【無料ツール】ファイルをQRコードで共有できるサービス Quick Data Share

便利なサービス、見つけました!!

ファイルをQRコードで共有できるwebサービスです。

イベントや、セミナー、講演会。舞台とかライブで使うチラシ。来てくれた人にチラシや資料を配布するときに、データ共有につかえるサービスなんですよね。

しかも無料です!!

その名も、Quick Data Share。速そうな名前ですよね!

Quick Data Shareとは

Quick Data Share公式サイト
https://qds.tokyo/ja

QRコードを使って、写真、動画、さらにはPDFなどのファイルも転送可能。

共有したいファイルをアップロードすれば、QRコードが表示されます。

あとは、このQRコードを共有するだけ。

それだけで、ファイルの共有ができるんです。

ダウンロードしたいユーザーは、自分のスマホ、タブレットなどの端末でQRコードを読み取ればOK!!

何がいいって、ダウンロード端末にアプリをインストールする必要がないこと。

会社のタブレットに資料を送りたいときなどにも便利ですよね。

メアドや、LINE、SMS(電話番号)を知らない人とも、さくっとファイル共有できてしまうというwebツールです。

データの保存期間は標準で10分間で、ダウンロード回数は1回だけ、ということなので、さくっと使うだけなら、それでいいのですが、イベントや、セミナー、講演会などでの資料共有に使うなら、DL無制限などの設定も可能です。

データ保存期間も調整可能!!

使い勝手のいいwebサービスなのに、無料で使えるツールなのがうれしいですね。

ということで、ほかにもないかを探してみたら・・・

動画をQRコードやURLに保存できる無料サービス:ミービー

動画をQRコードにする無料ツールなら、meive(ミービー)というwebサービスもあります。

meive(ミービー)公式サイト
https://mevie.it/

会員登録しても使えて、会員登録すると動画をずっと保存してくれるみたいです。
無料で自由に使っていいサービスみたいですね!!

シール、名刺、カードとかで、使うのにもいいみたいですね。
商用利用OKと書いているので、そういう点でも、うれしいですね。

ただ、動画だけなのが、残念ですね。

無料:DropboxやGoogleドライブ+QRコード

DropboxやGoogleドライブで、PDFやパワポをQRコードで共有する方法というのもあるようです。たしかに、これは無料でできますね!

「共有」機能を活用する術みたいです。

PDFやパワポをQRコードで共有する方法

オープンソースのWebデータベースExment(エクスメント)

ノンプログラミング オープンソースWebデータベースExment(エクスメント)