUREBA(ウレバ)にお金を支払う
  • webサイトを取得

ちなみに、直接交渉だと、販売額の5%の手数料、仲介プランだと、10%を、UREBA(ウレバ)に支払うことになります。

最低手数料は売主様、買主様ともに1万円というのが安いですね!

UREBA(ウレバ)のキャンペーン:売り手側にお祝い金5%!

UREBA(ウレバ)で、キャンペーンをやっています!!

webサイトの売り手側向けのキャンペーンで、お祝い金として、販売金額の5%だそうです。これは大きいですね。手数料無料で、さらに、5%もらえるわけです。

◆キャンペーンの条件
2019年6月末までにサイトを登録し、2019年12月末までに成約した場合

◆お祝い金システム

  • 非独占案件でも手数料無料
  • 独占案件であれば成約額×5%のお祝い金がもらえる

webサイトの売買って、実際どうなの?

以下は、株式会社ゼスタス社が提供する、だれにでもわかるサイト売買紹介の動画です。webサイトの売り手側向けのメッセージになっていますが、これは、売り手視点だと、わかりやすいですね。

webサイトが事業として儲からないときのデメリットを紹介しています。

  • そもそも、価値がない
  • 運用だけでなく、維持するだけで維持費がかかる
  • 価値を出すためにリニューアルするにもお金がかかる

だから、売りましょう!という話を紹介しているわけです。

サイト売買サービスの競合、ライバルは?

以下、UREBA(ウレバ)の競合サイトとなる、webサイトの売買サイト、MAサービスをご紹介していきます。

サイトトレード

[browser-shot url=”https://site-trade.jp/” width=”600″ height=”450″ href=”https://site-trade.jp/”]

過去11年の事業運営。実績も豊富なようです。売買仲介支援サービスありです。

料金は、完全成功報酬
5,000万円以下の場合 成立金額の10%
最低成功報酬は、
サイト売買の場合300,000円~(税別)
株式譲渡の場合1,000,000円~(税別)

*サイトの売却(売り手)・サイトの購入(買い手)、双方から手数料

https://site-trade.jp/

サイト売買Z

[browser-shot url=”https://www.site-z.com/” width=”600″ height=”450″]

福岡の会社のようです。株式会社サイトM&Aパートナーズが運営されています。

料金は、
契約が成立した場合のみ料金が発生する成果報酬モデル

買主は3~10%
売主は3~25%
*成約額が25万円未満の場合は成約額の20%
最低ご紹介手数料は1万円~

なお、この会社自体も、株式譲渡などで、事業売却、サイト売却をされているようですね!!ブログを見ると、記載がありました。

https://www.site-z.com/

サイトキャッチャー

[browser-shot url=”http://sitecatcher.net/” width=”600″ height=”450″]

2005年6月にサイトキャッチャーは開設。1番の老舗のサイト売買サイト。

買い手側には、直接交渉と仲介とプランを用意しています。

気になる料金ですが、
直接交渉プランなら、
買主も売主もそれぞれ3%
*最低で、5万円。

サイト売買仲介プランだと、
売買金額の5~10%というようです。
*売買金額にかかわらず、成功報酬の最低額は20万円(税別)

http://sitecatcher.net/

サイトストック

サイトストックは2007年からの実績で古株のサイト。

「総務の森」が実績のあるM&A案件で、
TVのニュース番組 WBC(ワールドビジネスサテライト)に取り上げられたそうです。

買い手側には、直接交渉と仲介とプランを用意しています。

手数料は売り手様、買い手様双方から発生します。

気になる料金ですが、
直接交渉プランなら、
買主も売主もそれぞれ3%
*最低で、5万円。

サイト売買仲介プランだと、
仲介基本料で100,000円と
売買金額の10%という料金形態です。

サイトストック

https://sitestock.jp/



簡単!PC(パソコン)でインスタに投稿する方法。ハッシュタグも書ける